IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今建設予定のRFC含めて2000億の物流投資のうち割当増資で1500億回収したうえに将来的に日本郵便を置き換えるJP楽天Lgsの過半の株式を得るというのはいい取引。たった500億でnew JPの半分を手に入れたに等しい。株の希薄化を軽く超える価値が株主にもある。なるほど、こういう話だったのか。

投資期の大事業を2つ持つというのは一般的には無い話で今はモバイルに経営資源を集中させるというのは王道。もともと物流投資は日本でベストの配送コストを引き出すための手段であって日本一の物流会社を目指していたわけではないので現時点で目的は達成されていて事業承継をしつつ経営負担を下げるのはいい判断。

これはかなりポジティブ。