ここから本文です

これらの堅調な数字よりも少ないにもかかわらず、多くのアナリストは、Appleのサービス収入が緩みを取り戻すことができるだろうと確信しています。バロンスタインのアナリスト、トニ・サコナギ氏は、最近のバロン氏の記事で、「サービスの成長は、過去5年間で減少してきたAppleの総利益を伸ばすとともに、潜在的に全社の売上総利益率を安定させる上で重要である」と述べた。Sacconaghiによると、Appleはさらに3〜5年でサービスの2桁成長を拡大できるという。

最近の四半期では、AppleのiPhoneビジネスが収益の63%を占め、サービスが14%を占め、後者が16%成長しました。また、デジタル購読、App Storeでの広告、および独自のオンデマンドストリーミングサービスであるApple TVなどのサービスで同社が倍増するにつれて、サービスが売上の大きな割合を占めると予想されています。