IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
Stairway to Heaven

Stairway to Heaven

  • 214
  • 1
  • 2021/04/14 14:46
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 初のビットコイン上場投資信託(ETF)である「パーパス・ビットコインETF(BTCC)は、上場後2カ月未満で資産が10億ドル(約1100億円)を突破した。発行会社であるカナダのパーパス・インベストメンツが発表した。

    同社によると、暗号資産(仮想通貨)へのエクスポージャーを望む投資家は多く、特にETF形式に高い関心が寄せられている。欧州には事実上のETFである仮想通貨ファンドが幾つかあるが、正式にETFと分類されるものはBTCCが初めて。

    2月の上場初日には1億6500万ドル以上の取引があり、比較的小規模なカナダのETF市場としては高い水準だった。

    ヴァンエック・アソシエイツやウィズダムツリー・インベストメンツなど少なくとも8社が現在、米国初のビットコインETFを発行するため競い合っているが、米証券取引委員会(SEC)は承認を控えている。

  • 米ホワイトハウスは12日、半導体のサプライチェーン(供給網)を巡り、産業界と意見交換する会議を開いた。半導体不足を機にアジアへの生産依存に懸念が深まるなか、バイデン大統領は「米国が再び世界を主導する」と述べ、国内生産の拡大に意欲を表した。

    会議には米インテルや台湾積体電路製造(TSMC)、韓国サムスン電子など半導体メーカーのほか、ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターといった米自動車大手を含む計19社の幹部がオンラインで出席した。

    バイデン氏は「中国は待たない。我々も待つ理由はない」と強調し、半導体の国産化に巨額を投じる中国に対抗心を表した。国内投資に500億ドル(約5兆5000億円)を補助する自身の法案に「超党派の支持がある」と指摘し、議会に成立を呼びかけた。

    サキ大統領報道官は会議に先立ち、今回の産業界との協議について「何らかの決定や発表は想定していない。半導体不足に対処するため、産業界のリーダーと相談するのが目的だ」と説明した。

    メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)が参加したGMなど米自動車大手は半導体を十分に調達できず、減産を迫られている。米政府は台湾当局を通じてTSMCに増産を要請したが、日本やドイツでも不足しており、問題解消のメドが立っていない。

    協議に政権側はサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)と米国家経済会議(NEC)のディース委員長、レモンド商務長官が出席した。

    バイデン政権は「将来(半導体不足が)起きないよう、産業界や議会、同盟国と緊密に連携する必要がある」(サキ氏)と認識する。16日の日米首脳会談でも、半導体の安定調達に向けた協力を確認する見通しだ。

    バイデン氏は2月下旬、半導体などのサプライチェーンを100日以内に見直す大統領令に署名した。産業界の意見も踏まえて、調達先の分散や国内生産比率の引き上げを含む戦略をまとめる。

  • 米ブルームバーグ通信は11日、米マイクロソフトが音声認識技術大手の米ニュアンス・コミュニケーションズの買収に向け交渉を進めていると報じた。買収額は約160億㌦(約1兆7500億円)となる見込みで、週内にも合意する可能性があるとしている。

    マイクロソフトによるM&A(合併・買収)では2011年のビデオ通話大手スカイプ・グローバル(ルクセンブルク、買収額は約85億㌦)を上回り、16年に発表したビジネス向けSNS(交流サイト)米リンクトイン(同262億㌦)に次ぐ過去2番目の規模となる可能性がある。

  • これらの結果、一部の「品薄株」の価格が高騰しているのが今の日本株の実相だ。専門家への取材を通じ、流通性のある浮動株比率が高い銘柄を売り、低い銘柄を買うだけで、相場の方向性に左右されずに安定的な運用成績を生み出すことができることが分かった。
    企業の自社株買いはともかく日銀のETF買いには「市場の価格形成機能を失う」などの批判が常につきまとう。しかしその批判は正しくても「政治的に考えて、日銀が株を売るという出口は実現しない」(一橋大学大学院の藤田勉特任教授)という可能性もある。

    実質的な流通株式が漸減していくニューノーマル(新常態)を投資家は想定すべきではないか。株式市場の需給が価格に与える影響を解剖する。

    Stairway to Heaven これらの結果、一部の「品薄株」の価格が高騰しているのが今の日本株の実相だ。専門家への取材を通じ、流通

  • 株価への上方圧力を生み出している第1の変化が日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れだ。日銀は2010年にETFの購入を始め、継続的にETFを通じて日本株を買っている。株価下落時にETFを買い下値を支えるというのが、市井の投資家が描く日銀の姿だろう。

