IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

米ウォールストリート・ジャーナル紙は15日、アップル、「春の祭典」で巻き返せるか、今年の株価は巨大IT企業で最悪、新製品に期待がかかる、というコラム記事を掲載した。

米アップルは何か新たに発表することがあるらしい。それは良いことだ。世界最大の時価総額である同社にとって、今年はニュースの真空状態をつくってはいけないことが分かっている。