ここから本文です

麻生氏円高けん制発言、急激な円高に対してきわめて憂慮している、
USAの為替監視国リストについて、我々の対応を制限するものでは無いとコメント、
(口先介入?これ以上の円高は認めない?介入も辞さないとの意思表明でしょうか?)

為替に関しては日米に温度差があるのです、だから日本自国の適正と考える為替を
主張すればいいのです。為替に関しては急激な変動は企業の経営方針(投資戦略)が決定出来ず安定をさせるべきです