IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
シキボウ(株) - 株価チャート

899

-1(-0.11%)
  • 前日終値
    900(06/27)
  • 始値
    900(09:00)
  • 高値
    903(09:31)
  • 安値
    892(13:01)

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 666(最新)

    kit***** 6月28日 20:18

    サル痘、欧州の危険性「高い」に
    50カ国に感染拡大
    2022/6/28 18:50 (JST)6/28 19:03 (JST)updated

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は27日付の報告で、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、これまで世界全体で「並」としてきた危険性評価を、感染者の86%を占めるWHO欧州地域事務局管内(旧ソ連やトルコを含む)だけを「高い」に引き上げた。今年の感染者は22日時点で50カ国・地域の3413人に上った。

     危険性評価は新型コロナウイルス感染症では、中国を最高の「非常に高い」、その他を「高い」としていた2020年1月30日に、緊急事態を宣言。その後、同年2月28日に世界全体を「非常に高い」に引き上げ、世界的流行を認定した形となっていた。

  • いやいや、これからが本番でしょう
    可能性としてどれくらいかは全く分かりませんが
    今後、サル痘に対する対策強化が求められる事態になれば
    ホテルや病院の寝具やタオルでフルテクトが使われるという可能性充分あります


    【材料】川本産業が大幅安、WHOがサル痘「緊急事態」見送りで
    川本産業 <日足> 「株探」多機能チャートより 川本産業<3604>が大幅安。欧米を中心に感染が拡大している天然痘に似た感染症「サル痘」について、世界保健機関(WHO)が25日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当しないとの判断を示した。これを受け、同社株には思惑が外れた格好で売りが先行している。

  • たった、1か月でずいぶん世界中に感染が広まりました
    日本に当然上陸するでしょう
    当初から言われていた通り、人の動きが活発になる夏が勝負です

  • サル痘 WHO発表
    5月7日 確認
    5月21日 感染確認国12 感染確認者92人
    5月26日 感染確認国20以上 感染確認者200人以上 疑い例100以上
    5月29日 感染確認国23カ国、感染確認者257人 疑い例約120件
    5月31日 感染確認国30カ国、感染確認者550人
    6月5日 感染確認国アフリカ諸国以外の27カ国 アフリカ7か国、感染確認者アフリカ諸国以外780人
    アフリカ諸国 感染確認者1452人、死者66人
    6月8日 感染確認国アフリカ諸国以外の29カ国 感染確認者1000人超確認
    6月8日 感染確認者1200人
    6月9日 感染確認国アフリカ諸国以外31カ国、感染確認者1356人
    6月24日 感染確認国アフリカ諸国以外47の国と地域、感染確認者4106人

    欧米などを中心に報告が相次ぐ「サル痘」について、WHO=世界保健機関は専門家による緊急の委員会を招集し「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか協議しましたが、25日、現時点では緊急事態にはあたらないと判断したと発表しました。

    欧米などでは「サル痘」の報告が相次いでいて、アメリカCDC=疾病対策センターのまとめでは今月24日までに「サル痘」が定着していない47の国と地域で、4106人の感染者が確認されています。

    こうした事態を受けてWHOは23日、各国の専門家による緊急の委員会を招集し、今回の感染の広がりが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか協議しましたが、テドロス事務局長は25日、現時点では緊急事態にはあたらないと判断したと発表しました。

    一方で、緊急の委員会は「サル痘」が定着していない国や地域でこれほど感染が広がるのは異例で今後もさらに広がるおそれがあることから、引き続き状況を注意深く監視し、さらに情報を収集したうえで、今回の結論を再検討する必要があるかどうか数週間後に判断すべきだと助言しました。

  • 台湾で初のサル痘感染例、ドイツ留学帰りの男性

    [台北 24日 ロイター] - 台湾で24日、海外からの渡航者から初のサル痘感染者を確認した。今年1月から6月までドイツに留学していた20代の男性という。

    台湾の疾病管理センターによると、この男性は6月16日に飛行機で台湾に戻り、新型コロナウイルスの検疫義務に従い帰宅した。20日に発熱や喉の痛み、発疹などの症状を発症し、検査の結果サル痘に感染が確認された。

  • 今度のウイルスは、寝具やタオルで感染するので
    材料的にはドストライクなんですけど
    どうなりますか

    サル痘、市中感染例も発生=米疾病対策センター
    6/24(金) 10:18配信

    ロイター
     米疾病対策センター(CDC)は、天然痘に似た感染症「サル痘」について、海外渡航歴のある人の感染報告以外に市中感染例も確認されていると明らかにした。写真はイメージ。5月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

    [23日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)は、天然痘に似た感染症「サル痘」について、海外渡航歴のある人の感染報告以外に市中感染例も確認されていると明らかにした。

    CDCのアガム・ラオ氏は23日のパネル会議で、主に男性間の性行為によって感染した事例が報告されているが、女性も感染していると説明した。

    サル痘はこれまでは主にアフリカの一部地域で発生していたが、今回はそれ以外の地域でも感染が確認されており、懸念が高まっている。

    CDCによると、家族や身近な人の間で感染した例もあるという。

    ラオ氏は、同じ家で寝具やタオルなどを共有する人の間での感染が世界的に確認されていると述べた。

    3109 - シキボウ(株) 今度のウイルスは、寝具やタオルで感染するので 材料的にはドストライクなんですけど どうなりますか

  • 「サル痘」対策株 逆行高
    マスク・防護服 特需にらむ
    2022年6月23日 2:00

    22日の東京株式市場で感染症対策に関連する銘柄が逆行高となった。同日に韓国政府が天然痘に似た症状が出る「サル痘」の感染者を初確認したと発表し、国内でもマスクや防護服に特需が生まれるとみた連想買いが広がった。市場全体の商いが低調ななか、個人投資家などの資金が値動きの軽いテーマ株に向かった面もありそうだ。

    22日はマスク製造の川本産業が前日比10%、防護服専門商社のアゼアスが6%上昇した。日経平均株価が0.4%下落するなかで逆行高となった。防じんマスクを手掛ける重松製作所は売買高が前日比で4倍に膨らむなど、個人による売買が活況になった。

    韓国でサル痘の感染者が初めて見つかったことが材料になった。サル痘はアフリカの一部地域で確認されていた感染症で、5月以降は欧米にも急速に広がっている。

    日本での感染者はまだ報告されていないものの、アジアの近隣諸国にも感染が拡大したことで関心が集まった。川本産業など22日に急騰した銘柄群は、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する直前の2020年1月下旬にも物色されていた経緯がある。

    感染症の抗体検査キットや配置薬の中京医薬は3%上昇した。米連邦準備理事会(FRB)による利上げ加速や景気不安が市場に広がるなか、ディフェンシブ性の高いヘルスケア関連が資金を集めていた流れもある。

    東証業種別株価指数「医薬品」は前日比2%上昇し、全33業種のなかで最も上昇率が大きかった。

  • このウイルスは皮膚の接触や衣服の接触で感染するので
    性風俗とかマッサージ店とか床屋とか
    マンガ喫茶、ホテル、コロナと別の影響があります
    あと服の試着なんかも危険かもしれません


    シンガポールでサル痘確認、東南アジアで初
    6/22(水) 3:15配信

    シンガポール保健省は21日、同国に入国した男性がサル痘に感染していたことを確認したと発表した。写真はサル痘感染の陽性・陰線を示した検査チューブ。5月23日撮影(2022 年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration/File Photo)

    [シンガポール/ロンドン 21日 ロイター] - シンガポール保健省は21日、同国に入国した男性がサル痘に感染していたことを確認したと発表した。東南アジアでは初の感染となる。


    韓国で初のサル痘感染疑い 2人が検査中
    6/22(水) 8:50配信

    仁川国際空港第1ターミナルに設置されたサル痘に関する案内板。海外から到着した人が検疫の順番を待っている(資料写真、共同取材)=(聯合ニュース)

    【ソウル、仁川聯合ニュース】韓国で21日、欧米を中心に患者が増えている動物由来のウイルス感染症「サル痘」の感染が疑われる人が初めて確認された。疾病管理庁が22日、前日に感染疑い例が2件報告され、現在検査を進めていると発表した。

  • そもそも、株価が動くような話自体、何年かに1度くらいしかないわけだし

    仮に株価が動く話を知っていたら
    掲示板になんか書く前に、株を買うに決まってるんだから先に株が上がります

    掲示板に「あの山に宝が埋まってます」という書き込みがないのと同じで
    「株価が動く材料があります」なんて書き込みがあるはずがありません
    あれば必ず先に株がすでに動いています

    そんな書き込みがあるはずないんです

  • ど素人ですが、ここの配当性向って異常に高くないですか?
    私の計算の仕方が間違っているのかな?
    にしてもこの配当ならすぐにでも買いたくなる銘柄ですね。

