カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

プロミスで総量規制以上借りるのは難しい? 対象外になる借入れを解説

プロミスで総量規制以上借りるのは難しい? 対象外になる借入れを解説

プロミスでお金を借りたいものの、すでに他社で年収の3分の1に近い額を借りていて、総量規制を超えてお金を借りる方法を探している人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、総量規制の基本をおさらいし、プロミスで総量規制以上のお金を借りる方法や注意点について解説します。プロミスでお金を借りたいと考えている人は参考にしてみてください。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

監修者飯田道子外部サイト

金融機関勤務を経てFP資格を取得。現在は独立系FPとして各種相談業務・セミナー講師・執筆活動を行っている。さらに、海外生活ジャーナリストとして移住支援も行っており、得意ジャンルは金融にとどまらず多岐に渡る。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

そもそも総量規制とは? 基礎知識をおさらいしよう

そもそも総量規制とはどんなルールなのか、以下で総量規制の基礎知識を解説します。

借入れの上限は年収3分の1までと決められている

借入れの上限は年収3分の1までと決められている

出典元:Getty Images

総量規制とは、過度な借入れから消費者を守るために、年収の3分の1を超える貸付を原則禁止にしたルールを指します。例えば年収が300万円の場合、借りられる金額は100万円までです。

総量規制は、すべての貸金業者からの借入れを合算した額に適用される点にも注意してください。年収が300万円でA社からすでに70万円借りている場合は、B社から借りられるのは最大で残り30万円です。

総量規制は消費者金融などの貸金業者による貸付のみが対象と定められているため、銀行のローンやクレジットカードのショッピング利用などは総量規制の対象ではありません。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

飯田道子

総量規制は、借りた人が返済可能な額までしか貸さないことで、無理な生活を送らなくても良いように整備されたもの。つまり総量規制は、消費者を守るための制度です。

「借りたお金は絶対に返すのに何で総量規制という決まりがあるの」「もっと借りたいのに」と思っている人もいるかと思いますが、総量規制以上借りたいシーンは危険信号だと考えて、生活を見直してみてください。

条件に該当すれば総量規制の対象外となることも

条件に該当すれば総量規制の対象外となることも

出典元:Getty Images

貸金業者からの借入れであっても、除外貸付や例外貸付に該当していれば総量規制の対象外です。

除外貸付とは、自動車ローンや住宅ローン、高額医療費など年収の3分の1以上になることが多い貸付のこと。除外貸付の場合は年収の1/3を超えても借入れが可能で、借入残高に加算されずその後の借入れにも影響しません。年収600万円の人が4,000万円の住宅ローンを組んでいても、200万円までは貸金業者からお金を借りることができます。

例外貸付とは、顧客にとって有益な場合の貸付です。おまとめローンや緊急性のある医療費の支払いなどが該当します。年収1/3を超える額でも借入れは可能ですが、例外貸付は借入残高に加算されるため、返済をしない限り追加で借入れができない点には注意しましょう。

プロミスで総量規制以上のお金を借りる方法

プロミスなどの消費者金融は貸金業者にあたるため、基本的に総量規制以上のお金は借りられません。プロミスで総量規制以上のお金を借りるためには、除外貸付や例外貸付である必要があります。

融資目的が例外貸付に該当する場合:コールセンターに相談しよう

融資目的が例外貸付に該当する場合:コールセンターに相談しよう

出典元:Getty Images

融資の目的が例外貸付に該当するなら、プロミスから総量規制以上の借入れができる可能性があります。自分や親族が急に入院や治療を要する状態になった場合の医療費や、社会通念上急遽必要だと認められる費用である場合には、例外貸付として扱われるでしょう。

例外貸付に該当する融資を希望する場合、まずはプロミスのコールセンター(0120-24-0365)に相談してみてください。対応してもらえるかは状況次第ですが、貸付を行ってくれる可能性があります。

他社での借入れが複数ある場合:おまとめローンを申込む

他社での借入れが複数ある場合:おまとめローンを申込む

出典元:Getty Images

複数社からの借入れがある場合は、おまとめローンの利用を検討してみてください。

おまとめローンは例外貸付の「顧客に一方的に有利となる借換え」に該当するため、すでに総量規制以上の借入れをしている場合でも申込むことができます。

おまとめローンとは、複数社からの借入れを一本化することで、返済の負担を抑えることが目的の商品です。借入れを一本化することで利息や毎月の返済額を抑えられることが多いほか、返済日や借入れ残高の管理も楽になるメリットがあります。

プロミスのおまとめローンの内容や条件は、以下のとおりです。

  • 融資額:300万円まで
  • 借入利率:6.3%~17.8%
  • 申込み条件:年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入がある人
  • 使用用途:ほかの貸金業者からの借入金返済に限る
  • 借換対象となるローン:消費者金融・クレジットカードなどにおける借入れ

おまとめローンを利用して借換えができる対象のローンは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、貸金業者からの借入れのみです。銀行からの借入れは該当しないため、注意しましょう。

また、おまとめローンはあくまでも返済が目的の商品であるため、おまとめローンを利用して追加で借入れを行うことはできない点にも注意してください。

事業資金を借りたい場合:自営者カードローンを利用しよう

事業資金を借りたい場合:自営者カードローンを利用しよう

出典元:Getty Images

個人事業主やフリーランスの人が事業資金を借りたい場合は、例外貸付の「個人事業主への貸付」にあたるため、プロミスの自営者カードローンを利用することが可能です。

自営者カードローンは個人事業主を対象としたカードローンで、総量規制以上の額が借りられるうえ、事業資金に限らず生活費などにも利用できます。審査もスピーディで、最短即日で借入れができる場合もあるのが魅力です。

