IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ガッツリ下がってからのストップ高からのマイ転のまたストッポ付近・・・すごい値動きなの。
でも、これは買いたい人が買えて、売りたい人が売れる、とても良い状態なの。
非常に癖のある値動きで、長期ホルダーが疑心暗鬼、そんな中でのここまでの上昇は非常に強いの。

コメントも、全部読みきれないくらい活発になっているのだけど、
とにかくここは事業価値・ポテンシャルが非常に高くて、時価総額が非常に安い、ということなの。

NTTやJRなんかの大手と仕事をしてるのだけど、「下請け」と「パートナー」の違いは、対等な関係で適正利益を得られているか、なの。
で、ここは万年赤字の疑義状態から黒転したのだけど、その黒字の源泉がNTTと組んでの無線環境構築の仕事で、
民主時代の大不況下で、NTTのお仕事で大幅黒字、ということは下請けではなくパートナーなの。

インフラ面でNTTと組んで、JRや主要国際空港や自治体やセブンイレブンなんかでの無線環境(インターネットのインフラは、アナログ→ISDN→(脇道それたADSL)→光と来て、次は無線の時代)構築、
そして広告面で電通博報堂とキー局5局と組んでいるという、スーパーな状態なの。
オンタイム・オンスポットでの個人別カスタマイズされた広告(インターネットの特性)と、
現行のTVCMの強みである「プッシュ性」を兼ね備えた、リアルとネットをつないだ上にメディアのマス性も加えたO2O2Oの事業は非常に注目なの。
MWC2014に出展し、海外からも引き合いが来てるの(当然時間のかかる案件だから、まだ数字にはつながっていないけど、そろそろ進展があっても良さそうな・・?)

利益がイマイチ伸びないのは、
・過去の赤字事業の撤退コスト
・今後に向けての増員と増床
・同じくM&A(海外も)や子会社設立など積極的な拡大
・同じく福岡事業所設立
と、今後のための拡大先行投資分なの。
今後の見通しが明るくなければ、新たに福岡支店なんて作らないの。