IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

倒産は不幸だし、それを喜ぶのは感情的な人達だけだから、それは望まない。

ただし…

過去のアパレル投資、ナノ水、宿坊プロジェクトも含めて何もできずに撤退の繰り返し…太陽光は19年3月期に報酬剥落との四季報。
この会社が今までに、投資した先の価値を上げる努力姿勢を見せたことはあるのだろうか…。

それにもかかわらず、時代を先取りした投資アピールをしては、新株予約権のパターンばかり…。
その経営体質を改善する気がない姿勢は、いつまでたっても感心できない。