カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

SMBCモビットの金利は他社より高い? 利息を抑える方法も紹介

SMBCモビットの金利は他社より高い? 利息を抑える方法も紹介

金利が高いというクチコミも見られる、カードローンのSMBCモビット。他社サービスと比較して金利は高いのか、低金利で借りる方法はあるのかなど、さまざまな疑問を抱えている人も少なくないようです。
そこで今回は、SMBCモビットの金利についてわかりやすく解説します。ほかの消費者金融との金利の比較や利息を含めた返済額、利息を抑えるコツなども紹介するので、ぜひ自分の借りたい金額と照らし合わせて確認してみてください。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

監修者飯田道子外部サイト

金融機関勤務を経てFP資格を取得。現在は独立系FPとして各種相談業務・セミナー講師・執筆活動を行っている。さらに、海外生活ジャーナリストとして移住支援も行っており、得意ジャンルは金融にとどまらず多岐に渡る。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

SMBCモビットの金利は高い? 他社と比較して解説

はじめに、SMBCモビットの金利が高いかどうか、他社サービスと比較して解説します。基本的にはほかの消費者金融と同水準ですが、無利息期間がないなどの注意点もあるので、ぜひチェックしてみてください。

SMBCモビットの金利は3.0〜18.0%

SMBCモビットの金利は3.0〜18.0%

出典元:Getty Images

SMBCモビットの金利は、3.0〜18.0%です。審査次第で変動するものの、基本的には18.0%を基準に考えておきましょう

貸金業法で定められている金利は、借入金額が10万円以上100万円未満の場合だと最大で年18.0%。多くの金融機関は返済を踏み倒されるリスクを想定し、貸し付けた金額をできるだけ回収できるよう18.0%の最高金利を適用しています。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

飯田道子

モビットの金利は3.0~18.0%と幅があり、できるだけ低い金利で借りたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、金利は借入れの上限額によって決まっており、ほとんどのケースで最高金利が適用されるのが一般的。自分の金利が想像以上に高い金利であっても、落ち込む必要は一切ありません。

他社の最高金利と同程度の水準

他社の最高金利と同程度の水準

出典元:Getty Images

SMBCモビットの最高金利は、他社サービスと比較しても同程度の水準です。アイフル・アコム・レイクなど大手消費者金融のカードローンは、最高金利は18.0%に設定されているため、どのサービスを選んでもほとんど変わらないといえます。

ただし、銀行カードローンと比較すると、SMBCモビットの金利は高い傾向に。一般的に、銀行カードローンは最高金利が15.0%程度であり、消費者金融は金利が高めに設定されています。

銀行・消費者金融各社のカードローンの金利が気になる人は、以下のページをチェック。ランキング形式で商品の特徴を紹介しているので、借入れの際の参考にしてみてください。

自分にぴったりのカードローンを探す

SMBCモビットは無利息期間がない

SMBCモビットは無利息期間がない

出典元:Getty Images

SMBCモビットには無利息期間がないため、初回の借入時から利息がついてしまいます。

アイフル・アコム・プロミス・レイクなどの消費者金融カードローンでは、初回30日間無利息のキャンペーンが行われています。初回利用時の利息は、ほかの消費者金融カードローンよりもSMBCモビットのほうが負担が大きくなることを理解しておきましょう。

SMBCモビットで借入れした場合の返済額はどうなる? 

次に、SMBCモビットで借入れした場合の返済額を確認しましょう。シミュレーションで具体例をあげながら解説していくので、ぜひ自分が借りる金額と照らし合わせながら、参考にしてみてください。

まずは利息の計算方法を知ろう

まずは利息の計算方法を知ろう

出典元:Getty Images

SMBCモビットなどのカードローンで借入れをしたときに支払う利息は、以下の計算式で算出できます。

利息 = 借入金額 × 実質年率 × 借入日数 ÷ 365日(うるう年の場合は366日)

多くの金融機関では、金利は実質年率で表示されています。実質年率とは、利息に手数料などの諸経費を加えて計算した金利のこと。景品表示法で実質年率を表示するように定められているため、金利と実質年率は同じ意味だと理解しておきましょう。

SMBCモビットの返済額シミュレーション

SMBCモビットの返済額シミュレーション

出典元:Getty Images

SMBCモビットを最高金利の18.0%で利用したときの、実際の返済額をシミュレーションしてみましょう。

10万円を借りて12回(1年間)で返済する場合、毎月の返済額は9,168円。支払う利息の合計は10,016円で、総返済額は11万0,016円です。

30万円を借りて24回(2年間)で返済する場合、毎月の返済額は14,978円。支払う利息の総額は59,472円で、総返済額の合計は35万9,472円です。

50万円を借りて24回(2年間)で返済する場合、毎月の返済額は24,963円。支払う利息の合計は19万9,112円で、返済額の合計は59万9,112円です。

上記の金額は概算なので、実際にSMBCモビットを利用する際には変動する場合があることを覚えておいてください。

シミュレーションの結果を見ると、借入れした金額と返済期間が長くなるほど、毎月の返済額と支払う利息が増えることがわかります。SMBCモビットを利用する際は、自分が毎月返済できる金額を考慮し、大きな負担にならない範囲で借りることが重要です。

SMBCモビット利用時の利息を抑えるコツ

最後に、SMBCモビットを利用する際に利息を抑えるコツを紹介します。借入金額や返済期間などによって、利息の負担を減らすことが可能です。3つのコツを紹介するので、自分ができる対策がないか確認してみましょう。

借入金額が100万円を超えると金利が下がる

SMBCモビット利用時の利息を抑えるコツ

出典元:Getty Images

借入金額が100万円を超えると、貸金業法で定められている金利の上限が下がります。10万円以上100万円未満の金額を借りたときの最高金利は年18.0%ですが、借入金額が100万円を超えた場合の最高金利は年15.0%です。

ただし、金利が下がるからといって借入金額を増やすと返済の負担が大きくなるため、借入金額は安易に増やさないようにしましょう。

繰り上げ返済を行って返済期間を短くする

繰り上げ返済を行って返済期間を短くする

出典元:Getty Images

繰り上げ返済を行うと、返済期間が短くなるので支払う利息を減らせます。繰り上げ返済とは、当初の予定よりも前倒しで、借入金額の一部または全額を返済する方法のこと。繰り上げ返済した分はすべて元金返済に充てられるので、効率よく返済できるのがメリットです。

ボーナスが出たときや臨時収入があったときは、繰り上げ返済を利用して、支払う利息を減らすよう心がけましょう。

銀行カードローンの利用も検討する

銀行カードローンの利用も検討する

出典元:Getty Images

先述の通り、SMBCモビットよりも銀行カードローンのほうが最高金利が低く設定されていることが多いため、金利を重視するなら選択肢の幅を広げてみるのも手。

消費者金融カードローンよりも返済の負担が軽いため、銀行カードローンを利用する価値は十分にあります。ただし、一般的に銀行カードローンのほうが、返済能力の有無や収入の安定性などを厳しく審査するといわれていることは覚えておきましょう。

以下のページでは、銀行カードローンを金利の低さや融資のスピードなどで比較しています。銀行カードローンを選ぶ際に役立ててみてください。

自分にぴったりの銀行カードローンを探す

SMBCモビットのカードローンをさらに知りたい人はチェック

以下のページでは、SMBCモビットのカードローンについて、金利や借入れまでの最短時間、利用できるコンビニエンスストアのATMなどさまざまな情報を掲載しています。

実際の利用者のクチコミも紹介しているので、借入れの際の参考にしてみてください。

SMBCモビットのカードローンの詳細を見る

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2022年12月06日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら