ここから本文です

>>1005

逆日歩がいくらになるか、誰もわからない。
極端な例では、
銘柄コード(市場):2684(JQ)
発生日:2006年12月25日
当日株価(終値):40,200円
逆日歩の額:21,000円(投資額の約52%もの逆日歩)
発生の原因
プライム(JQ:2684)は当時、換金価値の高い株主優待を提供しており、個人投資家に人気がある銘柄でした。そのため、権利付き最終日となる12月25日に多くの投資家が「現物株の買い」「信用売り」の両建てによる株主優待のタダ取りを目的とした投資行動をとったため、非常に極端な売り長となり、高額逆日歩が発生しました。
当時の発行済株式総数が少なかったこと(およそ4.7万株)。また、年始をはさんだことで逆日歩の適用期間が7日間となり、3,000円×7日=2.1万円と高額になったことも原因といえます。
つまり、1株信用買い(空売り)していたら、逆日歩だけで40200円の投資に対して21000円もの利益(損失)がでた計算になります。