ここから本文です

中国国家統計局が17日発表したデータに基づくロイターの算出によると、8月の主要70都市の新築住宅価格は前月比0.5%上昇した。伸び率は7月の0.6%から鈍化し、2月以来の低水準だった。
ただ上昇は52カ月連続となった。
前年同月比では8.8%上昇した。7月の9.7%上昇を下回り、2018年10月以来の低い伸びを記録した。
政府が導入した一連の投機抑制策や全般的な景気減速が不動産市場を圧迫している。