IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1062

全部私の妄想ですので、話半分で聞いて下さい。

4Gは共有電波なので、「ビジネスとして」利用するにはかなりリスキーなんですよね。4Gが一瞬電波を発生しなくなったらドローンはどうなるか?コントロールできず墜落するわけです(もちろんそれを避ける機能も考えられているかもしれません)。人の敷地に落ちたら訴訟ものです。

今でさえスマホに通信制限があるのにできるのか?
んー。どうでしょう。
もし墜落した場合に、企業が電波の発信元を訴えてもおそらく勝てないでしょう。一個勝たせたら、発信元はやっていけませんから。

超例えばですが、世田谷区でドローンを使って宅配事業をするなら、世田谷区を途切れずカバーした専用のwifi網を構築して専用のパスを割り当ちゃえばいいんです(例えばですよ)。
こうすれば、どこに行っても原則として専用電波なので途切れないわけです。
ただ独自のwifi網にエラーがあった時のために4Gにも対応できるのは必要だと思います。そこは役立ってもらいましょう。

あとは、いきなりそんなドローンが街中を豪快に飛ぶのは考えにくい。
まずは、大規模施設内や、決まったルートでの往復作業、室内・野外のドローンの運転コースや研修所などがメインでしょう。

であれば、限定的・直線的エリアなので、ますます無線LANの網の効率的な構築の方が都合が良いわけです。
んで、どこに頼むか。今一番でかいwifi網築いてるのはどこですか?
japan connected wifi。
自ずと決まってくるわけです。

言っちゃ悪いがまだ小規模案件、でも塵も積もれば月額費用なんですよね。