IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>718

いつ、公表されるのでしょうかね?待てない人が手放してこれ以上の株価下落は勘弁してほしいです。

  • >>719

    いつなんでしょうかね?

    私は昨年末だったか、今年の初めだったか…
    水素透過膜に関しては、そんなに早くIRは出ないと予想してました。
    この板にも投稿したと思いましたが…

    早くて今年の決算報告の来季の計画で出るか、そうでなければ年末くらいに出ればと思ってます

    と投稿したと思います。
    その時は、そう思わないが相当付いたので、皆さん早期の期待を持たれてるのだと思いました。
    しかし、山王だけで装置を世に出す事は難しいとで思ってましたし、装置化に使用する為の膜を大きな面積に均一な膜厚でメッキするのは難しいのではないかと思ってたからです。
    メッキは電流密度という単位面積あたりの電流でメッキの厚さや、メッキ時間が決まってきます。
    電流を流す接点付近は電流が流れやすいのでメッキ膜厚が厚くなりやすい、どうしても中心部分は、接点部分よりメッキが付きにくい傾向にあると思うので、面積が大きくなればなるほど均一な膜厚のメッキをするのは難しいのでは無いかとも思ってました。
    実機に使用できる大面積のメッキ技術の確立という開発課題も最近になって出てきたと記憶してます。
    サンプル的な面積の膜で基本データーが取れたとしても、膜厚の関係やメッキがされない部分のピンホールという問題はメッキにはつきものですから、実機に使用する膜で再現されるデーターが取れるとは限りません。
    そんなに簡単にできるものだったら、理論としてはメッキによるパラジウム膜というものは、相当以前からあったようですから、山王でなくてどこかでやっていたと思います。
    東工大ですら技術が確立できなくて、山王に打診してきたわけですから…
    なので、そんなに早くは難しいのでは無いかと思ってたのですが、私の予想は外れちゃいました。
    それ以上に時間がかかってますね。

    しかし、実用化に向かってという話が出てますから、今の段階での予想は、各社の決算が出る5月くらいに来期計画としてで出てくるか、山王の決算の時に来季計画として出てくるかって感じで見てるのですが…

    またそう思わないが、たくさん付いちゃいますかね?(笑)
    その前にIRが出る事を願ってますが、そんなに簡単では無い気がしてます。
    アクリル銀メッキは、導電性テープとか、かなり前から出てるので、もうすぐ出そうな気がしますが、太陽光パネルの製品に使用されてるまで出ないとすれば、まだ先になりますかね?
    太陽光パネルは、中国が圧倒的に価格的にも強いので、そこに食い込めるくらい技術的な利点と価格で対抗できるかは、どうなのかという疑問符がつくところでもあります。

    私の取り越し苦労で、もっと早くIRが出て利益貢献も早くなるように予想が外れる事を願ってるのですけどね…

    でも、材料のIRがまだ先だとしても、航空電子の2Q決算で株価が爆上げしてましたから、半導体不足とかの問題もクローズアップされてますが、山王の1Qも良いのではないかと想定してるのですがどうでしょう?

    こちらの予想は当たって欲しい…

    あくまでも個人的な予想ですから、みなさん鵜呑みにはしないようお願いします。