IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

【JPY】機械受注

  • 99
  • 0
  • 2021/04/13 01:52
  • rss

内閣府より発表される数値で、企業が設備投資として利用する機械を受注した数字を言います。

この時点ではあくまでも「受注」の統計ですが、数ヶ月後(3ヶ月~6ヶ月)には各企業にこの受注分が「納品」されます。
よって数ヵ月後の景気動向をこちらの機械受注の統計で探ることが出来ます。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 99(最新)

    dailyWorker 4月13日 01:52

    NY市場午前の株式市場は、戻り推移の動きとなっている。反落スタートから持ち直す展開で、下げ幅を埋めている。前日比マイナス圏の中、揺り返し度合いの攻防となっている。現在、NYダウは0.15%安の33748ドル前後、ナスダック総合指数は0.50%安の13830ポイント前後、S&P500指数は0.12%安の4123ポイント前後を推移。

    商品市場は、全般に下落。NY原油は下げ渋りが見られているが戻りが鈍い。イランを巡る中東情勢の懸念などを材料とした買いが一服している。NY原油は0.56%高となる59.65ドル近辺を推移。
    NY金は米長期金利の動きを眺め冴えない。下値懸念が続くとの見方も出ている。現在、NY金は0.76%安の1731.50ドル近辺を推移中。       

    ドルインデックスは下落推移の動き。92.02-15ポイント近辺の動きで下落推移中、上値が重くなっている。ドル通貨は対オセアニア通貨で買われている一方、ユーロやポンド通貨等で下げている。
    現在、ドル/円は109.42円前後、ユーロ/円は130.34円前後、ポンド/円は150.39円前後、豪ドル/円は83.39円前後で推移。また、ユーロ/ドルは1.1912ドル前後で推移している。

  • NY市場午前は米株が上昇しての推移。米国の金融政策において早期引き締め観測が後退したことなどを受けてダウが底堅い動きとなっている。ただ、米国債利回りの上昇などを受けてやや伸び悩む展開となっている。現状ダウは76.01ドル高の33579.58ドル前後を推移。

    商品市場は原油が下落しての推移。米株は上昇しているが、調整売りに上値を抑えられている。ただ、全体的には小動きで方向感の見えにくい展開。現状原油は0.15ドル安の59.45ドル前後を推移。一方、金の中心限月は下落しての推移。ドル高を背景に売り圧力が強まる展開。現状金の中心限月は11.9ドル安の1746.3ドル前後を推移。また、米国債利回りは上昇しての推移。米株の上昇や経済指標の堅調などを背景に債券に対する売りが意識されている。現状米10年債利回りは0.0251%上昇した1.6443%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。米国債利回りの上昇などを背景に底堅い動きが展開されている。一方、円は全体的に軟調地合い。オセアニア通貨の上値がやや重いが、株高を背景にした円売りの流れが意識されている。現状ドル/円は109.65円前後、ユーロ/円は130.45円前後、ポンド/円は150.55円前後、豪ドル/円は83.60円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1900ドル前後を動いている。

  • 米国株式市場は上昇しての推移。新規失業保険申請件数が予想を上回ったことを受けてダウは売り圧力が強まる場面もあったが、欧州株の堅調や米国債利回りの低下などを背景に買い戻され、目先は小幅高での推移となっている。現状ダウは3.82ドル高の33450.08ドル前後を推移。

    商品市場は原油が小幅に下落しての推移。大きな動きにはなっておらず、全体的に方向感の見えにくい展開。現状原油は0.35ドル安の59.42ドル前後を推移。一方、金の中心限月は上昇しての推移。ドルの軟調地合いを眺めて買い戻しの動きが意識されている。現状金の中心限月は16.1ドル高の1757.7ドル前後を推移。また、米国債利回りは大きく低下。新規失業保険申請件数の発表を受けて債券に対する買いの流れが強まっている。現状米10年債利回りは0.0406%低下した1.6333%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが下落しての推移。米国債利回りの低下などを背景にドルに対する売りの流れが意識されている。一方、円は堅調地合い。ドル/円が大きく下落したことでクロス円も軟調地合いとなっている。リスク回避的な動きが意識されたことで円に対する買いが強まっている。現状ドル/円は109.25円前後、ユーロ/円は130.25円前後、ポンド/円は150.10円前後、豪ドル/円は83.60円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1925ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が小幅に下落しての推移。FOMC議事録の公表を前に様子見ムードが強まっており、全体的に方向感の見えにくい展開。現状ダウは54.68ドル安の33375.56ドル前後を推移。

