ここから本文です
Yahoo!ファイナンス

テラドック・ヘルス【TDOC】の掲示板 2021/12/16〜

  • 657
  • 30
  • 2024/04/17 22:11
  • rss

12.98

-0.2(-1.52%)
  • 前日終値
    13.18(04/18)
  • 始値
    13.04(22:30)
  • 高値
    13.13(22:49)
  • 安値
    12.86(04:50)

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 657(最新)

    鷹派 4月17日 22:11

    定期的に薬もらうだけの老人がみんな遠隔診療になったらどんなに病院の待ち時間なくなることか
    政府主導ですすめろや

  • テラドック株は買いか?
    4 月 13 日(土)02:51

    テラドック (NYSE:TDOC) をめぐる投資家心理はここしばらく悪くなっています。遠隔医療専門会社の株価は2021年の過去最高値から95%下落した。

    TDOCのビジネスは、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) パンデミックの初期に急成長し、患者に在宅仮想ケアを提供することで多大な利益を得ました。しかし、他の多くの「ステイホーム」株と同様に、TDOCも生活が通常に戻って以来、激しく苦戦している。同社は現在利益を上げておらず、バーチャルケアの需要が減退した為、投資家はほとんどが諦めている。

    過去3年間の悲惨な状況に終止符を打つため、TDOCの最高経営責任者(CEO)は4月初めに突然辞任し、投資家らの不意を突いたが、同社は経営陣交代の理由を明らかにしなかった。同社は後任のリーダーを探している間、最高経営責任者(CFO)のマラ・マーシー氏を最高経営責任者代理に任命した。 マーシー氏もCFOに留まる。

    TDOCの収益はウォール街の誇大宣伝に決して応えていない

    TDOCは仮想医療技術の大きな将来性と広範囲にわたる展開に成功しているが、プラスの純利益を得るのに苦労している。バーチャルケアに対する需要の鈍化と、リボンゴ・ヘルスの買収に一部起因する損失の継続で、2022年に130億ドルを超える非現金のれんの減損を計上した。

    2023年、TDOCは2億2000万ドル(1株当たり1.34ドル)を失った。 これは減損の影響を受けた2022年の業績に比べて大幅な改善となったが、依然として市場の株価は冷え込んだままだ。

    TDOCはフリー キャッシュ フローを生み出し、売上高は 1 倍未満です

    TDOCは損失を出しており、それに応じて収益期待も低下しているが、同社にとって悪いニュースばかりではない。以前は急騰していた多くのハイテク株とは異なり、TDOCはプラスのフリーキャッシュフローを生み出しています。 2023 年には、1 億 9,000 万ドルを超えるフリー キャッシュ フローを生み出しました。 現在の株価対フリーキャッシュフロー比率は 12 です。実際、同社は営業キャッシュの赤字ではなく、主に株式ベースの報酬 (非現金費用) による会計損失を報告しています。2023年、テラドックは2億100万ドルの非現金株式ベースの報酬費用を明らかにした。

    おそらくファンダメンタルズを重視する投資家にとってさらに魅力的なのは、TDOCが相対的価値の指標である株価売上高比(P/S)が1(0.92)未満で取引されている。

    文脈として、P/S 比率が約 12 で取引されている競合他社の Doximity を考えてみましょう。Doximity の株価対フリーキャッシュフロー比率は 29 倍と高騰しています。Doximity が利益を上げていることに注意すべきですが、株価は大幅に上昇しています。 それに比べて過小評価されている。

    過去 3 年間の状況は最悪だったが、TDOCは短期間に大量の悪いニュースを明らかにして「大風呂敷を広げる」という素晴らしい仕事をしてきた。 投資家は、純利益の急増や2021年の泡立ったバリュエーションへの回帰を合理的に期待することはできないが、TDOC株は1未満という非常に魅力的なP/Sレシオで取引されている。さらに、同社には利益を生み出す確かな実績がある。

    収益の伸びが依然として弱い中、経営陣も業績を改善するための措置を講じています。 同社のコスト削減効率化プログラムにより、今後 3 年間で粗利益が最大 1% ポイント増加すると予測されています。 幹部らはまた、利払い・税・減価償却前調整後利益(EBITDA)が2025年末までに1億ドル近く増加すると予想している。回復は遅いが、同社は少なくとも底を打ったようだ。

    株価が最高値から大幅に下落し、52週間の高値から52%以上下落しているため、テラドックは真剣に検討する価値がある。 直接の競合他社と比較してプラスのフリーキャッシュフローと実質的な価値という安全性を備えた再生ストーリーに投資したいと考えている辛抱強い投資家は、これ以上探す必要はありません。

