ここから本文です

米国と北朝鮮の終戦宣言し、来年、9月頃?平和条約締結?
年末のノーベル賞候補になれば?11月のトランプ大統領再選は確実だろう?
そして、中国対台湾。昨年末の台湾総選挙で国民党は圧勝した。
台湾独立派は負け、経済発展優先の大陸は勝った。中台会話路線再会になる?
日露平和条約交渉も始まった。

こんな和平ムードの中、安部自民党総裁4選禁止条項が時限爆弾になる?
今、この時期、「ルールだから」と叫ぶ大馬鹿政治家が大勢いる?
この難局を対応出来る外交に優れた総理の代わりは皆無?
自民党は年功序列的な総裁4選禁止条項を廃止すべき?

君子人的な有能な官僚ばかりなら問題ないが?
無能な小人的官僚ばかりになった日本には危機的ルール?
人は地位では作られない!経験・能力・資質の方が重要!


今、自民党4選条項廃止しただけで、日露平和条約交渉も日朝和平交渉も優位になる?
日経に海外投資家が及び腰なのは、安部政権の賞味期限が少なく、安部首相を上回る政治家が育っていないのが最も不安要因だ?

国のリーダーは同等以上の政治家でなければ論理的に間違っている。
国際政治は民主主義国家だけではない!
国際的企業のリーダーも同じだけど世襲社長や族社長や閥社長ばかりの日本国内だけ対応社長のばかりだから低迷する?