ここから本文です

ソフトバンクは、数年内に1万7千人の従業員のうち9千人をグループの
新ビジネスに配置転換することを明らかにした。
国内の携帯電話市場が飽和し、料金の値下げ圧力が高まっていることから、
携帯以外の新分野で人材を活用する。
ソフトバンクは既存事業の人員を半減させるとともに生産性を2倍に向上させる
「ハーフ&トゥワイス(半分と2倍)」を掲げた。
すでに今春から11月までに社内公募を通じて技術、営業、コールセンターなどから500人以上が、
新事業に異動した。来年1月1日付でさらに200人を追加で異動させる。

使用している基地局、交換機、光ファイバーの調達費用が各社同じ。
ソフトバンクはさっさと他の事業へ異動させて携帯事業の人件費を削減し始めました。
リストラと言ったほうが良いでしょう。
TEPCO光と東京通信ネットワーク(パワードコム)の光ファイバを買ってしまったので
設備を維持しなければならないが、大半はauひかりと基地局向け伝送用回線でしょう。
auひかりは相変わらずNTT東西とケイ・オプティコムやJCOMに客を取られっぱなし。