IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

SBI証券のコピペだけど、ETF新株は高い時空売りされ安い時買い戻しで流通市場に出てくる感じみたいですね。
「例えば流通市場のETFの価格が非常に高くなり、保有している原資産バスケットの価格よりも(様々な裁定取引にかかるコストを加味したとしても)高くなった場合は、マーケットメイカーやその他の裁定取引業者(指定参加者を兼ねる場合も多い)は、バスケットを買い集めて指定参加者を通して発行市場でETFを設定し、その受益権を市場で売却することで利益を得ることが出来ます(実際は最初にETFを空売りすることになります)。逆にETFが原資産バスケットの価格よりも安くなった場合は、ETFを流通市場で買いつけて、指定参加者を通して原資産バスケットに交換してそのバスケットを売却すれば利益となります。このように2つの交換可能なものの値段がずれた場合には、そこに裁定取引機会が生じます。この裁定取引を様々な主体が行おうとすることによって、ETFの流通市場における価格は原資産バスケットの価格に近くなるように調整されているのです。」