  • 💁‍♂️

    オンライン マーケットプレイスの株式第 4 四半期のレビュー: テラドック (NYSE:TDOC) 対同業他社

    決算シーズンの終わりは、誰が輝いていたのかを確認するのに良い時期です。TDOCから始めて、第4四半期のオンライン マーケットプレイス株の動向を見ます。

    マーケットプレイスは何世紀も存在した。かつて小さな町の目抜き通りや郊外のショッピングモールで、販売者は利便性と品揃えを提供し顧客を引きつける事ができ、販売者同士が近い事で利益を得た。今日、無数のオンラインマーケットプレイスが同じ役割を果たし、大規模な顧客ベースを集約し、手数料を支払う販売者を惹きつけ、さらなる顧客獲得にフィードバックするフライホイールスケール効果を生み出した。

    私達が追跡したオンライン市場11銘柄は、第4四半期の業績が低迷と報告。平均で売上高はアナリストコンセンサス予想を1.1%上回った。 一方、次四半期の収益見通しはコンセンサスを3.7%下回った。インフレは鈍化したが、投資家は短期的なキャッシュフローを優先したが、オンライン市場株は他の銘柄より堅調で、株価は前回決算から平均15%上昇した。

    テラドック (NYSE:TDOC)
    TDOCは、地方の人々がオンライン医療相談を受けられるよう支援の為に設立され、遠隔地からの医師の診察を容易にする遠隔医療プラットフォームです。
    TDOCは、売上高が6億6,050万ドルで前年比3.6%増と報告したが、アナリストの予想を1.6%下回った。通年売上高見通しはアナリスト予想を下回り、同社にとって低調な四半期だった。
    TDOCのCEO、Jason Gorevic 氏は次の様に述べた。「世界中に約9,000万人の会員と数千の顧客を擁するTDOCは、全人バーチャルケアのリーダーであり続ける。」
    TDOCの株価は決算以来26.4%下落し、現在は15.09ドルで取引されている。

    第4四半期ベスト: メルカドリブレ (NASDAQ:MELI)は、ラテンアメリカでのワンストップの電子商取引市場およびフィンテックプラットフォームです。
    MELIの報告では、売上高は前年比41.9%増の42億6000万ドルで、アナリスト予想を2.8%上回った。 同社には印象的な四半期でした。MELIはユーザーの堅調な増加で、アナリストの収益、総支払額 (TPV)、流通総額 (GMV) の予測を上回った。
    MELIは同業他社の中で最速の収益成長を記録した。同社は、毎日のアクティブ ユーザー数が1億4,500万人で、前年比49.5%増加と報告。株価は決算以来18%下落し、現在は1,493.9ドル。

    第4四半期で最も弱い: シャッターストック (NYSE:SSTK)
    SSTKは当初、創設者Jon Oringerの写真を多数含むライブラリを備えていたが、現在は顧客が何億ものコンテンツをライセンスして使用できるデジタルプラットフォームです。
    SSTKの報告では、売上高は2億1,720万ドルで前年比0.2%減で、アナリスト予想を3%下回った。 通年収益見通しがアナリスト予想を下回り、ユーザーベースも減少した為、同社にとって低調な四半期だった。
    SSTKの業績はアナリスト予想に対し最も弱く、通期見通しの更新もグループ内で最も弱かった。同社報告で、ユーザー数は前年比10.8%減の52万3千人でした。株価は決算以降0.4%下落し、現在44.26ドルで取引されている。

    リーガルズーム (NASDAQ:LZ)
    ZLは、個人や中小企業にオンライン法律サービスを提供するオンラインプラットフォームです。同社共同創設者らは、ビジネスを始めるとき弁護士を見つけて書類を提出するのは難しく、費用がかかると感じた為、この問題点に対処する為に代わりにZLを立ち上げた。
    ZLの売上高は1億5,870万ドルで、前年比8.2%増加し、アナリスト予想を1.3%上回った。次四半期の売上高見通しが圧倒的に低く、通年の売上高見通しもアナリスト予想を下回り、同社にとって低調な四半期となった。
    同社は、ユーザー数が155万人で、前年比7.2%増加したと報告した。株価は決算発表以来33.1%上昇し、現在は13.07ドルで取引されている。

    Etsy (NASDAQ:ETSY)
    Etsyは、手作り品やビンテージ品に焦点を当てた世界最大のオンライン マーケットプレイスの1つです。
    Etsyは、売上高が8億4,230万ドルで、前年比4.3%増加し、アナリスト予想を1.8%上回ったと報告した。同社にとって、収益の伸びが鈍く、まちまちの四半期だった。一方、フリーキャッシュフローは堅調でした。
    同社は、アクティブバイヤー数が9,648万人で、前年比1.5%増加と報告した。

  • 御参考🙋‍♂️

    このボロボロ株は31%高騰する可能性がある、ウォール街が語る
    2024年3月11日月曜日、午後4時30分
    遠隔医療専門会社テラドック (NYSE:TDOC) の苦戦は続いている。 同社の株価は2021年から急落しており、過去3年間で90%下落しており、2024年はまたも残念な四半期決算で始まり、株価はさらに下落した。 TDOCに投資する理由はまだあるのでしょうか?

