ここから本文です

霞ヶ関文学ならぬ、株式文学

では、

日経の記事は一般の投資家から見たら、

売りたくなるような記事であろう

しかし、

株式文学は違う

昨日の小生の投稿で記したが、

自社株買いまたはirの臭いがする