IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

Threshold-securitiesリストに乗ったら〇日以内に買い戻さないといけないって話を理解してる人いる?まるで意味が分からない。1月頃のgmeが載ってた頃のリストを見ると13日(営業日?)以上乗ってる銘柄があるけど、規則が変更されてるの?

  • >>674

    AMCは25日にリストに載っています。これは、彼らが借りる大麦の株を持っていることを意味します。これが、彼らが一週間前に株を貸すように呼びかけた理由です。レギュレーションSHOは、配信の永続的な失敗および潜在的に乱用的な「裸の」空売りに関する懸念に対処するために作成されました。

    しきい証券とは、以下の期間のポジションを提供できないエクイティ証券です。登録された清算機関での5日間の連続決済。

    「閾値証券」とは、(1)登録された清算機関(NSCCなど)での5日間の連続決済日、(2)合計10,000株以上、および(1)合計でポジション(ロングポジションとショートポジションを含む)を提供できない株式です。 3)発行者の発行済み株式総数の少なくとも0.5%に相当します。
    重要なのは、規則203(b)( 3)レギュレーションSHOは、配信の失敗が13日間連続して続く場合、ブローカー/ディーラーが「しきい値証券」をクローズするために直ちに株式を購入することを要求しています。

    これですか?

  • >>674

    自分がわかってる範囲で説明させてもらうと
    5営業日連続で 市場に出回っている総株式の0.5%のFTD(AMCは約5億株発行されているので0.5%は約250万株)があった場合、threshold-securitiesリストに載ります。
    初めのFTDがあった日から13営業日にプライムブローカーがFTDのポジションを決済しなければならない(FTDがネイキッドショートだった場合、市場にあるAMC株をポジション分購入するということ)
    ここで重要なのはヘッジファンドではなくプライムブローカーが強制決済を行うので、ヘッジファンドが汚い手を使って先延ばしにするとかはできないと思います。

    ポジションが解消すれば途中でリストから消えることになりますがNYSEのホームページでは7/1までリストにありますので、いまだヘッジファンドはポジション解消してないでしょう。

    ※FTDはネイキッドショートだけではないですが、このようなMEME株がthreshold-securitiesリストに載る場合、個人的にほぼネイキッドショートだと思っています。根拠はありませんが、GMEがこのリストに載ったのが自分の調べた感じだと12月8日でGMEが爆上げした1月25日から13日を引いた1月12日もリストに載っています。GMEはその後もしばらくリストに載り続けていたので自分の推測ではFTDをカバーしてもFTDが起こり続ける限りthreshold-securitiesのリストに載り続けるのだと思っています。

    説明が下手でごめんなさい、少しでも理解の役に立てれば嬉しいです。
    みなさんもNYSEのホームページでthreshold-securitiesと検索をかけるとリストが見れるので、AMCが毎日更新されているか確認してみてください。