    しかしそれだけを見ていると、大きな構造変化を見逃すという市場関係者は多い。ニッセイ基礎研究所の井出真吾氏は「日銀が一度に買う日本株は500億円程度だが、それが積み重なる『ストック効果』を生んだことで株式相場に大きな影響を与えるようになっている」と指摘する。

    ポイントは日銀が株式を放出しない主体であるということだ。ETFの購入を始めて10年超、日銀がETFを売ったことはない。ニッセイ基礎研によると、日銀が保有するETFの時価は50兆円を超えた。日銀は東証1部の7%ほどを保有しているニッポン株式会社の実質的な筆頭株主だが、株式市場からみると、日銀は現状では株式を吸収する主体にみえる。

    第2の変化が、自社株を買い入れる上場企業が増えたということだ。企業統治改革の進展で、上場企業も株式を市場から吸収する主体として定着した。半面、実質的な希薄化を招く自社株の売り出しなどの行動は忌避される傾向が強まっている。日経ヴェリタスの試算によると、東証1部で実質的に売買されている株式は足元で発行済み株式の60%を割り込み、5年前と比べると5ポイントほど減っている。

  • 「構造的にショート(空売り)がやりにくくなっている」。機関投資家向けに日本株のロング・ショート戦略のファンドを手掛けるアセットマネジメントOneの酒井義隆氏は日本の株式市場の変化を感じている。

    ロング・ショートは割高な銘柄を売り持ち、割安銘柄を買い持ちする戦略で、空売りは運用上欠かせない。もともと「(理論上、損失が青天井となる)ショートはロングよりも難しい」(酒井氏)と言われる中、運用成績自体は良好なものの、足元ではより一層ショートの対象銘柄を選ぶことに神経質になっているという。

    背景にあるのが、日本の株式市場における需給構造の変化だ。日経平均株価は新型コロナウイルス禍に見舞われた2020年に16%上昇した。しかしその間、海外投資家は現物と先物を通じて6兆円を売り越している。

    外国人と言えば、東証の売買代金の7割を占める最大の売買主体だ。その投資家が大きく売り越したにもかかわらず、日本の株式相場は上昇したことになる。東海東京調査センターの鈴木誠一氏は「フローベースの売りと買いが株価に与える影響が中立ではなく、買いが株価に与える影響が相対的に増してきている」と分析する。

  • 中国の規制当局は10日、ネット大手のアリババ集団に対して182億2800万元(約3000億円)の罰金処分を科す決定を出した。取引先に対してアリババの競合企業と取引をしないよう迫ったことが独占禁止法違反にあたると認定した。中国の独禁法違反としては過去最大の制裁金となる。アリババの経営に大きな打撃を与えることになりそうだ。

    独禁法を管轄する国家市場監督管理総局によると、罰金額はアリババの2019年の中国国内の売上高(4557億1200万元)の4%が対象となった。独禁法違反による制裁金は、2015年に半導体大手の米クアルコムが支払いを命じられた60億8800万元(約1000億円)がこれまでの最高だった。

  • 韓国LG電子は5日、スマートフォン事業から撤退すると発表した。外部への技術流出を懸念して売却を断念した。約3700人いるスマホ部門の人材は業績好調の家電やテレビ部門に転籍し技術を生かす。かつて日本の電機を追い込んだ韓国勢も中国企業の追い上げを受け、撤退戦を強いられ始めている。
    LG電子は北米や中南米、韓国中心に世界でスマホを販売。2020年12月期の販売台数は約2500万台で、売上高は5兆2171億ウォン(約5100億円)、営業損益は8412億ウォンの赤字だった。赤字は15年から6期連続で、この期間の累積赤字は5000億円規模に膨らんでいた。

    7月末をメドに自社スマホの販売を終了する。LG電子は「スマホの競争激化で事業不振が続いており、主力事業に集中する」と撤退の理由を説明した。権峰奭(クォン・ボンソク)最高経営責任者(CEO)は1月に「あらゆる可能性を綿密に検討している」と事業撤退の可能性について言及していた。

    これまで国内生産の撤退や外部委託の活用などでコスト削減を進めたが、黒字化の道筋が見えなかった。事業を売却すれば自社のスマホ関連の特許が外部企業に渡ってしまうという懸念もあり、事業停止を決めた。スマホ部門の人員は家電やテレビなど他事業部への異動を進めるほか、業績が急拡大している車載電池を手掛けるLG化学でも受け入れるという。

  • Stock futures climbed in overnight trading on Sunday as investors cheered a strong bounce in U.S. job growth last month amid accelerating vaccine rollout.

    Futures on the Dow Jones Industrial Average jumped 200 points. S&P 500 futures rose 0.5% and Nasdaq 100 futures edged up 0.2%.