自営者カードローンの内容や条件は以下のとおりです。

  • 融資額:300万円まで
  • 借入利率:6.3%~17.8%
  • 申込み条件:年齢20歳以上、65歳以下の自営者の人
  • 資金用途:生計費および事業費に限る

自営者カードローンの申込みには、本人確認書類のほか、確定申告書などの収入証明書類、営業許可証などの事業実態を証明する書類が必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

プロミスを利用できない場合は銀行カードローンも選択肢のひとつ

プロミスを利用できない場合は銀行カードローンも選択肢のひとつ

出典元:Getty Images

プロミスで総量規制以上の借入れができないときは、銀行カードローンを検討するのもひとつの方法といえます。銀行は消費者金融とは違い貸金業者ではないため、総量規制の対象外です。状況によっては、年収の1/3以上の額を借りられる可能性もあります。

ただし、銀行が総量規制の対象外だからといって、上限なしで借入れできるわけではないほか、必ず年収1/3以上借りられるわけではありません。銀行でも同様に多重債務防止の観点から独自で基準を設けて規制しているため、消費者金融と同様に年収1/3をひとつの目安に設定している可能性があります。

一度審査を受けてみる価値はあるので、気になる人は以下のページで銀行カードローンを比較検討してみてください。

自分にぴったりの銀行カードローンを探す

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

飯田道子

銀行カードローンは総量規制の対象外のため、たくさん借りられるというイメージを抱く人も少なくありません。実際は、銀行の8割が貸付金額に自主規制を設けています

貸したお金は全額回収したいという思惑もあるとは思いますが、総量規制と同じく、借入れた後の消費者の生活を守るために貸出額を制限しています。

総量規制以上のお金を借りたいときの注意点

最後に、総量規制以上のお金を借りたいときに注意すべき点を紹介します。借入れを急ぐあまり無理な方法を用いると、かえって返済が苦しくなる可能性が高いので気をつけてくださいね。

総量規制以上借りたくても年収を偽るのはNG

総量規制以上借りたくても年収を偽るのはNG

出典元:Getty Images

総量規制以上の額を借りたいからといって、借入状況や年収を偽るのはやめましょう。カードローン会社は、審査の際に個人の信用情報や本人確認書類、収入証明書類、勤務先の給与相場など多角的な面から申込み内容を確認するため、虚偽の申告はすぐに分かってしまいます

虚偽の申告が明らかになると、審査に通過できない可能性が高いことはもちろん、信用情報に傷がついてしまう可能性もあるため、注意してください。

信用情報とは、各種ローンやクレジットカードの利用履歴、家賃や携帯電話料金の支払履歴など支払いに関する情報が掲載されたものです。信用情報に傷がつくと、今後のローンやクレジットカードなどの利用に影響を及ぼす可能性があるため注意しましょう。

仮に審査に通過したとしても、契約途中で虚偽であることが分かった場合には規約違反として扱われる可能性があります。今後の利用を断られたり、一括返済を求められたりするリスクもあるため、虚偽の申告は絶対にやめましょう。

違法な闇金業者から借入れをしない

違法な闇金業者から借入れをしない

出典元:Getty Images

「総量規制以上の額でも即日で融資します」や「審査なしで即日融資します」などと謳う業者はすべて違法な闇金業者であるため、絶対にお金を借りないようにしましょう。

闇金業者からお金を借りてしまうと、高額な利息で貸し付けられたり、悪質な取り立てによって精神的に追い詰められたりすることにつながります。

闇金業者に手を出してしまうと、家族や勤務先にまで迷惑がかかる可能性もあるため、総量規制以上のお金が借りたいからといって闇金業者と関わりを持つのはやめましょう。

クレジットカードの現金化はカード会社の規約違反

クレジットカードの現金化はカード会社の規約違反

出典元:Getty Images

総量規制により必要なお金が借りられないからといって、クレジットカードの現金化は行わないようにしてください。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードで何らかの商品を購入し、その商品を転売することで現金を得る換金目的での利用を指します。明確に法律で禁止されているわけではありませんが、カード会社の規約に違反することがほとんどです。

クレジットカードの現金化が知られてしまうと、強制退会などのリスクがあります。クレジットカードの利用が停止されると生活が不便に感じてしまうほか、信用情報にも傷がつく可能性があるため、やらないようにしましょう。

解約検討中の人はプロミスのクチコミを参考にするのも手

プロミスのカードローンを解約するか迷っているなら、実際の利用者の声を参考にして決めるのも有効な手段です。

以下のページでは、プロミスの利用者のクチコミを評価とあわせて紹介しています。解約前に一度チェックしてみてください。

プロミスのクチコミをチェックする

カードローンを比較検討するならランキングを参考に

​​別のカードローンの利用を検討している人は、以下のページをチェックしましょう。各金融機関のカードローンをランキング形式で紹介しています。特徴ごとに絞り込む機能もあるので、借入先を比較検討する際にご参考ください。

自分にぴったりのカードローンを探す

※本記事に掲載されている情報は2022年11月24日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2022年11月24日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら