ここから本文です

>>3461

正常な会計処理をしていれば
総額約38億5千万円あるはずの一時金が帳簿上、
12億円余しかなく、
差額の約26億4千万円が消えていた。

 契約に反する会計処理について、
財務部長は取材に「創業者の役員報酬を確保するため、創業者の指示で行った」と述べた。
財務部長が記録していた帳簿によると、
この3年間で創業者には、未来設計や持ち株会社から計8億8500万円の報酬が支払われていた。

過大な支出により未来設計は今年8月末時点で27億円の債務超過に陥り、
現預金も6億円余りしか残っていない