IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です



人には親が二人いる。
父親と母親。
中には死別したり、離婚したりしていわゆる片親の人もいるだろうし、親の記憶がない人もいるだろう。
世の中、様々である。

親は、両性の合意の元に巣を作り、子育てを行うわけだが、気が合う者同士が結婚をしたからといって必ずしも性格が同じというわけではない。

そうこのことにより子の性格の複雑さと多様性を生じさせることになる。

例えば母親が規律を持った秀才肌だったとして、父親が少しルーズな性格だったりすると、子供はその両方またはいずれかの性格を持つことになる。

観念では母親の性格を受け継ぎ秀才になっても、心は満たされず父親のルーズな性格を持つことになる。

このことは恋愛にも影響し、自らは秀才と思っていても、易きに向いてその仲間に加わりたいという欲望へ流される。キリリと律して暮らす生活よりも子供のように落ち着きたいという気持ちが勝ってしまうからだ。