    商品市場は原油が下落しての推移。米株の軟調地合いなどを眺めて調整の動きが意識されている。現状原油は1.16ドル安の58.17ドル前後を推移。一方、金の中心限月は小幅に下落しての推移。ドルは上値を抑えられているが、ここまでの上昇に対する調整の動きが意識されている。現状金の中心限月は1.2ドル安の1741.8ドル前後を推移。また、米国債利回りは低下。米株の軟調地合いを背景に、債券に対する買いの動きが意識されている。現状米10年債利回りは0.0158%低下した1.6402%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが小幅に下落しての推移。FOMCを控えて様子見ムードが強まっているが、米国債利回りの低下などを背景に上値を抑えられている。一方、円は堅調。ドル/円などは大きな動きにはなっていないが、株安を背景にリスク回避的な動きが意識されており、円に対する買い意欲が根強い。特にポンド/円は下値を拡大している。現状ドル/円は109.70円前後、ユーロ/円は130.35円前後、ポンド/円は150.75円前後、豪ドル/円は83.60円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1885ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が大きく上昇しての推移。底堅い動きが継続しており、ダウは目先日中高値圏での推移。先週末に発表となった米雇用統計が好調で、リスク志向の動きが意識される状況となっている。現状ダウは425.32ドル高の33578.53ドル前後を推移。

    商品市場は原油が大きく下落しての推移。OPEC+の増産に対する思惑などを受けてポジション調整の動きが意識される中で60ドルを割り込んでの推移。製品価格も軟調地合いで推移している。現状原油は2.85ドル安の58.60ドル前後を推移。一方、金の中心限月は上昇しての動き。大きな動きにはなっていないが、ドルの軟調地合いを眺めて底堅い動きが展開されている。現状金の中心限月は1.7ドル高の1730.1ドル前後を推移。また、米国債利回りはまちまち。10年債利回りなどは低下しているが、30年債利回りが上昇する展開。調整の動きが意識される一方で米株高が下値を支えている。現状米10年債利回りは0.0125%低下した1.7091%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが下落しての推移。米国債利回りで短期債を中心に低下していることや、リスク志向の動きが強まったことで安全資産としてのドルに対する売りの流れが意識されている。一方、円は堅調地合いで推移。ドル/円が下げを主導しているが、クロス円は大きな動きにはなっておらず、目先は下げ渋る動き。現状ドル/円は110.10円前後、ユーロ/円は130.10円前後、ポンド/円は153.10円前後、豪ドル/円は84.30円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1815ドル前後を動いている。

  • NY市場はグッドフライデーの祝日となり、株式市場は休場。商品市場も休場となっている。

    米国債利回りは米雇用統計の好調を背景にリスク志向の動きが強まり、債券に対する売り圧力が強まっている。現状米10年債利回りは0.0517%上昇した1.7216%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。米国債利回りの上昇などを背景に、ドルの下値が支えられている。一方、円は小幅まちまち。全体的に様子見ムードが強まっており、方向感の見えにくい展開。現状ドル/円は110.70円前後、ユーロ/円は130.16円前後、ポンド/円は153.00円前後、豪ドル/円は84.15円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1760ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が上昇しての推移。ISM製造業景況指数が好調で、米経済の足元への楽観的な見方が強まり、リスク志向の動きが意識されている。現状ダウは152.89ドル高の33134.44ドル前後を推移。

    商品市場は原油が上昇しての推移。リスク志向の動きが意識されて買い意欲が強まっており、原油は60ドルを回復指定の動き。ただ、OPEC+が向うか月の段階的な生産引き上げで合意したとの報道を受けて目先はやや伸び悩んでいる。現状原油は1.35ドル高の60.51ドル前後を推移。一方、金は上昇しての推移。ドルの軟調地合いを眺めて金の中心限月は買い戻し優勢の流れとなっている。現状金の中心限月は12.0ドル高の1727.6ドル前後を推移。また、米国債利回りは大幅に低下しての推移。債券に対する買い戻しの動きが強まっており、米10年債利回りは1.70%を割り込んで下げ幅を拡大している。現状米10年債利回りは0.0634%低下した1.677%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが下落しての推移。米国債利回りの大幅低下などを眺めてドルの上値が抑えられている。一方、円はまちまち。ドル売り圧力が強まる中でドル/円は前日比マイナス圏での推移だが、クロス円はリスク志向の動きが意識されて底堅い動きが展開されている。現状ドル/円は110.60円前後、ユーロ/円は130.20円前後、ポンド/円は152.90円前後、豪ドル/円は84.20円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1775ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が上昇しての推移。ダウは前営業日終値を挟んでの推移だが、NASDAQが買い戻しの動きが強まったことで大幅上昇となっている。バイデン政権の大型インフラ計画に対する期待感からリスク志向の動きが強まっている。現状ダウは11.46ドル高の33078.42ドル前後を推移。

    商品市場は原油が上昇しての推移。大きな動きではないが、米株が底堅い動きを見せていることなどを背景に、買い優勢の流れが展開されている。現状原油は0.37ドル高の60.92ドル前後を推移。一方、金の中心限月は大幅上昇となって推移。ドルの上値が抑えられていることなどを背景に買い意欲が強まり、1700ドル台を回復している。現状金の中心限月は24.7ドル高の1710.7ドル前後を推移、また、米国債利回りは上昇しての推移。米株の上昇を眺めて債券に対する売りが意識されている。現状米10年債利回りは0.0108%上昇した1.7137%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが下落しての推移。ユーロやポンドに対する買い戻しの動きが強まり、ドルの上値が抑えられている。一方、円は軟調地合い。リスク志向の動きが意識される中で円に対する売り圧力が強まっている。現状ドル/円は110.60円前後、ユーロ/円は129.90円前後、ポンド/円は152.70円前後、豪ドル/円は84.25円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1745ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が軟調地合いで推移。調整の動きや米国債利回りの堅調地合いなどが意識され、上値の重い展開となっている。現状ダウは141.38ドル安の33029.99ドル前後を推移。

    商品市場は原油が軟調地合いで推移。米株の下落を受けてリスク回避的な動きが意識され、売り圧力が強まっている。現状原油は1.19ドル安の60.37ドル前後を推移。一方、金の中心限月は大幅下落となって推移。ドルの堅調地合いを眺めて売り圧力が強まっている。現状金の中心限月は29.8ドル安の1684.8ドル前後を推移。また、米国債利回りはまちまちでの推移。30年債利回りがマイナス圏に転じているが、10年債利回りは底堅い動きが維持されており、目先は全体的に債券に対する売りが意識される局面となっている。現状米10年債利回りは0.0233%上昇した1.7314%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。米国債利回りの底堅い動きやリスク回避的な動きが意識されていることなどを背景に、ドルに対する買い意欲が強まっている。一方、円は全体的に軟調地合いとなって推移。ドル/円の上昇基調を背景に、クロス円も前営業日終値比プラス圏での推移となっている。ただ、全体的には株安を背景に上値の重い展開であり、円に対する買い戻しも意識される局面。現状ドル/円は110.30円前後、ユーロ/円は129.25円前後、ポンド/円は151.25円前後、豪ドル/円は83.75円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1720ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株がまちまちでの推移。朝方は調整売りや金融システムに対する警戒感などから売り圧力が強まったが、売り一巡後は持ち直し基調を強め、ダウがプラス圏に浮上している。ただ、米国債利回りの上昇を眺めてハイテク銘柄の上値が重い。現状ダウは36.24ドル高の33109.12ドル前後を推移。

    商品市場は原油が変わらずでの推移。全体的に小動きで、方向感の見えにくい展開となっている。現状原油は変わらずは61.97ドル前後を推移。一方、金は大幅下落となって推移。ドルの堅調地合いなどを眺めて売り圧力が強まっている。現状金は20.8ドル安の1713.9ドル前後を推移。また、米国債利回りは上昇しての推移。米経済の堅調や米株の持ち直しなどを背景に、債券に対する売りが意識されている。現状米10年債利回りは0.0143%上昇した1.6903%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。米国債利回りの底堅い動きを眺めてドルに対する買いが意識されている。一方、円は小幅まちまち。様子見ムードが強まる中で方向感の見えにくい展開となっている。現状ドル/円は109.75円前後、ユーロ/円は129.25円前後、ポンド/円は151.20円前後、豪ドル/円は83.85円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1775ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が上昇しての推移。バイデン政権のコロナ対策に対する期待感や、欧州株の上昇などを背景にリスク志向の動きが意識されている。現状ダウは161.17ドル高の32780.65ドル前後を推移。

    商品市場は原油が大幅上昇となって推移。リスク志向の動きの強まりなどを背景に、原油が60ドル台を回復しての動き。現状原油は2.34ドル高の60.90ドル前後を推移。一方、金の中心限月は上昇しての推移。ドルの軟調地合いなどを背景に買い戻しの動きが意識され、堅調地合いとなっている。現状金の中心限月は7.5ドル高の1734.8ドル前後を推移。また、米国債利回りは上昇しての推移。株価の堅調地合いを背景に、債券に対する売りが意識されている。現状米10年債利回りは0.0145%上昇した1.6477%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが下落しての推移。米国債利回りは堅調地合いだが、欧州債利回りが上げ幅を拡大していることなどを受けてユーロやポンドに対する買いが意識され、ドルの上値が抑えられている。一方、円は軟調。リスク志向の動きが強まる中で円に対する売りの流れが強まっている。現状ドル/円は109.60円前後、ユーロ/円は129.25円前後、ポンド/円は151.15円前後、豪ドル/円は83.60円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1795ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が小幅まちまちでの推移。朝方は欧州株の軟調や利食い売りに上値を抑えられて下値を拡大したが、売り一巡後は持ち直し、目先は前営業日終値を挟んでの推移となっている。現状ダウは4.11ドル安の32415.95ドル前後を推移。

    商品市場は原油が大幅下落となって推移。60ドルを割り込んで下値を拡大しての流れ。リスク回避的な動きやスエズ運河をふさぐ巨大船の撤去に向けた動きなどが意識されて売り圧力が強まっている。現状原油は3.13ドル安の58.05ドル前後を推移。一方、金の中心限月は下落しての推移。大きな動きではないが、ドルの堅調地合いを背景に上値を抑えられている。現状金は3.0ドル安の1732.5ドル前後を推移。また、米国債利回りは小幅まちまち。長期債利回りは底堅い動きを見せいているが、全体的には大きな動きとはなっておらず、米7年債入札の結果待ちといった局面となっている。現状米10年債利回りは0.0016%低下した1.6068%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。対円・対ユーロでのドル買い圧力が意識されており、下値の堅い動きが展開されている。一方、円は軟調。ポンドに対する買い戻しの動きからポンド/円が大きく上昇しており、クロス円全般的にしっかりとした動きが展開されている。現状ドル/円は109.15円前後、ユーロ/円は128.55円前後、ポンド/円は149.85円前後、豪ドル/円は82.80円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1780ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株がまちまちでの推移。買い戻しの動きに支えられてダウは300ドル超の上昇となるなど、全体的にはリスク志向の動きが意識されているが、米国債利回りの堅調地合いを眺めてハイテク銘柄に売りが入り、NASDAQがマイナス圏での推移となっている。現状ダウは325.06ドル高の32748.21ドル前後を推移。

    商品市場は原油が大幅上昇で60ドル台を回復しての推移。ダウの大幅上昇などを眺めて買いの流れが強まっている。現状原油は2.99ドル高の60.75ドル前後を推移。一方、金の中心限月は上昇しての推移。ドルは上昇しているが、買い戻しの動きが意識されて上値を拡大している。現状金の中心限月は11.0ドル高の1738.5ドル前後を推移。また、米国債利回りはまちまち。長期債利回りを中心に底堅い動きだが、2年債利回りはマイナス圏での推移となるなど、上値の重い展開。現状米10年債利回りは0.0177%上昇した1.6383%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。米長期債利回りの上昇などを背景に、ドルに対する買いの流れが継続している。一方円は軟調。ダウの大幅上昇を眺めて円に対する売りの流れが強まっている。現状ドル/円は108.80円前後、ユーロ/円は128.75円前後、ポンド/円は149.35円前後、豪ドル/円は82.90円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1835ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株がまちまちでの推移。ダウはアジア株や欧州株の軟調地合いを眺めて朝方売り圧力が強まったが、その後買い戻しでプラス圏に浮上した。しかし、その後は再度上値を抑えられて小幅に下落する流れとなっている。現状ダウは50.63ドル安の32680.57ドル前後を推移。

    商品市場は原油が大きく下落しての推移。米株の軟調地合いなどを背景に売り圧力が強まり、60ドルを割り込んでの推移となっている。現状原油は2.62ドル安の58.94ドル前後を推移。一方、金の中心限月は下落しての推移。ドルの上昇を背景に上値の重い展開となっている。現状金の中心限月は12.7ドル安の1727.7ドル前後を推移。また、米国債利回りは大きく低下しての推移。株安や欧州債利回りの低下を眺めて債券に対する買い戻しの動きが強まっている。現状米10年債利回りは0.0494%低下した1.6452%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが上昇しての推移。米国債利回りは低下しているが、ユーロやポンドに対する売りの流れが強まっており、ドルの下値を支えている。一方円は堅調。リスク回避的な動きが意識される中で円に対する買い意欲が強まっている。現状ドル/円は108.65円前後、ユーロ/円は128.90円前後、ポンド/円は149.70円前後、豪ドル/円は83.30円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1860ドル前後を動いている。

  • NY市場午前は米株が上昇しての推移。買い戻しの動きが意識され、特に米国債利回りの低下を眺めてハイテク銘柄に買いの動きが強まり、NASDAQが上値を拡大している。現状ダウは56.67ドル高の32684.64ドル前後を推移。

    商品市場は原油が小幅に下落しての推移。ただ、製品価格は堅調地合いとなっており、全体的には方向感の見えにくい展開。米株の上昇を背景に、底堅い動きが意識されている。現状原油は0.31ドル安の61.11ドル前後を推移。一方、金の中心限月は下落しての推移。ドルは軟調地合いだが、調整売りに上値を抑えられている。現状金の中心限月は3.7ドル安の1740.2ドル前後を推移。また、米国債利回りは低下しての動き。ここまでの上昇に対する修正の動きが意識され、債券に対する買い戻しの動きが強まっている。現状米10年債利回りは0.0423%低下した1.6787%前後を推移。

    為替相場はドルインデックスが下落しての推移。米国債利回りの低下などを背景に、ドルに対する売りの流れが強まっている。一方、円は小幅まちまち。ドル/円の軟調などを背景にやや円高基調が意識されているが、米株高を受けて円に対する積極的な買い意欲は強まっていない。現状ドル/円は108.70円前後、ユーロ/円は129.75円前後、ポンド/円は150.70円前後、豪ドル/円は84.20円前後を推移。また、ユーロ/ドルは1.1935ドル前後を動いている。

  • NY市場午前の株式市場は、揺れ返しの動きとなっている。序盤に押し処を作った格好から買い上がりが観測、ナスダック総合指数やS&P500指数は前日比プラス圏へと浮上している。現在、NYダウは0.42%安の32721ドル前後、ナスダック総合指数は0.78%高の13218ポイント前後、S&P500指数は0.20%高の3923ポイント前後を推移。

    商品市場は、シッカリ。NY原油は下げ優勢の動きから買戻しが出ている。サウジアラビアの石油施設が攻撃されたとの報もあり、ポジション調整が加わり買い戻しの動きとなっている。NY原油は1.32%高となる60.82ドル近辺を推移。
    NY金は前日比プラス圏を維持しての展開、買戻しが観測されている。ドル高が一服している他、米10年債利回りも低下しており買い戻しを誘っている。現在、NY金は0.31%高の1739.90ドル近辺を推移中。

    為替相場はドルインデックスが下落傾向に変化している。92.15ポイント台から急反転、下値追いとなっている。ドル通貨は対円、ポンド、オセアニア通貨等で買われているが、勢いが減速中。
    現在、ドル/円は108.86円前後、ユーロ/円は129.57円前後、ポンド/円は151.02円前後、豪ドル/円は84.35円前後で推移。また、ユーロ/ドルは1.1900ドル前後で推移している。

  • NY市場午前の株式市場は、本日高値圏で推移している。序盤に小甘い動きも見られたが買い気が強まっている。NYダウに加え、ナスダック総合指数でも本日高値圏での推移となっている。
    現在、NYダウは0.57%高の33202ドル前後、ナスダック総合指数は1.09%安の13377ポイント前後、S&P500指数は0.32%安の3961ポイント前後を推移。
    また、米国10年債利回りは高水準をキープ、1.7400%前後で推移している。

    商品市場は、マチマチの動き。NY原油は売り先行の動きで高値圏からの調整が持続している。3月初旬の安値59.35ドル近辺が意識され出している。NY原油は3.87%安となる62.10ドル近辺を推移。
    NY金はプラス圏入りの展開、買戻しが観測されている。ドル高が一服している他、米10年債利回りも停滞しており買戻しを誘っている。現在、NY金は0.27%高の1731.80ドル近辺を推移中。       

