IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

本日のテーマは中級者向けです☆
「原理・原則①」について投稿します☆

本日はランダムウォーク理論に
焦点を当てます☆

要点だけを絞って説明していきますので
初心者の方には難しいと思います☆

ランダムウォーク理論とは、簡単に言えば相場の価格はランダムに動いていて予測が出来ないという理論です☆

つまり相場の価格動向は予測出来ないという事になります☆

では何故ランダムウォークが成立するのか?

答えは投機が存在しているからです☆

実需だけの相場であれば、経済動向を反映した資金のみが国交間で行われます☆

しかし投機が存在する場合、その経済動向を先取り(予想)して差益を狙う行動が起こります☆

実需による相場では、経済を反映した適正な基準値が存在します☆

ここに投機が入る事でこの先を見据えた売買が発生すると、経済動向の基準値から外れた値となります☆

何故なら今の基準値から先の基準値を予想して売買する訳ですから、基準値から必然的に高い価格、もしくは安い価格になります☆

この予想値が世界中の人々によって行われるのでランダムウォークとなるのです☆

基準値より予想値の乖離が広がれば、基準値に戻ろうとしますし、近付けば予想値へと離れるという事です☆

このランダムウォークでは、正しい予想投機、間違った予想投機、正しい予想のストップを狙った投機、間違った予想のストップを狙った投機、根拠の無い投機など様々な予想値による投機が行われているのです☆

これら全てを予想する事は不可能です☆
そして相場予想とは半丁博打、ギャンブルと呼ばれる由来なのです☆

まずはこの事をしっかりと
理解しておいて下さいな☆

明日は中級者向けテーマの
「原理・原則②」です☆
アービトラージに焦点を
当てた投稿を行ないます☆

必ず一つずつ理解してから
読み進めて下さいな☆

全ての内容が繋がってきますので☆

それでは良いトレードを☆