IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

IR  持株会社体制移行に伴う会社分割および定款の一部変更に関するお知らせ
 
持株会社体制への移行の背景と目的
3 月 22 日付「持株会社体制への移行検討開始のお知らせ」において記載した内容は、以下の通りです。
当社は、創業以来『すべての人に最高の余暇を』という企業理念のもと、コンテンツビジネスを成長戦略の柱に据えた経営方針を掲げて参りました。2010 年には「ウルトラマン」を始め多数の IP を保有する株式会社円谷プロダクション、ならびに国内最大規模の CG・VFX 映像事業を手掛ける株式会社デジタル・フロンティアを子会社化し、グローバルに通用する IP の創造と育成、デジタルビジネスへの事業投資を戦略的に進めて参りました。
株式会社円谷プロダクションが展開する「ウルトラマン」IP は、国内における伸びはもとより、アジア地域においてロイヤリティ収入が昨年対比で約 3 倍になるなど大きく伸長しております。北米市場で日本 IP のマーチャンダイジングが好調に推移していることを受けて、「ウルトラマン」IP を今後はワールドワイドで積極的に展開して参ります。
さらに、デジタル技術の進展により、メタバースなどの仮想空間や NFT を活用したビジネスが今後主流になっていくと想定される中、有力 IP ホルダーであり、デジタル映像制作ノウハウを有している当社グループは、「IP×デジタル」ビジネスを成長戦略の柱に据えて、積極的かつ革新的にビジネスを進化させていくために、持株会社体制に移行することと致します。
今後 IP の価値が一層高まる事業環境の訪れが想定される中、当社が担う遊技機事業を会社分割により持株会社の子会社とし、「IP ×デジタル」ビジネス企業群と並列の組織体制に致します。持株会社は、主に以下の役割を担って参ります。