    為替相場はドルインデックスが上昇推移。連日92ポイント乗せには苦戦しているが、上昇推移が引き継がれている。NY序盤の91.89ポイントからは小緩む局面。ドル通貨は対円、ユーロ、ポンド、オセアニア通貨等の主要通貨で買われている。
    現在、ドル/円は108.93円前後、ユーロ/円は130.04円前後、ポンド/円は151.95円前後、豪ドル/円は84.99円前後で推移。また、ユーロ/ドルは1.1937ドル前後で推移している。

  • NY市場午前の株式市場は、持ち直しの動きが観測されている。ポジション調整もあり下げの動きが出ていたが戻りを窺う商状となっている。NYダウは本日高値圏での推移、ナスダック総合指数は安値圏から戻り志向の動きとなっている。現在、NYダウは0.35%高の32939ドル前後、ナスダック総合指数は1.12%安の13320ポイント前後、S&P500指数は0.48%安の3943ポイント前後を推移。

    商品市場は、全般に精彩を欠いている。NY原油は66ドル台からの利益確定売りに押され、下値追いとなっている。週間石油在庫統計の在庫増もあり、戻りが鈍い展開。NY原油は0.86%安となる64.24ドル近辺を推移。
    NY金は連日の下落。ドル高先行に加え、米10年債利回りが一段の上昇、昨年1月以来の1.6850%を付けており材料視されている。現在、NY金は0.31%安の1725.60ドル近辺を推移中。       

    為替相場はドルインデックスが堅調推移。92ポイント乗せには苦戦の動きながらシッカリ推移している。91.85-98ポイントレベルでの攻防。ドル通貨は対円、ポンド、オセアニア通貨で買われている。
    現在、ドル/円は109.29円前後の本日高値圏で推移、ユーロ/円は130.05円前後、ポンド/円は151.64円前後、豪ドル/円は84.17円前後で推移。また、ユーロ/ドルは1.1898ドル前後で推移している。

  • NY市場午前の株式市場は、上値の重い展開となっている。NYダウは本日安値圏推移、ナスダック総合指数は上げ幅を削る動きが観測されている。FOMC声明を控え買い上げて行く勢いは出ていない。現在、NYダウは0.45%安の32805ドル前後、ナスダック総合指数は0.64%高の13545ポイント前後、S&P500指数は0.11%の3973ポイント前後を推移。

    商品市場は、精彩を欠いている。NY原油は66ドル台での高値警戒感が引き継がれ上値が重い展開。2018年10月居荒いの高値圏で調整売りが先行し易い流れ。NY原油は1.13%安となる64.65ドル近辺を推移。
    NY金は下落。序盤に買いが先行していたが一巡し、売り込まれている。NY白金は景気回復期待にシッカリの展開。現在、NY金は0.09%安の1727ドル近辺を推移中。

    為替相場はドルインデックスが堅調推移。先週末より堅調な動きが観測されている。ただ足許モタツク場面も出ており、一気に切り上がる地合いには至っていない。ドル通貨は対ユーロ、ポンド、オセアニア通貨で買われている一方、円通貨等で下げている。
    現在、ドル/円は109.01円前後、ユーロ/円は129.66円前後、ポンド/円は151.38円前後、豪ドル/円は84.42円前後で推移。また、ユーロ/ドルは1.1894ドル前後で推移している。

  • NY市場午前の株式市場は、下値追いから持ち直す展開となっている。債券買いも一服の動きで、現在、NYダウは0.11%安の32742ドル前後、ナスダック総合指数は0.15%高の13339ポイント前後、S&P500指数は0.22%安の3934ポイント前後を推移。

    商品市場は、マチマチの動き。NY原油は66ドル台での上値の重さが確認されており利益確定売りに押されている。3月初旬の高値示現から下値懸念が継続中。NY原油は0.96%安となる64.98ドル近辺を推移。
    NY金はシッカリ。NY序盤に1722ドル割れが観測されたが持ち直しで1728ドル近辺を推移している。現在、NY金は0.48%高の1728ドル近辺を推移中。

    為替相場はドルインデックスが上昇。先週末の持ち直しの展開からシッカリ、91.90処の攻防が観測されている。先週の高値92.498ポイント処が意識される商状。ドル通貨は、対ユーロ、ポンド、豪ドル通貨で買われている一方、NZドル通貨等で下げている。
    ドル/円は109.04円前後、ユーロ/円は130.14円前後、ポンド/円は151.43円前後、豪ドル/円は84.44円前後で推移。また、ユーロ/ドルは1.1935ドル前後で推移している。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan