IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>312

また今絶好調でもそのうち衰退して行く事はあるわけですから
個別株の長期保有でもいつか見切りをつけなきゃいけない時が来る。
でもインデックス・ファンドにはそれがない。
経済は毎年数%の規模でずっと上昇し続いる事を知れば
安心して預けられるし
暴落した時でも買い増ししたり投資金額を倍にしたりするという方法を使えると。
それ故に自分は個別株はやらなくなりました。
一つだけあってもそれは優待目的の長期保有だけと
現金化しておくのは勿体無いからS&P500のETFに預けるくらいで
個別株はほとんどやっておりません。
でも年間で全投資額は全て利益を出してます。
計算した事ないけど全てトータルすると13〜15%は行くんじゃないかな?
そうなると3年もやれば全投資額の倍にはなります。
それを知ったら自分はもう個別株はすっぱり止めるようなりましたね。
時間も自由になるし良い事づくめです^_^

  • >>313

    私も個別株は塩漬けしか残ってません。個別株で200は損してます。その痛手から一旦投資からは手を引いたものの、たまたま随分昔から積み立てで買っていた投資信託だけがプラス60%になっていたところから気づきを得ました。
    そういえば私たちは銀行にお金を預けるけど、銀行はどうやってそのお金を運用してるんだろう?という思いもあり、調べてみると、なるほどーと合点が行きました。
    じゃあ、その銀行がやってることの真似を自分がすれば良い。と。
    ドルコスト平均法は有名な話ですが、そこにレバレッジをかけられたら面白くないか?と思ってやってみたところ、今ではトータルリターンは5年で約30%です。個別株での損失が心に打撃を与えた結果、銘柄選定をかなり保守的にしていました。今年はもう少し銘柄選定を上手くして、年10%は超えたいところです。