IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

こんばんは 今日のPROTAC関連ニュースです。

Cullgenの二つのタンパク質分解誘導薬の試薬が、富士フイルム和光純薬などから発売されています。

大腸癌やメラノーマが対象となっています。

試薬が販売され始めたということは、臨床試験が近づいているということでしょうか?

大手製薬メーカーに是非使ってもらいたいですね!


1)CG428の生物活性
CG 428は、強力なトロポミオシン受容体キナーゼ(TRK)分解因子(uSMITE TM)です。

https://www.tocris.com/products/cg-428_7425

CG 428含むE3リガンドリガーゼセレブロンにリンカーによって連結されたGNF-8625インヒビターパンTRKのアナログポマリドマイドを。

CG 428は、TRKCおよびTRKBよりもTRKAの選択性を示しています。結腸癌細胞の増殖を阻害し、生物学的に利用可能です。


もう一つ
2)CG858の生物活性
CG 858は、選択的BRAF-V600Eタンパク質分解剤。CG 858は、E3リガーゼリガンドであるサリドマイドに結合したBRAFキナーゼ阻害剤ベムラフェニブを含みます。

CG858は黒色腫melanoma細胞の成長も損ないます。

https://www.tocris.com/products/cg-858_7427


ライセンス情報
Cullgenからのライセンスに基づいて販売
(Licensing Information
Sold under license from Cullgen)

連絡先
TocrisはBio-Techneブランドです。注文、カスタマーサービス、テクニカルサポートについては、以下にお問い合わせください。

バイオテクネジャパン
船越株式会社
富士フイルム和光純薬
ナカライテスク株式会


参:アービナスの試薬はも売り出し中
LC2の生物活性
LC 2は、変異体選択グレーダ(PROTACある® MRTX849インヒビターKRASに結合リガーゼフォンヒッペルリンダウE3のためのリガンドを含む、KRASの)、、

PROTAC ®はArvinaの登録商標であり、ライセンスに基づき使用。

2160 ‐(株)ジーエヌアイグループ こんばんは 今日のPROTAC関連ニュースです。  Cullgenの二つのタンパク質分解誘導薬の試薬