ここから本文です

今日は皆さん。
この頃は朝の寒さも日の出と共に暖かくなり、大いに助かっています。どうやらやっと春が来たようですね。

紫瀾さんは昔の疎開先の事情をよくご存知のようですね。蚤、虱には本当に悩まされました。戦後我が家に帰ってくるまで毎日のように彼らと戦争でした。
ただそんな中でも早く学業を終えて、戦争に参加することしか考えていませんでしたね。それだけ洗脳されていたということでしょうか。ろくに食べ物に有り付けないのにね。

徒然なる団塊部屋 今日は皆さん。 この頃は朝の寒さも日の出と共に暖かくなり、大いに助かっています。どうやらやっと春が来

  • >>195

    天皇陛下在位30年、祝賀式典を見ていました。
    皇后陛下が作曲した歌を、テノールの歌手が歌っていました。
    沖縄の雰囲気のある歌でした。

    私は、昭和九年生まれですので、天皇さまより1歳下ですが、陛下がお生まれになった時の歌をよく覚えています。
     ♪ 皇太子さま お生まれになった
    口の回らない私は、「こうたいちさま おうまになった」と歌いました。

  • >>195

    ズイキさん、
     戦前は、ノミ、シラミが多かったですね。特に学生時代に下宿生活を始めた時、初めてシラミに出会ったときには仰天しました。いくら取って取っても何処からか湧いてきて、シャツやパンツを熱湯で洗濯したりして大変でした。しまいに借りていた布団がシラミの巣だと分かって、とうとう下宿を変えたりしました。

     戦前はまだ、DDTもBHCもない時代、蚤取粉と言っても除虫菊から取った蠅取り粉ぐらいしかなかったので、ノミも追っかけて捕まえて、爪先でぶつぶつつぶすしか退治する方法がなかったですね。 

         (イマヅの蠅取り粉)    しらん

    徒然なる団塊部屋 ズイキさん、  戦前は、ノミ、シラミが多かったですね。特に学生時代に下宿生活を始めた時、初めてシラミ