    ウォール街のアナリストたちはそう考えている。彼らの平均目標株価は20.16ドルで、金曜日の終値に比べて約31%の上昇幅となる。TDOCは立ち直って1年以内にこの目標を達成できるだろうか?

    収益の伸びが大幅に鈍化

    TDOCにはしばらくの間、証明しなければならないことがたくさんありました。同社のサービスの需要がピークだったパンデミック初期の時代は遠い昔のこと。遠隔医療は、他人から離れていながらも基本的な医療を必要としている人々にとって、適切な選択肢を提供しました。それ以来、TDOCのビジネスはうまくいっていない。その会社は単なるパンデミック株だったのでしょうか?

    熊たちはそう思っているのです。2月20日に発表されたTDOCの第4四半期決算は、彼らに取り組むべきさらなる証拠を与えた。 同期間のテラドックの収益は 6 億 6,000 万ドルで、前年同期と比較して 4% という驚くべき増加ではありませんでした。TDOCの売上高成長率は過去 3 年間で崖から落ちました。

    TDOCには他にも憂慮すべき兆候があった。しばらくの間同社の最も重要な成長原動力となっていた仮想療法サービス「BetterHelp」からの収益は横ばいの2億7600万ドルだった。総訪問者数は前年比8%減の440万人となり、米国統合ケア事業の会員1人当たりの平均月収は前年比1%減の1.42ドルとなった。投資家が資金を他のところに移すようになっていることも不思議ではありません。

    TDOCは最後の言葉を言いましたか?

    TDOCの最新の四半期更新は残念なものでしたが、明るい材料もいくつかありました。たとえば、同社は収益性への近づきを続けています。 当期の一株当たり純損失は0.17ドルで、2022年第4四半期の純損失は23.49ドルでした(この期間に買収に関連した現金以外の多額の減損費用を報告しました)。TDOCの利益率も引き続き健全で、調整後の粗利益率は70.7%で、前年同期は70.4%でした。

    それでも、同社が収益の伸びを加速させられない限り、市場は株価を大幅に引き上げることはないだろう。 遠隔医療の専門家は、それを実現するための計画を立てています。

    第一に、TDOCは、そのほとんどが同社の慢性期医療サービスに登録していない既存の顧客ベースの中に、成長のための大規模な滑走路があると考えている。 そのうちの1つ以上の慢性ケア製品を使用しているのはわずか16%で2年前の12%から増加しています。

    第二に、TDOCは国際市場に拡大しており、そこにも大きなチャンスがあると考えています。

    第三に、同社は、セラピー サービスの需要が高まっており、バーチャル ケアへの移行が進んでいると考えています。したがって、BetterHelp サービスには成長の余地があるはずです。TDOCの計画は、短期的には投資家の恩恵を取り戻し、ウォール街の目標株価に匹敵するのに役立つだろうか?

    同社の株式が1株あたり約15ドルで取引されており、先物株価売上高比率が1を下回っていることを考慮すると、これは魅力的な価値と考えられる範囲内に十分入っているが、非常に好調な決算や業績が発表されれば、TDOCの株価は急騰する可能性がある。その他の非常に前向きな展開。

    しかし、同社独自の指導はほとんど自信を呼び起こしません。TDOCの 2024 年の売上高見通しの中間点は、売上高が前年比約 3% 増加することを意味しており、2023 年に報告された 8% よりもはるかに低いです。私は、TDOCがすぐに大幅な回復を遂げるとは賭けていません。

    会社の長期的な見通しについてはどうですか? 私の見方では、この株はリスクはあるものの、依然としていくらか魅力的に見えます。

    TDOCの9,000万人のバーチャル ケア メンバーからなるエコシステムは、重要な経常収益源を提供しています。遠隔医療市場はその利便性のおかげで世界中で拡大し続けるはずであり、同社の利益率は依然として高い。 したがって、TDOCがより確立され、マーケティングおよび広告費を削減できれば、特に収益性がすでにそれに近づいていることを考慮すると、収益性も追随するはずです。しかし、同社が状況を好転させるまでにはしばらく時間がかかりそうだ。

  • >>649

    え、これって田舎の人のために作られたサービスなんですか?
    じゃあもっと流行らないし、売り上げも伸びないと思います

  • 日本でも一時期、遠隔医療がニュースで取り上げられたことありますよね
    でもみなさんは
    体調が悪くなったとき遠隔医療したことありますか?
    してみようか悩んだことは?

