IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>13426

ネットからの抜粋

都民に感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」が6月11日、あっさり解除された。
アラート発令に合わせて赤くライトアップされていたレインボーブリッジと都庁舎も、解除に合わせて虹色に元通り。
都が独自に定めた3つの発動基準と照らし合わせれば発動するのは遅かったが、解除するにはまだ早く、矛盾だらけ。
発動から解除まで9日間、少しは何らかの対策や変化があるのかと思ったが、変わったことは何もなかった。
やったことと言えば、「夜の街」関連の感染者増加を受け、都知事が新宿の夜の街を名指しし、東京都や区の職員や医師会の人たちによって歌舞伎町の見回りが行われたぐらい。

いったい何のためのアラートだったのか。
いや、何のために設けられた発動基準だったのか?
・・・・(矛盾の数字・理論説明が続く)
記事はここまで

「東京アラート」の目的?
それは明白、小池の都知事選。
99%再選されるでしょうね。
自分で物を考えず、デマに振り回される都民だらけですから。

コロナを利用した小池の戦略には皆イチコロナ。

小池の戦略=アイフルの空売り機関の戦略
それを見抜ければ、アイフルでも最終的には勝てるでしょう

2期小池とは付き合わざる得ませんが・・