ここから本文です

売られ過ぎた…



日本株ニュース

スクリーニング分析:高い業績成長が続く中小型株の水準訂正の動きに期待

フィスコ - 6/18 12:11

■個人投資家の個別物色活発化の余地も

米中貿易摩擦の先行き不透明感、地政学リスクの台頭などによって、全般的には積極的な上値追いの動きが期待しにくい。こうしたなか、個人投資家による中小型株の個別物色の動きが活発化することも予想される。高い業績成長が続いており、かつ収益率の高いファンダメンタルズ良好な中小型株に注目したい局面と言えよう。連続増収増益が続く中小型株の水準訂正の動きに期待したい。
スクリーニング要件としては、(1)時価総額が3000億円以下、(2)今期予想含め5期連続増収、(3)今期予想含め5期連続2ケタ増益、(4)前期売上高経常利益率が20%以上。


■ファンダメンタルズ良好な中小型株


<2477>手間いらず
<3679>じげん
<3687>フィックスターズ
<3901>マークラインズ
<3922>PR TIMES
<3925>ダブルスタンダード
<3926>オープンドア
<6035>アイ・アールジャパンホールディングス
<6046>リンクバル
<7172>ジャパンインベストメントアドバイザー

出所:フィスコアプリより作成