ここから本文です

投稿コメント一覧 (1579コメント)

  • >>No. 698

    ウェルスナビは【落ちるナイフ】
    笑笑笑笑

    > 真似するのは勝手にすればいいけど
    > 990円になった時に赤の他人の意見を信じて
    > 大金払って落ちるナイフ買える勇気ある?
    > 下げても誰も責任とってくんないよ?

  • >>No. 690

    kyoの意見と対立するね。喧嘩したら?
    笑笑笑笑

    kyo
    >2/14の安値1,827 x 0.7=1,278
    2/14~2/20の出来高バブルは、全て強制決済域下回りました。
    随分待ったけど、そろそろ底入りじゃないかな。

    達雄(770)
    > ウェルスナビ
    平均取得価額は1289円
    玉は1万7000株
    米国の債権先物が上がってるから
    まだまだ下げ余地あり
    1226円の2割引き
    990円で6万株ナンピンする予定

  • >>No. 690

    風説の流布。自爆攻撃。
    笑笑笑笑

    > ウェルスナビ
    > 平均取得価額は1289円
    > 玉は1万7000株
    > 米国の債権先物が上がってるから
    > まだまだ下げ余地あり
    > 1226円の2割引き
    > 990円で6万株ナンピンする予定

  • >>No. 13

    個人的な所見です。

    日経平均はドル円に左右される(自動車産業等の輸出)傾向がありましたが、AIブームで半導体関連銘柄の動きに左右されやすくなったため、NASDAQとの相関性が高くなりました。

    NASDAQはエヌビディアの一強体制で、殆どの銘柄はインフレ指標の高止まり等を受けて、FRBの利下げ時期後退懸念に一喜一憂してます。

    広木さんの懸念は、FRBが本当に利下げできるのか、パウエルさんの弱腰な態度が米国株市場に不透明感を与えていることだと感じます。

  • >>No. 13

    広木さんと同じマネックス証券の東野さんの記事です。

    =====================
    日米ともに「セルインメイ(Sell in May)」の効果大
    2024/04/30

    米国株における「セルインメイ」の投資効果
    5月1日から東京株式市場は5月相場を迎えます。4月は新年度入りによる新規資金流入や海外投資家による日本株買いなど過去のアノマリーが話題になることが多いのですが、5月のアノマリーや特徴についてはあまり聞きません。国内企業の決算発表が多くなる時期でもあり、指数よりも個別動向に目が向きやすい時期でもあるのでしょう。

    一方で、米国株式市場では有名な“Sell in May and go away. Don’t come back until St Leger day.”、つまり「5月に手仕舞いして相場から撤退せよ、セント・レジャー・デー(9月の第2土曜日)まで戻ってくるな」という格言があります。

    なるほど、この格言は過去を検証すると納得できます。S&P500の1995年12月を100として、1996年から毎年、10月から5月までS&P500で運用し、6月から9月までは市場から撤退するという投資方法を採用したとします。

    2024年4月(4月25日まで)までの約28年間でその投資方法を続けた場合、累積リターンで864%、年率で10.20%となり、実際のS&P500で通年運用した場合の累積リターン720%、年率9.43%を上回るパフォーマンスとなります。

    逆に、6月から9月までS&P500で運用し、10月から5月までは市場から撤退するという投資方法を採用した場合、この28年間は全く利益を得られず、累積リターンは-15%、年率-0.69%とマイナスになります。

    日本株に「セルインメイ」は通用するのか
    TOPIX(東証株価指数)の1995年12月を100として、1996年から毎年、10月から5月までTOPIXで運用し、6月から9月までは市場から撤退するという同じ投資方法を採用したとします。

    そうすると、累積リターンで161%、年率で4.19%となり、実際のTOPIXで通年運用した場合の累積リターン70%、年率2.31%を大きく上回るパフォーマンスとなります。

    逆に、6月から9月までTOPIXで運用し、10月から5月までは市場から撤退するという投資方法を採用した場合、この28年間は全く利益を得られず、累積リターンは-35%、年率-1.81%とマイナスになりました。

    S&P500(米国)とTOPIX(日本)に大きな収益格差は生じますが、これは28年間のトレンドの違いによるものであり、「セルインメイ」は日米ともに効果が高いことがわかります。
    =====================

  • >>No. 684

    僕の名前は達雄。

    気づけばこっちに来て半年以上経過していた〜
    来てから一度も帰りたい思ったことがないのも、ホームシックにならずヘラヘラ過ごすことが出来てるのも、1番は我が母のお陰だと思う。
    "どこでも1人でたくましく生きれるように、育ててるから"と、よく言ってたけど、本当にその様に育てて頂きました。ヘラヘラどこでもしてるのがたくましいかはさておき、あの方のおかげです。
    ありがとう。
     折り返し地点(とうに過ぎてる)、帰国願望は日々マイナスに更新中。

  • >>No. 667

    僕の名前は達雄。 

    悩みや不安はない方が良いと思ってたけど、もしそれらがなくなった時それはそれで寂しいかも。新しい環境、ステージに挑んでるサインでもあると思うから。常にワクワクしてたいし、したいことに貪欲でいたい。悩みや不安は尽きない、それらをワクワクと自分の原動力にして?付き合っていけば、、きっともっと楽しい:))))

    笑笑笑笑

  • >>No. 521

    スマホの買い替えサイクルは4年。

    Qualcommが狙い目だよ。

  • >>No. 627

    掛け持ちバイト君、
    手遅れだよ。

    この掛け持ちバイト君の投稿に👍赤ポチしてる人、詐欺に遭うよ。

    この銘柄そのものが詐欺紛いの商売してるからね。

    「世界の富裕層が何とかかんとか」
    「ノーベル受賞の何とかんとか」
    「世界の経済成長を上回る何とかかんとか」
    豊田商事と同類の手口だと言われても仕方ないんじゃないのかな。

    笑笑笑笑

  • Nvidia の株式分割は投資家にとって何を意味するのか?
    2024年5月24日

    「革ジャンおじさんと愉快な仲間達」に掲載しました。

  • >>No. 569

    クマと達雄君(770)出没情報。

    ejw🐻はコメント消して逃げました。クマから名前を変えて再始動してます。現場からは以上です。💀

    複垢の妄想癖がステージ4の段階です。
    お仕置きが必要ですね。

  • Nvidia の株式分割は投資家にとって何を意味するのか?
    2024年5月24日

    半導体企業エヌビディアNVDAは水曜日、好調な第1四半期の業績発表とともに、1対10の株式分割を発表した。この株式分割により、投資家は既に保有している株式1株につき、9株の追加株式を受け取ることになる。
    「株価が大幅に上昇したため、株式分割は合理的だ」とモーニングスターのテクノロジー株ストラテジスト、ブライアン・コレロ氏は言う。

    エヌビディアの株価は今年90%以上、過去12か月間で200%以上上昇している。同社の半導体チップが人工知能モデルのトレーニングと実行で重要な役割を果たしていることから、同社は急成長を遂げている。同社の株価は現在1株当たり1,000ドル以上で取引されているが、2023年末には495ドルだった。同社の株価は2023年5月、AI株ブームの火付け役となった驚異的な利益を発表する直前、1株当たり305ドル近くで取引されていた。
    同社の直近の株式分割は2021年7月に行われ、発行済み株式1株につき新株3株が発行された(1株を4株に分割)。

    Nvidiaの株式分割の日付
    同社のプレスリリースによると、株式分割は6月7日の株式市場の取引終了後に行われる予定。株式は6月10日から分割後のベースで取引される。
    コレロ氏は、同社の第1四半期の業績を受けて、同社の株価の公正価値の見積もりを910ドルから1,050ドルに引き上げた。同社の第1四半期の業績では、売上高が260億ドルと、前四半期比18%増、前年同期比262%増となった。

    Nvidiaの株式分割が意味するもの
    株式分割により流通株式数は増えるが、同社の全体的な価値は変わらず、モーニングスターの株式に対する評価にも影響はない。「株式分割は理論的には経済的価値を生まないはずだが、小規模投資家にとって同社がアクセスしやすくなる」とコレロ氏は説明する。現在500ドルではエヌビディアの株式1株を買うには十分ではないが、株式分割後は数株を買うには十分だと同氏は説明する。
    分割後、NVIDIA の公正価値の見積もりは 105 ドルに調整されます。同社の幅広い経済的防御壁の評価は影響を受けず、3 つ星の評価 (株式は公正に評価されていると見なされる) と非常に高い不確実性の評価も影響を受けません。

    NvidiaのAIブーム
    同社の第1四半期の収益は、同社が「生成型人工知能機能の構築競争において依然として明確な勝者」であることを示しているとコレロ氏は書いている。「今後発売されるブラックウェル製品に対する需要は2025年までに供給を上回るだろうという経営陣のコメントに勇気づけられており、AI需要が鈍化する兆候も見られません。」
    コレロ氏は、今後数四半期にわたってデータセンターからの収益が大きく伸びると見込んでおり、AI機器の設置ベース拡大によるさらなる成長も期待している。同氏は次の四半期の収益を297億ドルと予想しており、これはNvidiaの予測をわずかに上回る。
    コレロ氏は、少なくとも今のところ、NVIDIA のチップを購入する企業の急増が止まるとは考えていない。同氏は、NVIDIA の生産量は顧客の需要にまだ十分対応しているが、これは注意を要するリスクだと述べている。「NVIDIA の驚異的な成長を考えると、企業が AI GPU をあまりに早く買いすぎて、将来のある時点で空洞化と過剰在庫につながるリスクを引き続き評価しています。現時点ではそのような兆候は見られません」と同氏は書いている。

    企業はなぜ株式を分割するのでしょうか?
    企業が株式を分割する場合、各株式は複数の新しい株式に分割されます。これにより発行済み株式数は増加しますが、企業全体の価値 (時価総額) は変わりません。企業が株式分割を行うのは、株価が急騰し、個人投資家が購入するのが難しくなった場合です。より多くの購入者を引き付けるために、より安価な株式を大量に保有することは、流動性の向上に役立ちます。また、価格が下がると、企業の根本的な価値が変わらない場合でも、投資家にとって株式がより魅力的に見えるという心理的影響もあります。

  • >>No. 298

    あなたの貴重な意見はいつも参考にしてます。
    但し、客観的な視点から見て、買い方に偏り勝てますね。

    ここの掲示板には多くの人が、投資初心者から個人投資家まで多様な人が居ます。
    長期の方、短期の方、古参の方、新参者方、多様な方がいます。

    アナタの投稿には影響力があります。
    その点を注意してね。

  • >>No. 171

    投機的な上昇の後はどうなりますか?

    過去のチャートにその答えがあります。

    もう一つのリスク。
    「セル・イン・メイ」

    NASDAQは大幅に下落してますね。
    何故でしょう。

  • >>No. 153

    ここの掲示板では埋もれてしまいますので、個人掲示板でお話ししましょう。

    「革ジャンおじさんと愉快な仲間達」

    当方、社畜の為、週末の回答になるかもしれません。
    悪しからず。

  • > ホルダーの皆さん、おめでとうございます。
    >
    > 「利確は正義」
    > NISA口座を使用されてない方は、またエントリーすれば良いことですので、含み益を確定される方が良いかもしれませんね。
    >
    > 投資自己責任原則でお願いします。

    値上がりする株を利確売りすれば税金の先払いに過ぎない、税金分値下がりが無ければ同じ株数は買えない、税金分株数が減り買値は上がり評価額が下がり何のメリットもないと思いますが.
    利確は正義」のメリットを教えてください。

  • 米国株式市場=下落、インフレ懸念が重し エヌビディアは急騰
    2024年5月24日午前 6:48 GMT+917分前更新

    [ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場は下落して取引を終えた。米半導体大手エヌビディアが好業績見通しを背景に急騰したものの、米経済指標でインフレが依然として懸念され、米連邦準備理事会(FRB)による利下げが先延ばしされるとの見方が強まった。
    エヌビディアは9.32%高となり、初めて1000ドルを上回って取引を終えた。同社株の堅調は、序盤にナスダックとS&P500指数をこの日の最高値に押し上げる一因となった。
    一方、この日発表された経済指標では、企業活動が加速し、労働市場の底堅さが示されたものの、物価上昇圧力が高まったことも示され、株価は軟調となった。
    デュポンは0.48%高。公開会社3社に分割する計画を発表した。
    ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を5.13対1の比率で上回った。ナスダックでは3.59対1で値下がり銘柄が多かった。
    米取引所の合算出来高は137億株。直近20営業日の平均は121億9000万株。

  • ご祝儀相場は昨日で終わり。
    NASDAQは大幅下落してます。

    「利確は正義」

    「革ジャンおじさんと愉快な仲間達」

本文はここまでです このページの先頭へ