カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

アコムでの増額は可能! 審査時間や申込み方法を徹底解説

アコムでの増額は可能! 審査時間や申込み方法を徹底解説

アコムでカードローンの限度額を上げたいときに気になる増額申請の仕方。どんな手続きが必要なのか、また審査で気をつけるべきポイントはあるのかなど、知りたい人も少なくないはずです。
そこで今回は、アコムで増額する方法ついてわかりやすく解説します。審査でみられるポイントや申込む際の注意点も紹介するので、ぜひ増額検討に活用してみてください。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

監修者飯田道子外部サイト

金融機関勤務を経てFP資格を取得。現在は独立系FPとして各種相談業務・セミナー講師・執筆活動を行っている。さらに、海外生活ジャーナリストとして移住支援も行っており、得意ジャンルは金融にとどまらず多岐に渡る。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

審査に通るとアコムの増額が可能! 追加融資との違いは? 

審査に通るとアコムの増額が可能! 追加融資との違いは? 

出典元:Getty Images

アコムでは、審査に通るとカードローンの限度額を増額できます。増額とは、借入れできる金額の上限を引き上げること。たとえば70万円を借りたい場合、最初に設定した限度額が50万円なら増額申請が必要です。審査に通ったら希望額まで限度額が引き上げられます。

増額と似ている言葉で追加融資というものがありますが、追加融資とは限度額を変えず上限の範囲内で追加でお金を借りること。たとえば、最初に設定した限度額が50万円で、すでに20万円借りていた場合、追加で10万円借りることを追加融資といいます。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

飯田道子

増額することは可能ですが、総量規制の範囲内での金額設定となります。総量規制は年収の3分の1までなので、年収150万円であれば最高50万円まで、年収300万円なら最高100万円まで増額することは可能です。

ただし、借りられるお金と返せるお金は違います。たとえ上限まで借りられた場合でも、本当に延滞せずに返済を続けられるかどうかはあらかじめ計画を立てたうえで増額申請に臨んでくださいね。

増額審査の回答は最短当日中。急ぎの申込みにも使える

増額審査の回答は最短当日中。急ぎの申込みにも使える

出典元:Getty Images

アコムの増額審査の回答は、原則当日中に伝えられます。審査は土日祝日含め毎日行われているため、働いている人も休日に手続きが可能です。

しかし、審査状況や申込む時間によっては、翌日以降の回答となる可能性があります。もともと申請してあった内容と現在の状況が大きく異なる場合や、増額の金額があまりにも大きい場合などは、審査に時間がかかる傾向にあります。

また、審査自体が混みあっていたり、申告内容に不備があったりした場合も時間がかかってしまうため、当日回答が難しくなるでしょう。

アコムの増額申請の申込み方法をチェックしよう

ここでは、アコムの増額申請の申込み方法について解説します。必要な書類やその提出方法まで詳しく紹介するので、ぜひ申請する際の参考にしてください。

アコムの増額はインターネット・自動契約機・ATM・電話で申込みが可能

アコムの増額はインターネット・自動契約機・ATM・電話で申込みが可能

出典元:Getty Images

アコムの増額は、インターネット・自動契約機・ATM・電話の4つの方法で申込みができます

インターネットからの申込みは、アコムのマイページにログインし「ご利用可能額を増やす」から手続きします。「ご利用可能額を増やす」が表示されない場合は、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)までお問い合わせください。

自動契約機(むじんくん)もしくはアコムATMからも案内に沿って手続きを行えます。

電話からの申込みは、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)へ問い合わせをし、案内に従って手続きを行いましょう。利用可能時間は、平日9時〜18時までです。

アコムむじんくんの利用方法を確認する

増額申請時に必要書類の提出が求められることも

増額申請時に必要書類の提出が求められることも

出典元:Getty Images

アコムで増額申請する場合は本人確認書類を提出する必要があります。本人確認書類は、以下のいずれかを用意してください。

  • 運転免許証(表・裏)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • 保険証(表・裏)

なお、保険証を用意する場合は契約後にアコムから送られる郵送物の受け取り、もしくは補足書類(発行日から6ヵ月以内のもの)の提出が必要。補足書類は、住民票の写しまたは公共料金の領収書(電気・ガス・水道等)のどちらかです。

また、以下に該当する場合は収入証明書を用意しましょう。

  • アコムの利用限度額が50万円を超える場合
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
  • 既に提出済の収入証明書類が3年以上経過している場合

収入証明書には、以下のものが該当します。

  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近の年月のもの)

収入証明書を提出する際は、スマホアプリもしくはマイページからアップロード・自動契約機に持参・FAXで送信・専用封筒にて郵送のいずれかの方法で行いましょう。

アコムの増額審査でみられるポイント

ここでは、アコムの増額審査でみられるポイントを解説します。アコムの審査基準は公表されていませんが、一般的に言われている審査基準を元に紹介するので、ぜひ参考にしてください。

他社ローンやクレジットカードの利用状況

他社ローンやクレジットカードの利用状況

出典元:Getty Images

他社ローンやクレジットカードの利用状況などは、信用情報として返済能力の判断基準になります。

信用情報は増額審査で重要な項目です。他社ローンから借りている残高や件数が多いと、増額審査に落ちる可能性が高くなるため注意しましょう。また、年収に対してクレジットカードの利用金額が高すぎても、返済能力を疑われる可能性があります。

増額審査において自分の信用情報が気になる場合は、信用情報機関に開示請求できるため確認してみましょう。アコムの信用情報機関にはJICC(外部サイト)とCIC(外部サイト)の2つがあります。

アコムの利用実績

出典元:Getty Images

増額審査では、アコムでの借入履歴やその際に滞納・延滞がないかなどの利用実績を確認します。そのため、増額申請前にアコムでの利用実績を作り、アコムとの信頼関係を築いておくことが大切。一般的には、6カ月以上利用実績を積み重ねることでアコムからの信頼を得られるといわれています。

返済の遅延など利用実績に問題がある場合は、信用度が低いとみなされるため、増額審査の通過は困難となるでしょう。借入れをしたら延滞することなく、必ず期日通りに返済してください。

年収と借入限度額のバランス

年収と借入限度額のバランス

出典元:Getty Images

消費者金融には総量規制のルールが適用されます。総量規制とは、借入限度額を年収の3分の1に制限して、ローンの返済ができなくなる人を減らすための仕組みです。たとえば、年収が300万円の場合、借入限度額は100万円になります。この借入限度額は、利用しているすべての金融機関を合わせた合計金額です。

アコムの増額審査では、総量規制をオーバーすると審査に通過できない可能性が高くなります。転職などによって新規契約時から収入が減少している場合は、特に注意してください

アコムの増額を申込む際の注意点

アコムで増額を申込む際には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。ここでは3つご紹介します。

勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがある

勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがある

出典元:Getty Images

アコムの増額申請で基本的に在籍確認の電話はありませんが、新規契約時から勤務先の変更があった場合、在籍確認が実施される可能性があります

勤務先で電話対応ができない時間帯がある場合や、どうしても電話での在籍確認をしてほしくない場合などは、事前にアコム相談してみてください。電話の際にはアコムと名乗らず個人名でかけるなど、プライバシーにも配慮されています。

増額申請によって限度額が下がる可能性も

増額申請によって限度額が下がる可能性も

出典元:Getty Images

増額申請では、アコムや他社での利用状況に問題があったり、年収が減少していたりすると、限度額を引き下げられる可能性があるため注意してください。

増額申請すると、審査を行うにあたってあらゆる状況を調べられます。初回契約時よりも信用度が低いと判断されれば限度額を引き下げられてしまうため、現在審査に通りやすい状況かを事前によく考えておきましょう。何か問題がありそうなら、増額申請を行わない選択も有効ですよ。

金利の引き下げを目的とした増額には注意

金利の引き下げを目的とした増額には注意

出典元:Getty Images

増額して借入額が増えると、貸金業法の最高金利により金利が下がる可能性があります。そのため、金利を下げることを目的として増額申請をする人もいることでしょう。

しかし、借入額が増えればその分返済も大変になります。安易に増額申請するのではなく、利用目的や家計状況と照らし合わせて慎重に考えましょう。

アコムでは、利用限度額に応じて下記の金利が適用されます。

  • 1万円~99万円:7.7~18.0%
  • 100万円~300万円:7.7~15.0%
  • 301万円~500万円:4.7~7.7%
  • 501万円~800万円:3.0~4.7%

アコムの金利と返済額について詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。さまざまなシミュレーションをもとに、返済額を確認できます。

アコムの返済シミュレーションを確認する

アコムの増額についてよくある質問

ここでは、アコムの増額についてよくある質問に答えていきます。審査や申込み基準についても解説するので、ぜひこちらを参考に不安や疑問を解消してくださいね。

アコムの増額は審査がゆるい? 

アコムの増額は審査がゆるい? 

出典元:Getty Images

消費者金融ではどこも一定の厳しい審査を設けており、審査の厳しさや内容に大きな違いはないといわれています。基本的に増額審査の基準は公表されていないため、審査の難易度については明言できません。

ただし、増額はアコムにとって貸倒れのリスクが上がることになるため、審査は厳しいと考えられます。アコムに限らずどの消費者金融でも、審査がゆるいということは基本的にないと考えた方が良いでしょう。

アコムの審査について詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしておきましょう。

アコムの審査を通りやすくする方法をチェックする

学生や無職でも増額は可能? 

学生や無職でも増額は可能? 

出典元:Getty Images

アコムのカードローンを利用する条件は、20歳以上で安定収入があることです。この条件を満たしていれば、学生でもカードローンの利用や増額ができる可能性があります。

ただし、無職の場合は安定収入という点で条件を満たさないため、増額どころか追加融資も難しくなります。さらに、返済期間中に無職になってしまったとしても、返済は続けなければなりません。安定した収入を得るために、早めに再就職できるよう動きましょう。

アコムの増額審査に落ちた際の対処法

アコムの増額審査に落ちた際の対処法

出典元:Getty Images

アコムの増額審査に落ちてしまった場合は、6カ月待ってからアコムで再度申込みするか、ほかの消費者金融や銀行カードローンへの申込みを検討してください。

増額審査に落ちてすぐに他社申込みをすると、増額申請をした履歴が信用情報に残っているため審査時に警戒される可能性が高くなります。他社申込みをする際は、自分がどんな理由で増額審査に落ちてしまったのかを考えて、慎重に動いてください。

たとえば落ちてしまった理由として、勤続年数が1年未満だったことが考えられるのであれば、勤続年数が1年以上になるまで期間を空けてみてアコムに再度増額申請するのもひとつの方法です。また、アコムの利用実績が足りないことが理由として考えられるなら、再度6カ月利用実績を積んで申請するのがよいでしょう。

以下のページでは、他社ローンについて詳しい情報を掲載しています。実際の利用者アンケートから、早くて借りやすいカードローンを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自分にぴったりのカードローンを探す

アコムのカードローンをさらに知りたい人はこちらをチェック

以下のページでは、アコムのカードローンについて、金利や借入れまでの最短時間、利用できるコンビニATMなどさまざまな情報を掲載しています。

実際の利用者のクチコミも紹介しているので、増額を検討する際の参考にしてみてください。

アコムのカードローンの詳細を見る

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2022年12月20日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら