IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
(株)KSK - 株価チャート

1,740

+20(+1.16%)
  • 前日終値
    1,720(03/30)
  • 始値
    1,718(09:00)
  • 高値
    1,740(09:01)
  • 安値
    1,718(09:00)
  • 434(最新)

    jiroo22 1月17日 12:12

    自殺達成者
    自殺達成者
    自殺達成者

    ジャスダック唯一の健康経営ホワイト500ksk関係者の発言。
    自分の部下であるパワハラで自殺未遂した新入社員に対して発した言葉。死にぞこないということなのか。
    部下の自殺者数を各営業部ごとに部長に競わせているから、目標達成という意味で、自殺達成者という言葉がつい出てしまったのか。

    ホワイト認定した経産省、健康経営を管轄する厚生労働省、千葉県庁に、この会社の実態を訴えていく。

    〜若者の命を守る政経ジャーナル〜

  • 自殺達成者は過去に居ただろけど一々騒がんよ
    〜kskサイト内のコメント〜

    人間性の欠片も感じられないコメントは、
    令和元年(ハ)第10435号事件の関係者か。

    新入社員を僅か3カ月で自殺未遂に追い込んだパワハラ&違法解雇事件の裁判が、令和2年2月7日午後2時30分に千葉裁判所211号法廷で開かれる。被告は、KSKテクノサポート、〇〇チームリーダー。

    〜真実を追究する政経ジャーナル〜

  • >>428

    有名サイト情報システム板を賑わせている「自殺未遂ksk無給研修その11」
    「うちの会社にはサイコパスが何人かいて、何をするか分からん」と脅迫をその10で受けたり、「ゴミ」呼ばわりされたりしても原告側は我慢してきたが、看過できない投稿があった。
    「0155 非決定性名無しさん 2020/01/16 23:23:15
    自殺達成者は過去に居ただろけど一々騒がんよ
    他の社員に邪推されるだけだし死の前日にジコツゴウタイショクしたことになるでしょ、普通」

    パワハラで心身を病み会社に行けない状態になった途端に違法退職に追い込み、その結果、自殺未遂をした新入社員に対する言葉。
    自殺未遂までの経過に詳しいので、被告の周辺の関係者と思われる。
    自殺が横行する会社とも読み取れる。確かに、kskテクノサポート社長に自殺未遂を訴えたら、うちには関係ないと、やけに落ち着いて言われた。慣れているなと思わされた。これが、牧野社長が胸を張るジャスダック唯一の健康経営ホワイト500の姿。

    〜若者の命を守る政経ジャーナル〜

  • >>430

    ksk内部における不平等の疑義

    早速、昨日の投稿に反応があった。

    ①kskカレッジ研修の待遇の差別
    →本社は、社内研修→通常の給与
    →テクノサポートは、採用するかどうかを決める試験としての一月半の缶詰め研修→ここで首になる研修生も少なからずいる
    以上のようにある某サイトで証言があった。

    松岡社長インタビュー記事には、kskカレッジをテクノサポートの新人研修と称し、あたかも社内研修の一環として書かれている。社長の発言を一般人が読めば、テクノサポートでも社員として、カレッジ研修生は待遇を受けられると受け取る。ならば、最賃法違反の虞があり、少なくとも職安法違反の虞がある。

    ②本社の人間の一部は、テクノサポートの人間を○○○○と差別用語で呼んでいる。
    人間として許せない発言。私へも様々な脅しがある。これがkskの誇る人間力なのか…

    私係とおっしゃる社長と執行役員は、逃げないで責任ある回答を小職にお願いしたい。

    〜真実を追究し、公益を守る政経ジャーナル〜

  • >>391

    391のサイトをご覧下さい。
    KSKテクノサポート社長の発言への疑問です。

    発言①「うちの会社は全員タバコ吸いません」
    →社員がタバコを吸っているのを目撃したことがあるし、複数の社員が吸っていると自ら発言している。
    →健康経営という看板を掲げて大丈夫なのか?

    発言②「ちなみに、KSKテクノサポートでは社員の意識を変えるためにどのような取り組みをされているんですか?→うちの会社の場合だと、まずはKSKカレッジでの新人研修という取り組みでしょう」

    →資格を取らせる為の入社前研修を新人研修と社長は述べ、会社に必要な研修と言っている。そして、このサイト内では、資格が取れないと入社できないと書かれていない。
    →労基署が指摘するところのカレッジ生と会社との雇用契約が成立していると認められる社長の発言、就活サイトの表現ではないか?
    →最低賃金法違反の疑義が生じている。

    是非一度この疑問に対する返答を小職にお願いしたい

    〜真実を求め若者を守る政経ジャーナル〜

  • 令和元年(ハ)第10435号事件

    新入社員を僅か3カ月で自殺未遂に追い込んだパワハラ&違法解雇事件の裁判が、令和2年2月7日午後2時30分に千葉裁判所211号法廷で開かれる。被告は、KSKテクノサポート、〇〇チームリーダー。
    訴状は様々な社内の方々のパワハラを裏付ける証言から構成されている。民法709条不法行為はおろか、刑法に触れる虞のある行為が当事者だけでなく、取材を進める中で、社外の方々の証言が取れていることも分かった。
    労働局斡旋で、KSKテクノサポートがケチりながら和解金を提示していることからも、パワハラの事実は消し去り難いのだろう。
    この裁判が無いかのように触れ回っているようだが、真実からは逃れられない。
    噂によると、この事件絡みで社内処分があったとのことだが、内部告発者が処分されていないことを祈りたい。もし、そうなら、内部告発者の処分撤回と不法に退職に追い込んだ就業規則違反行為に対する処分を求める裁判も起こすと原告側は述べている。

    〜真実を求め、日本の未来を創る若者を守る政経ジャーナル〜

  • 賑わっているスレ

    すべてが事実ではないが、会社の空気が分かるスレを紹介する。刺激がきついので、未成年は禁止、成人は自己責任で見てください。

    https://itest.5ch.net/matsuri/test/read.cgi/infosys/1577585629

    ちなみに、スレ10の950からスレ11まで見ると、
    令和元年(ハ)第10435号事件の原告への脅し、侮辱などが平気でコメントされている。応援メッセージもあるが、その中で、裁判など無いという噂を流す輩がいると教えてくれる方もいる。
    上記の事件番号を千葉地方裁判所に電話すれば、いつ裁判があるか教えてくれる。パワハラ事件裁判は事実です。その前の労働局斡旋でkskテクノサポートが和解金をけちって60万円を提示したのも事実です。
    kskの方々、真実から目をそむけず、ホワイト認定ルールに抵触しているか、向き合って下さい。

  • >>425

    ストックオプション制度の不平等
    役員には18,600株程、ストックオプションで配られているので、先週までを基準とすると、約744万円の利益が出ている。あるksk社員は懸命に切り詰めて、一月1万5000円を貯蓄しているらしいが、40年かかっても、それに届かない…
    ちなみに、本日の下落で、社員は253万円の損失が出ている。
    このサイトは社長もご覧頂いているが、この不平等は、kskの誇る人間力の差と解釈して宜しいのだろうか?

    小職にご回答頂きたい。

    〜真実を追究する政経ジャーナル〜

  • ホワイト認定の可否

    令和元年(ハ)第10435号事件
    新入社員を僅か3カ月で自殺未遂に追い込んだパワハラ&違法解雇事件の裁判が、令和2年2月7日午後2時30分に千葉裁判所211号法廷で開かれる。被告は、KSKテクノサポート、〇〇チームリーダー。
    この時点でホワイト認定基準を満たさなくなっているのではないか? いや、その前の労働局斡旋で、kskが60万円の和解金を申し出て、事実上、パワハラを認めている時点で、ホワイト企業や健康経営の看板を出す道義上の責任は発生している。
    ならば、経産省のホワイトルール「申請時点で記載した事実・取組状況に変更が生じ、その結果、認定基準を満たさなくなった場合についても、速やかに認定書返納届及び認定書を返納してください」を、kskは実行するべきでないのか?
    事件発生を経営陣は認識しているのに、会社は様々な健康経営系の表彰を受け、平然と宣伝するのは、どのような神経なのか?
    かつて福田元首相は、「人間の命は地球より重い」という言葉を残したが、kskは、社員の命は会社より、60万円より、軽いのだろう。

    これが、JASDAQ唯一の健康経営、3年連続ホワイト企業という看板の実態なのだ。

    〜真実を追究し、若者の命を守る政経ジャーナル〜

  • ストックオプション制度の疑問

    役員は1500円台
    社員は1900円台

    昨年末の株価では、社員が損をし、役員は大儲けとなっている。この差別の合理的理由を、不勉強な小職に是非教えて頂きたい。

    〜真実を追究する政経ジャーナル〜

  • (ハ)10435号事件の起きた9月の下旬から
    今日まで12月第4週の週間売買高を平均化し比較。

    2017年  2018年  2019年
    32415  19154   5046

    今年の後半は、一昨年の15%、昨年の26%の売買量に減少。

    せっかく、ストックオプションで1500円台で株を社内にばらまいたのに、売るに売れない状況が続いていることが分かる。光通信の買いは一段落したのだろうか?

    法律を遵守して会社を運営することが大切だ。

    ~若者の未来を守る政経ジャーナル~

  • ここ数年、ホワイト500の認定が功を奏して大量に新卒を採用しているけど、所詮はアリバイ作りで得た飾りに過ぎない。
    このご時世だし、ホワイトなイメージに期待して入ってきた新人も多くいるだろうけど、人間力教育の名において業務外活動の強制やパワハラが正当化されてしまうような体質が是正されなければ、いずれ実態が露呈するような事件が起こるのも時間の問題のような気がする。
    株価が右肩上がりの今、もしそんな事件が起きたら会社にとってどれ程のリスクにるのかトップは認識しているのだろうか。

    某有名口コミサイトでの、ある社員の方の発言です。
    昨年度のものですが、鋭い考察です。
    この方レベルの知性とモラル感を、会社の社長、役員、部長クラスが持っていれば、まともな会社なんですけどね…

  • >>418

    silさま

    ご発言ありがとうございます。

    労働局斡旋でも、会社は賠償金を提示してきたので、裁判も、勇気ある内部告発者達の証言で楽勝の見通しです。○○チームリーダー、会社から見離されないようにご注意ください。

    silさま、出来れば過去の投稿をご覧いただき、被害者の会にご連絡ください。被害者の輪を作って、会社から虫けら扱いされる被害者の拡大を防ぎたいと考えています。
    どうぞ、宜しくお願い致します😊

  • 牧野社長だけではなくって、河村さんが社長していたときの影の部分ですよね。河村さんはイエスマンに囲まれて、泣いている社員を見過ごした結果ですよ、これ。
    大企業にはパワハラ防止法が適用される時代(KSKは従業員2000名の立派な大企業) 片手の不自由なマネージャーなんて、とっとと首切らないとまずいですよねぇ、河村さん。

  • 〇〇リーダーが新入社員を100日で自殺未遂に追い込んだ(ハ)10435事件の裁判が千葉で2月7日に開かれるが、その事実を否定し続けたKSKテクノサポート社長にも同様の訴状が送られている。それには、内部告発者達の録音されたパワハラを裏付ける多数の証言が収められている。
    社長は、面従腹背の部下たちに囲まれているのか、または、イエスマンに囲まれ都合の悪い情報が入ってこないのか、そのどちらかにしても、裸の王様状態である。社長は、自ら否定し続けた数々の事実が部下の証言によって虚偽と証明されたとき、どう釈明するのであろうか。どう責任を取るのであろうか。

    心配なのは、内部告発者達の行方である。そのKSKの人間力を具現化された方々に、一ミリでも不利益なことがあれば、それこそ、ホワイト企業500・健康経営銘柄選定をした国家や世界市場を担う東証の顔に泥を塗ることになる。

    事件の拡大化の虞をマスコミは注目して見守っている。

  • 入社100日で自殺未遂に追い込んだチームリーダーに裁判所から訴状が送られた。そこには、勇気ある内部告発者達の○○リーダーのパワハラを裏付ける証言が数多く書かれている。
    来年2月7日に第一回の裁判が千葉で行われるが、公開の法廷で、どんなに酷いパワハラがあったことが、証拠と共に示される。

    各マスコミは内部告発者達に会社が処分するかどうかも注目している。

    ~真実を追究し、若者の未来を守る政経ジャーナル~

  • ホワイト企業500&健康経営銘柄を誇るKSK関連会社で
    入社わずか3カ月の新入社員を、パワハラ・違法解雇で
    自殺未遂に追い込んだ事件が9月に発生した。

    KSKテクノサポート社長は被害者家族に「裁判でも何でもどうぞ。逃げも隠れもしない」と宣言しておきながら、10月、11月と逃げ通した。
    そして追いかける被害者家族に「解雇を巡る紛争は法的活動なので、(病気で動けない)本人が動くか、弁護士を立てて活動しないと違法行為である」と通達してきた。被害者家族は障碍者を抱え弁護士を雇う余裕がないこと、本人はPTSDを発症し動けないことを見越した、国民の最重要な権利である「裁判を受ける権利」を奪う行為に社長は打って出たのである。
    しかし、労働局のあっせんや労働基準監督署への訴え、簡易裁判所における民事訴訟は家族でも出来るので、社長の通達は欺罔行為と言ってよい。刑事告訴も被害者家族は検討している。

    漸く出頭した11月29日の労働局あっせんで20万円の和解金を提示。
    命の値段にしてはあまりにも馬鹿にしていると被害者が撥ねつけると、
    一転して60万円の和解金が提示されたが、誠意がないと不調に終わる。

    来週早々に裁判所は一連の事件の訴状を受理する見込みだ。
    パワハラ・違法解雇を証明する客観的な証拠を被害者は示してきたので、
    労働局あっせんでKSKテクノサポートは60万円で収めようとしたが、
    民事訴訟の公開の法廷で驚くべきパワハラ・違法解雇の証拠が出されれば、
    国家認定のホワイト企業500や健康経営銘柄選定と言っても、
    こんなレベルなのかと、世間を驚かせるだろう。

    慌ただしい年末・年始になりそうだ。

    人権を守る戦いに、若者の命を守る戦いに、
    嘘は突き通せないことを証明するために、
    政経ジャーナルは全力で協力をしていく。

  • >>342

    12/10
    1890+50引けピン
    2020/3EPS 167.4円→PER 11.3倍

    【特色】独立系ソフトウェアの中堅。NECグループ依存度は2割。ネットワークサービスの比重拡大
    【連続増益】システムコアは半導体設計分野で稼働率低下響く。が、主力のネットワークサービスは受注好調、積極的人材投資も生きる。パッケージソフトの減価償却負担続くが、粗利益増加分で吸収。記念配落ちるが、普通配は配当性向30%で増加。
    【積極姿勢】採用にかかる経費前倒し、新人教育強化。中途採用も積極的。住宅建設向けパッケージソフト販売に継続努力。


    ■財務省 : 11月11日受付
    ■発行会社: KSK <9687> [JQ]
    ■提出者 : 光通信

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2019/11/01  6.04% →  7.04%     537,600  2019/11/11 15:41

  • パワハラ・違法解雇で自殺未遂に追い込んだ従業員へ
    KSKは、労働局で60万円の和解金を提案

    ホワイト企業500と健康経営銘柄の看板を信じ
    懸命に働いた若者を僅か3カ月で自殺未遂に追い込む。

    パワハラと違法解雇を否定し続けたKSKがなぜか一転し、
    60万円の和解金を提案したというのは
    パワハラ違法解雇を認めたということか。
    ならば、その当事者は就業規則によって懲戒解雇になる。

    命まで奪おうとした値段が60万円とは……。
    さすがに、無借金経営だけある。

    被害者は、民事訴訟、刑事告発を準備中。
    KSK被害者の会は最大限に応援していくそうだ。

    KSK被害者の会への連絡は、
    kskhigaisyanokai@yahoo.co.jp
    プライバシー厳守、完全無料です。

    ~真実を追究する政経ジャーナル~

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan