ここから本文です

モネ・テクノロジーズの宮川潤一社長(ソフトバンク副社長)は19日、都内で開いた法人向けのイベントで、現在の日本は自動運転を受け入れる体制が整っていないとして、法律などを自動運転社会に向け最適化する必要があるとの認識を改めて示した。
宮川社長は「あと3年、4年経つと自動運転でハンドルのないクルマが登場してくる」と指摘。ただ「やればやるほど規制のハードルが多い」として「残念ながら、日本は自動運転を受け入れる素地がまだない」と規制緩和の必要性を訴えた。



狭い日本での自動運転はやはりハードルが高いんだな。
まだまだ時間かかりそうですね~
いったん手仕舞いしようか迷うわ。。。