ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

フュエルセル・エナジー【FCEL】の掲示板 2021/09/14〜

🙆‍♂️

エクソンモービル・テクノロジー・アンド・エンジニアリング社(EMTEC)とフューエルセルエナジー(FCEL)間で最近更新され、拡張された合意書は、炭酸塩燃料電池技術へのアクセスの加速を目的としています。GlobeNewswire 04/08 21:00

炭酸塩燃料電池技術はCOを捉えます。2工業源からCOを捕獲し、同時に電力と水素、貴重な共生産物を生成する炭酸塩燃料電池技術は、炭素捕獲と貯蔵コストを削減できます。
更新された契約条件で、FCELは、共同開発設計の革新で高度に改良された元の技術の修正版に加え、炭素捕獲技術を市場に提供できます。
共同開発された炭素捕獲技術のパイロットプロジェクトは、Esso Nederland BVのロッテルダム製造複合施設で進行中で、2026年の初めにプロジェクトの立ち上げが予想されています。
コネチカット州ダンベリー、2024年4月8日(グローブ・ニュースワイヤ) - FCELとEMTECは、炭素捕獲と貯蔵のユニークな技術の共同開発を統括する共同開発契約(JDA)を更新・延長した。結果として、工業用顧客が技術にアクセスの可能性が高まった。これにより、市場に対する技術アクセスが加速される可能性があります。

FCELとEMTECのJDAは、Esso Nederland BV Rotterdam Manufacturing Complexでのパイロットプロジェクトのサポートを含む、技術の引き続きの開発作業を許すために、2026年12月31日まで延長された。パイロットプロジェクトは、EUの排出取引システムイノベーション基金で共同資金化され、Demonstration Energy and Climate Innovation(DEI+)補助金によってオランダ企業庁が資金提供しています。

契約により、FCELは、現在顧客に販売する既存の炭素捕獲製品に共同開発された技術の要素を取り入れられます。これにより、次世代セルとモジュール設計がロッテルダムで示される間、市場への技術提供が加速すると思われます。

ロッテルダムで展示される共同開発された炭素捕獲燃料電池技術は、大規模設置向けに最適化された設計が特長です。炭素を捕獲しながら同時に電力と水素を生成する本技術は、炭素捕獲の経済性を改善し、市場で炭素捕獲の広範な普及の障壁を低減できます。

JDAの延長により、FCELは当社の現行世代モジュール設計に、共同開発した最適化された炭素捕獲セルアーキテクチャを使用して顧客と一緒に炭素捕獲の機会を追求できる。次世代セルとモジュール設計がロッテルダムで示される間、市場への技術利点の提供が加速します。また、選択された顧客と共同開発された技術の先駆的なプロジェクト展開を支援できます。

JDAからの改善点はFCELの現行世代モジュールに取り込むことで、当社の電力、水素、および炭素回収ソリューションの機能を強化し、より魅力的な近期の炭素捕獲ソリューションを提供できます。

FCELとEMTECは、炭酸塩燃料電池技術を使用した炭素捕獲の展示を可能にする商業フレームワークの交渉をする予定です。

さらに、FCELとEMTECは、外部源からCOを捕獲して同時に電力と水素を生産する能力が提供する独自の価値提供を示すため、工業排出市場に参入し続けます。2ロッテルダムのデモンストレーションのためのモジュール製造は、FCELのコネチカット州トーリントンにある製造施設で開始された。

共同開発技術を備えた炭素捕獲燃料電池技術は、大規模設置向けに最適化された設計を特長とし、炭素を捕獲しながら電力と水素を同時に生成できます。炭素捕獲の経済性を改善し、市場で炭素捕獲の広範な普及の障壁を低減できます。

FCELとEMTECの10年間に及ぶ関係は、他のどの燃料電池技術または従来吸収システムでも行えない、二酸化炭素排出量の大幅な削減と同時に電力と水素を生成する技術革新に注力しています。2その他の吸収システムと比較して、プラントやグリッドからエネルギーを消費せず、燃焼排ガス等の二酸化炭素を燃料電池に導入し、電気と水素を生成し、同時に二酸化炭素を回収濃縮し、利用するか永久に地下に貯留し、NOxを除去できます。CFCテクノロジーはモジュール式で、広範な導入スケールで二酸化炭素を取り込めます。

CO2火力発電所の排ガス等に含まれるCO2を、燃料電池内で利用、CCUS(Carbon capture, utilization and storage)技術によりCO2を回収・濃縮して二酸化炭素の排出削減ができる燃料電池システムの開発に焦点をあてます。