  • 1.サル痘は新型コロナほどの話題性や日本での広がりが無いので6/1の920円が天井。で、新型コロナの場合、噂段階で急騰し反動で新型コロナ前の底値よりもさらに株価下がった。まあ反動だけじゃないかもだけど。で、サル痘の話題性から新型コロナ並みの800円近くまで下がることは無いが5/19の872円を下回るんじゃない?という警告なのかな。急騰(というほど上がってないけど)には反動があるという。

    2.四季報で保険特益剥落な来期業績予想が出るかと思ったけど、連24. 3予がEPS154.7円と良い(ぱっと見ると)のに株価-5円。25年3月期に営業益25億円狙うがややハードル高いとか書かれると、じゃあどの程度?なのと脊髄反射的買いが抑止された?。まあ業績動向より新型コロナとかの話題性で急騰し暫くすると人気離散して急騰前に戻るを繰り返す傾向が強いし、固定資産多く持ってるし減損でるリスクもあり業績で買うというわけにはいかないとの警戒があるかな。もうそれなりに減損出し尽くしたと思うが。

    3.コロナな間にフィルターとか交換されなかった等で反動増で売り上げ伸びてもそれが一巡したら反動減があると思われているのか。海外比率が低いので円安な状態ではマイナス大きいからか。まあなんにせよ四季報で来期予想出て株価マイナス反応。地合い悪いのも大きいけど、地合いで下がったなら四季報の予想程度では今の地合いなら下がるということか。

    4.シキボウはtopixに係る段階的ウエイト低減銘柄だから需給面での重石あるのか?

    5.地合い次第ということなら日経平均先物上がったし6/20は少し騰がるのでは。

  • >>650

    Yahooの掲示板に株価に関係する書き込みなんて、ほとんどありません
    そんなこと期待してるあなたがおかしいんです

    株価に関係するような情報を書き込むバカなんていません
    ひょっとすると関係するかもというレベルだから書いてるんです

    株価に関する話は、公になってるような情報ばかりですから
    ここ見て売り買いしても、ただの情報弱者でカモになるだけです

  • サル痘、WHOが23日に「緊急事態」宣言を検討 名称の変更も

     世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は14日の定例記者会見で、動物由来のウイルス感染症「サル痘」について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当するかどうかを検討する緊急委員会を23日に開催すると発表した。緊急事態が宣言されれば、2020年1月30日に新型コロナウイルス感染症に出されて以来となる。

     テドロス氏は会見で、「ウイルスが異常な動きを示し、感染が確認された国が増えている。対応の引き上げを検討する時期が来た」と述べた。


     緊急事態宣言の是非は、専門家でつくる緊急委員会の議論を踏まえ、テドロス氏が最終判断する。宣言した場合、WHOは加盟国に感染拡大阻止のための措置を勧告し、各国はそれに応じた対策を取る必要がある。

     サル痘は従来、アフリカ中西部の国々で流行を繰り返してきた。最も被害の大きいコンゴ民主共和国(旧ザイール)では今年に入り、1300人以上に感染の疑いがあり、64人が死亡している。

     一方、アフリカ以外ではこれまで感染例はほとんどなかったが、今年5月以降、欧米を中心に拡大し、死者は出ていないものの、8日までに28カ国で1285人の感染が確認されている。

     サル痘は1958年に研究用のサルで初めて発見されたことから名付けられた。だが実際にはリスやネズミなどからもウイルスは見つかっており、テドロス氏は名称の変更も検討すると明らかにした。【パリ久野華代】

  • サル痘は空気感染はしないで、衣服とかの接触感染とのこと

    サル痘 WHO発表
    5月7日 確認
    5月21日 感染確認国12 感染確認者92人
    5月26日 感染確認国20以上 感染確認者200人以上 疑い例100以上
    5月29日 感染確認国23カ国、感染確認者257人 疑い例約120件
    5月31日 感染確認国30カ国、感染確認者550人
    6月5日 感染確認国アフリカ諸国以外の27カ国 アフリカ7か国、感染確認者アフリカ諸国以外780人
    アフリカ諸国 感染確認者1452人、死者66人
    6月8日 感染確認国アフリカ諸国以外の29カ国 感染確認者1000人超確認
    6月8日 感染確認者1200人
    6月9日 感染確認国アフリカ諸国以外31カ国、感染確認者1356人

    サル痘の空気感染例「報告なし」 米CDC
    (CNN) 天然痘に似た感染症「サル痘」について、米疾病対策センター(CDC)は9日に掲載したガイダンスで、空気中にとどまる小さなウイルス粒子による感染は「報告されていない」と明らかにした。

