ここから本文です

 首都圏に37施設を展開し、2千人近い入居者を抱える有料老人ホーム運営会社「未来設計」(東京都)が、資金難から入居一時金の返還が滞る事態になっている。取材では、預かり金である「入居一時金」が売上高に一括計上され、役員報酬などに回ったことで資金が枯渇した構図が浮かび上がったが、当事者たちの言い分は食い違っている。