    ないですよね
    遠隔医療ってパッと見、すごい最先端な技術な気がするんですが日々の暮らしにはまったく要らないサービスなんですよね

  • TDOC株を手放すべきではない理由
    2024年3月1日金曜日、午後9時56 分
    TDOCは、事業を段階的に改善するという新たな業績を上げていますが、ウォール街を満足させるには十分ではない。株価は下落し、新安値を更新した。これは私を含む多くのTDOC投資家が慣れ親しんだサイクルです。

    だが株式を放棄する価値がない理由、そして遠隔医療プロバイダーに投資するのに今が良い時期である理由があります。

    1. 会社は収益を改善
    昨年、同社に大きな問題となったのは、TDOCが日常的に減損処理していた事だった。 TDOCが2020年に慢性期医療企業リボンゴ・ヘルスを185億ドルで買収した際、同社に多額の支払いをしすぎていた事が判明した。今、会社がそれだけの価値があれば、TDOCの投資家は大喜びするだろう。

    良いニュースは、その減損費用がなくなった事です。そしてTDOCは損益分岐点に前進を続けている。まだ達成してないが、2023年最後の3カ月の純損失は2,890万ドルと報告し、これは1年前に負った減損で埋められた38億ドルの損失よりはるかに小さい。これはTDOCが前四半期に報告した5,710万ドルの損失より良い額である。

    今年も赤字を予想しているが、正しい方向に進んでいる。1株当たりの純損失は1.10ドルから0.80ドルの範囲内になると予想し、2023年に計上した1株当たりの純損失1.34ドルより良くなるだろう。損益分岐点はまだ遠いが進展の兆しはある。

    2. 競争のリスクが誇張されている

    TDOCへの投資に反対する議論の1つは、どの企業でも遠隔医療サービスを提供できることです。参入障壁が低い為、競争が激しいのです。それは事実だが、TDOCは、すでに遠隔医療の大手企業の地位を確立しており、長年にわたり消費者との信頼を築いてきた利点があります。

    アマゾンは数年前、TDOCにとって脅威と思われた遠隔医療サービスの提供を開始したが、最終的には遠隔医療事業「アマゾン・ケア」を2022年に廃止した。

    別のテクノロジー企業やヘルスケア企業が遠隔医療サービスを提供できるが、それが必ずしもTDOCの運命を破るとは限らない。業界は複数のプレーヤーをサポートできるほど大きいです。 そして、TDOCは昨年、仮想訪問の合計が1,840万件(2019 年のわずか410万件から増加)を報告し、競争が激化にも関わらず、長年にわたり目覚ましい成長を遂げてきた。

    遠隔医療業界はパンデミックの初期に人気が急上昇した。現在、事態は正常に戻りつつあるが、テラドック・ヘルスはもはやそれほど魅力的な買い材料ではないようだ。

    しかし、同社の成長ストーリーは終わったわけではない。 現在は減速しているが、長期的にはまだまだ成長が見込める。Grand View Researchのアナリストは、世界の遠隔医療市場の価値は2030年までに4,553億ドルになると予測しています。これは、今年の予想値1,233億ドルの3倍以上です。

    投資家は、同社が今後3年間で1桁台前半から半ばの年間売上高成長の予想に興奮してないが、それはTDOCがその期待を上回る業績を上げられない、あるいはその後の数年間でより良い業績を上げられないという意味ではない。遠隔医療サービスを利用すると、糖尿病や高血圧などの慢性疾患の管理が容易になる。また、人口の高齢化が進み、移動に問題を抱える高齢者が増えるにつれ、より柔軟で多用途な医療サービスも必要となります。そこで遠隔医療が貴重なニーズを満たします。

    期待とガイダンスは固定では無く、将来的にアップグレードされる可能性があります。 投資家は同社の当初の3年間の見通しに固執すべきではない。

    TDOCの事業は現時点で急速に成長しているわけではないが、たとえその指針が正しいことが証明されたとしても、今日では依然として極めて過小評価されている。 価格対売上高(P/S)比に基づいて株価を見てみましょう。

    確かに、大多数の人が遠隔医療が何か知らなかった2020年以前より、今の株価の見通しは良くなっている。にもかかわらず、株価はTDOCが大きな経営危機に陥ったように取引されているが、実際はそうではない。

    過去数年はTDOCの株価にとって厳しい年だった。これは主に、パンデミックの初期段階での同社株のバリュエーションの高さと、遠隔医療をめぐる過剰な誇大宣伝が関係している。だが現在、投資家が同事業に対して弱気になりすぎた過剰修正が生じている。

    TDOCには収益を改善し、更なる成長を生み出す方法を見つける為にやる事が沢山あるが、この株のP/S倍率は間違いなく現時点での取引より高い価値がある。 辛抱強く待てば、長期的にはポートフォリオに大きな利益をもたらす投資となる可能性があります。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み