    対面での接触時に「唾液(だえき)や呼吸器の分泌物」を介して広がる可能性はあるが、これらの飛沫(ひまつ)は「すぐに落ちる」ため、空気感染はまれという。
    ガイダンスによると、サル痘のウイルスは主に感染者の体液や傷口に直接触れたり、リネンなどの汚染されたものを介して広がる。感染者の精液との接触や症状のない感染者との接触など、他の潜在的な感染経路についてまだ調査中だ。
    CDCによると、世界的にはウイルスが流行していない31カ国で1356症例が確認されている。

  • ■テロの可能性はないのか?
     なぜ感染力が弱いはずのサル痘が、世界中に広がっているのか? ウイルスに詳しい研究者が匿名を条件に言う。

    「可能性は2つあります。ひとつはサル痘ウイルスの遺伝子の一部が自然界で変異して感染力を増した可能性です。それならば、もっと大騒ぎになるはずです。もうひとつは考えたくはありませんが、テロの可能性です。サル痘ウイルスは天然痘ウイルスの仲間で撲滅された天然痘に似た症状があり、多くは軽症でありながらも重症化して亡くなることもある。そのため以前からバイオテロリズムに使用されることが懸念されてきました」

     いまの時代に生物テロなんて、と思いがちだが、厚労省研究班が作成する「バイオテロ対応ホームページ」には、バイオテロ関連疾患として天然痘と並び、その仲間であるサル痘も掲載されている。

    「このホームページ(以下HP)は医療機関向けにバイオテロ関連疾患の臨床診断や検査方法の情報を提供するためのものとして2008年に整備され、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪などを控えている2016年に一般公開されています。なぜ、撲滅したはずの天然痘がバイオテロ関連疾患とされているかといえば、天然痘ウイルスをすべて廃棄せずに、米国やロシアが保有しているからです。万一にもそれが流出すれば大変なことになります。そのため、天然痘ウイルスを持っていない国の中には、発症すれば似た症状があるサル痘ウイルスを研究しているところがあります。だからこそ、天然痘同様にサル痘も懸念しているのだと思います」(前出の研究者)

    都内の医師も言う。

    「これまでのサル痘の情報の出方をみると、WHОや各国政府の担当者は早い段階でサル痘の感染拡大を察知していたはずです。公表しなかったのは混乱を起こさないためで、公表したのは大丈夫と確信したせいかもしれません。しかし、感染症はどう広がるかは誰にもわからない。本来はヒト─ヒト感染しにくいサル痘が、世界中で感染拡大している異常さを私たちはもっと深刻に受け止めるべきかもしれません」

  • サル痘 WHO発表
    5月7日 確認
    5月21日 感染確認国12 感染確認者92人
    5月26日 感染確認国20以上 感染確認者200人以上 疑い例100以上
    5月29日 感染確認国23カ国、感染確認者257人 疑い例約120件
    5月31日 感染確認国30カ国、感染確認者550人
    6月5日 感染確認国アフリカ諸国以外の27カ国 アフリカ7か国、感染確認者アフリカ諸国以外780人
    アフリカ諸国 感染確認者1452人、死者66人
    6月8日 感染確認国アフリカ諸国以外の29カ国 感染確認者1000人超確認
    6月8日 感染確認者1200人

    「サル痘」警戒強化、入国増加に備え…29か国・地域で1200人感染
    2022/06/09 12:50

     アフリカ諸国で流行していた感染症「サル痘」の感染者が、欧米を中心に増加している。政府は警戒を強め対応マニュアルを公表するなど、感染の「疑い例」が出た場合に備えている。ただ、症状が似た天然痘に比べて感染力や致死率は低いため、専門家は「過度な心配は必要ない」と呼びかけている。

    欧米で急拡大
     米疾病対策センター(CDC)は、これまで流行していなかった英国やスペインなど29か国・地域で、サル痘や類似のウイルスへの感染者が8日時点で計1200人に上ったと発表した。渡航者に対する勧告を3段階中で2番目に高い「レベル2(注意強化)」に引き上げたという。世界保健機関(WHO)によると、これらの国・地域では死者は確認されていない。英国で5月上旬に確認されてから急速に拡大しており、WHOは「さらに広がる可能性は高い」と指摘している。

  • 【速報】サル痘の日本での流行「心配」75% JNN世論調査
    6/5(日) 23:33配信

    ヨーロッパを中心に天然痘に似た症状の感染症サル痘が流行する中、水際対策の緩和などによりサル痘が日本でも流行することについて、この土日にJNNが世論調査を行ったところ「非常に」「ある程度」を合わせ75%の人が「心配している」と答えました。

    ●非常に心配している 25%
    ●ある程度心配している 50%
    ●あまり心配していない 20%
    ●全く心配していない 3%

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan