IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

昨年末の暴落の最中、ムニューシンが銀行の幹部を集めて会合を開いたとの報道があった。
1~2日後に株価は大底から反転急上昇し、後にこの時の会合で銀行は国債を売って株を買い支えたとのことだった。

そして今月14日にトランプが銀行幹部と電話で協議したと今朝がた報道された。チャートは15日あたりを底に反転の兆しが見え始めてる。

昨年末あったことを今回も行われたと連想するのは容易いよな。
とはいえ、これをもって底が確認できたと判断するのはまだ難しいとも思う。