ここから本文です

資産と負債の数値を第1四半期~第3四半期の推移で見てみると資産の増加に対して負債の増加が抑え込まれてる。(特に第2四半期~第3四半期)
つまりは売上は順調に拡大していて、それにかかるコストは横ばいに抑えている企業体質になっているようですね。
このまま推移するならば、第4四半期はさらなる利益が乗りそうです。
今の通期予想は第3四半期の利益をそのまま第4四半期も横ばいで算出したもの。
おそらく第4四半期は横ばいでは終わらない。
となると、本決算ではさらなる上方修正(営業利益5億かな?)が見込まれそうです。
株価1500円くらいが妥当と思っています。
そしてさらにIoTの分野が伸びて欲しい。
ポケトークは今期くらいまででしょうから、その他に期待ですね。