IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

(ブルームバーグ): 仮想通貨ビットコインの投資信託で世界最大のグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)から、ビットコイン自体よりも急速に資金が流出している。

320億ドル(約3兆4000億円)規模のGBTCは今週20%急落。ビットコインの下落率は13%だった。この結果、GBTCの原資産に対するプレミアムは消失し、24日は保有するビットコインの価値に対し0.7%割安の価格で終了した。ブルームバーグがまとめたデータが示したもので、原資産価値を下回るのは2017年3月以来。

目覚ましい上昇を続けていたビットコインへのエクスポージャーを求めて投資家はGBTCに巨額の資金を投じたが、値上がりが一服した現在は投資引き揚げを図っていると、ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)が指摘した。

BIのシニアETFアナリスト、 エリック・バルチュナス氏は「これはパニックまたは利益確定の売りだ」と述べ、「GBTCの価格がビットコイン価格の動向を増幅させたものであるかのようだ」とコメントした。

ビットコインは先週末に5万8000ドルを超え過去最高値を更新したが、その後は反落。25日は1.4%値下がりし、週間ベースの下落率は1年ぶりの大きさとなる方向だ。

グレースケール・インベストメンツのマイケル・ゾネンシェイン最高経営責任者(CEO)は25日のブルームバーグのイベントで、GBTCのプレミアム消失は「確かにリスクであり、それについて疑いの余地はないが、最終的に毎日の価格は完全に市場の力によって決まっている」と説明した。