    The Labor Department reported Friday that nonfarm payrolls increased by 916,000 in March, the highest since August 2020, while the unemployment rate fell to 6%. Economists surveyed by Dow Jones were expecting an increase of 675,000 and a jobless rate of 6%.

  • これ少なからず円安誘導を示唆してると思料してます(^^♪

    日米両政府は半導体など重要部品の安定供給網(サプライチェーン)の構築で協力する調整に入った。研究開発や生産の体制を役割分担するため、関係省庁による作業部会を設置する。
    16日に予定する菅義偉首相とバイデン米大統領の首脳会談で合意をめざす。

  • ソニーグループは米国時間1日、子会社の米ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)がブラジルの音楽会社「ソンリブレ」を、14億3800万ブラジルレアル(約283億円)で買収すると発表した。ブラジルの音楽市場の成長を取り込むとともに、同国のアーティストや楽曲を世界に売り込む。

    ブラジルの大手メディアグループのグロボから、ソンリブレの事業を取得することで合意した。同社はブラジル国内でアーティストの育成や音楽出版を手掛けており、大規模な音楽イベントや音楽配信プラットフォームも運営する。

    買収後はこれらの事業をSMEと連携して取り組む。音楽配信サービスの普及で、各国の楽曲が世界中で楽しまれやすくなっており、買収によりSMEはコンテンツの幅を広げられる。

    SMEのロブ・ストリンガー最高経営責任者(CEO)は「ブラジルは世界で最もダイナミックで競争環境の激しい成長市場の一つ。今回の投資を通じ、ソンリブレとの関係を深化できる」とコメントした。

    ソニーグループはエンターテインメント領域を成長事業と位置づけ、コンテンツ分野への投資を進めてきた。2015年に音楽作品の配信システムを手掛ける米オーチャードメディアを買収。21年2月には米音楽出版会社から、音楽の配信支援サービスを手掛ける「AWAL」などを約450億円で買収すると発表している。

  • 米アップルが本社の電力をまかなうために建設中の米国最大級の蓄電施設で、米テスラ製の蓄電システムを採用したことが1日、明らかになった。米メディアは購入額が5000万ドル(約55億円)超に上ると試算している。

    アップルはカリフォルニア州にある太陽光発電施設で日中に発電した余剰電力を貯め、必要に応じて本社などに供給する大型蓄電施設の建設を進めている。予定地である同州モントレー郡の開示資料によって、同施設でテスラが電力事業者などに販売している「メガパック」と呼ぶ蓄電システム85台を採用したことが判明した。

    アップルは新施設の蓄電容量が約7000世帯の1日分の消費電力に相当する240メガ(メガは100万)ワット時に上り、米国最大級だと説明している。メガパックの価格は1キロワット時あたり200~300ドルとされ、米メディアはアップルが購入代金としてテスラに5000万ドル以上を支払うと推測している。両社のコメントは得られていない。

    アップルとテスラは現在、直接の競合関係にはないものの、両社の間では半導体やソフトウエア分野を中心に人材の引き抜き合いが活発とされる。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は2020年末、業績が不振だった頃に同社の買収をアップルに打診したが、面会を断られたと暴露している。

    アップルは長年、電気自動車(EV)市場への参入が噂されており、21年1月にはEV生産の委託について韓国・現代自動車グループと交渉している事実が明らかになった。将来の競合となりうるテスラとの大型取引は、両社の今後の関係に影響する可能性もある。

  • 米国証券取引委員会(SEC)も事態を注視する。アルケゴス・キャピタル・マネジメントは正確にはヘッジファンドではなく資産管理会社なので「シャドー(影の)ヘッジファンド」とも呼ばれる。それゆえ情報開示義務はなく、規制をすり抜けやすい。富裕層の資産管理会社は、そもそも保守的な運用で資産を守る役目を果たしていたが、最近は積極的運用にも手を広げている。SECとしては、トランプ前米大統領時代の規制緩和が骨抜きにしたと映る。元SEC幹部はテレビで「スタッフを減らされ、要検査対象の1割程度しか実行できなかった」と振り返る。その反動で、ゲンスラー新SEC委員長が、バイデン新政権のもとで規制強化に乗り出すキッカケにもなりそうだ。ウォール街にとっては懸念材料となった。

    今回の一件は、システミックリスクに発展する可能性は低いと市場ではみられている。しかし、トランプ時代の規制緩和により生じた規制の抜け穴の全貌は不明だ。思わぬところに局所的リスクの塊が残っているかもしれない。投資家は身構えている。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ワンマン経営とされたホワン氏がインサイダー取引疑惑で香港の証券規制当局と米証券取引委員会(SEC)の摘発を受けてからは、タイガー・アジアで働いていた日本人を含む従業員の多くが会社を去り、タイガーの威光は消えたかと思われた。

    ホワン氏はインサイダー情報を違法に利用して中国の銀行株を空売りした疑いで、12年に4400万ドルの制裁金をSECに支払って和解した。こうした「前科」がありながら、アルケゴスと取引した野村やクレディ・スイスは法令順守やリスク管理のあり方が問われそうだ。

    注目されたもう一つの死角が「ファミリーオフィス」だ。アルケゴスは、富裕な個人投資家や家族の資産を運用し、税務や寄付などの助言なども請け負うファミリーオフィスという分類だ。ヘッジファンドと似たような運用をしながら、保有株のSECへの報告など多くの規制が免除されている。巨額の投資ポジションも開示されない状況で投資銀行が手数料目当てにこぞってアルケゴスと取引したことが、今回の相次ぐ追い証発生につながった可能性がある。

    過去数年間にヘッジファンドがファミリーオフィスに転換する例が相次いでおり、「次のアルケゴス」が出てもおかしくない。SECは規制を見直す必要があるかもしれない。アルケゴスを巡る巨額損失は長い間米金融市場の死角となっていた問題をあぶり出した。

  • 29日の米株式相場は3営業日続伸。投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントが投資損失から資産の投げ売りを余儀なくされ、取引先の野村ホールディングスやクレディ・スイス・グループが巨額損失を計上する可能性があると発表。いったんは相場全体を押し下げたが、新型コロナウイルスのワクチン普及への期待から持ち直した。

    アルケゴスの創業者ビル・ホワン氏とはどんな人物か。市場関係者の間ではこの話題で持ちきりだった。あまり知られていない会社が世界の大手金融機関に巨額の損失をもたらすほどの打撃を与える出来事は、米金融市場におけるふたつの死角に光を当てた。

    一つがホワン氏が運用していたヘッジファンド会社の系譜だ。アルケゴス設立前にホワン氏が携わったタイガー・アジア・マネジメントは、世界に広がる「タイガー・カブ」の一つだ。これはヘッジファンド業界のレジェンドといわれるジュリアン・ロバートソン氏が1980年代に設立したタイガー・マネジメントの運用担当者が、同氏の助言やシードマネーなどを受けて独立したヘッジファンド運用会社を指す。

    すでにタイガーの子供から孫、ひ孫までカブが世界中に50社ほどあり、ロバートソン氏の運用哲学を引き継ぎながらタイガーの名声を武器にヘッジファンドを運用している。ホワン氏が2001年に設立したタイガー・アジアは10年ほどで当地の業界でも最大規模に成長した。アジアでヘッジファンド運用に関わったある弁護士は「タイガー・カブだから巨額の取引をするだろうとみた投資銀行が、こぞって融資や取引サービスを提供したからだ」と指摘する。

    タイガー・アジアとの取引に関わったある市場関係者は「日本の証券会社はタイガー・アジアの日本株売買注文で巨額の手数料を稼いでいた」という。ゴールドマン・サックスから野村に至るまで、ホワン氏の運用するアジア株ファンドの株式売買でタイガーの七光りの威力に期待していたのだろう。



    ホワン氏はインサイダー情報を違法に利用して中国の銀行株を空売りした疑いで、12年に4400万ドルの制裁金をSECに支払って和解した。こうした「前科」がありながら、アルケゴスと取引した野村やクレディ・スイスは法令順守やリスク管理のあり方が問われそうだ。

  • 先の読みづらい「VUCA」(ブーカ=変動性・不確実性・複雑性・曖昧性)の時代に入った

  • ソニーは28日、電気自動車(EV)の試作車「VISION-S(ビジョンS)」を国内で一般向けに初めて公開した。同社のセンサーを搭載し、車内外の状況を把握して運転に役立てられる。国内では年内にも公道での実験を始めたい考えだ。

    ソニーは2020年1月にデジタル技術見本市「CES」で初めてビジョンSを公開した。犬型ロボット「aibo(アイボ)」を手掛けたチームが開発。車内にはディスプレーを搭載し、映画などのエンターテインメントを楽しめる。20年12月からオーストリアの公道での走行実験に乗り出している。この日は東京・世田谷で国内外のEVを展示するイベントの一環として披露した。

    自動車業界では米アップルが投入を検討しているとされる「アップルカー」など異業種参入が注目されているが、ソニーは車両の販売や量産は予定していない。

  • 米テスラは24日、同社製の電気自動車(EV)などについて暗号資産(仮想通貨)のビットコインによる支払いを受け付け始めた。自動車大手がビットコイン決済を始めるのは初めてとみられる。当初は米国内の購入者に限るが、年内に米国外でも対応するという

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan