IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

普通は従業員全体から調査すべきだがもしも顧客が犯人であったならば従業員全体の調査にかかる手間と費用は大変なものになる。一方の顧客の人数は少ないため調査のやり方としては犯人確率の低い方から攻めていくのは理に合っている。