カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

未成年がプロミスでお金を借りることは可能? 学生が借りる方法を解説

未成年がプロミスでお金を借りることは可能? 学生が借りる方法を解説

学生でもカードローンを利用できる、プロミス。未成年でもプロミスを利用できるのか、もし借りられない場合はどうすればよいのか、さまざまな疑問を抱えている人も少なくないはず。
そこで今回は、未成年がプロミスでお金を借りられるかどうかについて解説します。プロミスを利用する際の年齢制限や収入の条件、プロミスでお金を借りられない場合の対処法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1級FP技能士/内山FP総合事務所代表

監修者内山貴博外部サイト

証券会社勤務を経て2006年に独立。現在はライフプラン作成業務を中心に、セミナー・執筆・FP資格対策など幅広い活動を行っている。また、「FPとしてできることは何でも挑戦」することをモットーに、企業の経営サポートやグローバル展開など得意分野は多岐に渡る。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

18歳未満の未成年はプロミスでお金を借りることができない

18歳未満の未成年はプロミスでお金を借りることができない

出典元:Getty Images

18歳未満の未成年はプロミスでお金を借りることができません

お金を借りるなどの契約行為を未成年が行うことは民法で制限されており、実際に契約行為をする際は親の同意が必要になります。また、未成年が親の同意を得ずにお金を借りる契約をした場合は、契約自体を取り消すことが可能です。

未成年は経験や知識が少なく、契約行為をするには十分な判断ができないため、法律で保護されています。金融機関には契約してもなかったことにされてしまうリスクがあるので、プロミスに限らず、基本的に未成年者への貸付を行っていません。

プロミスの申込みには年齢制限がある

プロミスへの申込みが可能な年齢には、制限があります。条件と照らし合わせながら、自分が利用可能か確認しましょう。

年齢の条件は18歳以上74歳以下

年齢の条件は18歳以上74歳以下

出典元:Getty Images

プロミスに申込める年齢の条件は18歳以上74歳以下。そのため、18歳未満の未成年はプロミスを利用できません

18歳になっていても、定時制高校生や高等専門学校生を含む高校生はプロミスでお金を借りられないので注意が必要です。プロミスを利用するには高校を卒業するまで待たないといけない点は覚えておきましょう。

学生でも安定収入があればOK

学生でも安定収入があればOK

出典元:Getty Images

高校生でない18歳以上の人で、アルバイトなどで安定した収入があれば、学生でもプロミスに申込めます。プロミスでお金を借りると、毎月一定額以上を返済する必要があるため、安定した収入が見込めない場合は審査に通過しづらいです

一定の勤続年数を経過していれば安定した収入があると判断され、審査時に大きな影響は出ないといわれています。

以下のページでは、プロミスのカードローンについて、金利や借入れまでの最短時間、利用できるコンビニエンスストアのATMなどさまざまな情報を掲載しています。年齢・収入の条件をクリアしている人は、借入れの際の参考にしてみてください。

未成年を狙う違法業者に注意! 

お金を借りられない未成年を狙った、違法業者が存在します。プロミスに申込めないからといって手を出すとトラブルに巻き込まれるリスクがあるため、これから解説する注意点を参考にし、違法業者を利用しないように気をつけましょう。

未成年にお金を貸してくれるのはほとんどが違法業者

未成年にお金を貸してくれるのはほとんどが違法業者

出典元:Getty Images

未成年にお金を貸してくれる業者は、違法である可能性が高いです。未成年のようにほかの金融機関でお金を借りられない人を狙って、法外な金利で貸付をする違法業者がいるので注意が必要

出資法で定められている金利の上限は年20%であり、この条件を超えた金利が設定されている場合は違法業者です。

例えば、10日借りただけで1割の利息を求める悪質な業者がいます。トイチと呼ばれるもので、20万円を借りると10日で2万円、30日で約66,000円の利息を請求されることに。一度でも借りてしまうと、あっという間に返済額が膨れ上がります。

違法業者への返済が遅れると、トラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。勤務先・家族・親類まで取り立てをされて、精神的に追い込まれてしまう危険性も。

未成年がお金を借りることは基本的にできません。お金を貸してくれる業者を安易に利用しないよう、気をつけましょう。

1級FP技能士/内山FP総合事務所代表

内山貴博

貸金業法の下、お金を貸す業務ができる業者は財務局又は都道府県に登録をしている業者となります。当然ながら、登録業者は未成年への貸し出しは行えないため、「未成年でも融資可能」などとうたっている場合は無登録の悪質な業者ということになります。その点、注意してください。

SNS上でお金を借りるのも要注意

SNS上でお金を借りるのも要注意

出典元:Getty Images

SNS上で「融資します」「お金を貸します」などと発信するアカウントが増えていますが、借入れするのは控えましょう。

本来お金を貸すことを業務として行うには、国あるいは都道府県から貸金業者の登録を受ける必要があります。しかし、SNS上で貸付をしているところは、貸金業者の登録をしていない場合も少なくないのが現状です。

SNS上でお金を借りると、違法業者と同様に高金利での返済を要求されたり、個人情報を悪用されて別の犯罪やトラブルに巻き込まれたりする危険があります。

お金が必要な未成年はどうすればよい? 

最後に、未成年でもお金を用意できる方法を紹介します。すべて法律的にも認められている方法ですが、リスクはゼロではないのでよく考えて利用を検討してください。

ゆうちょの自動貸付を利用する

ゆうちょの自動貸付を利用する

出典元:Getty Images

ゆうちょ銀行の定額貯金または定期貯金がある人は、自動貸付の利用を検討してみてください。

ゆうちょ銀行の自動貸付は、定額貯金と定期貯金を担保にしてお金を借りられるサービスです。借入れの際の審査が不要で、ATMや窓口の営業時間であればいつでも借入れができます。

預け入れている金額の90%までなら、最大で300万円まで借入れが可能です。一般的なカードローンよりも金利が低めに設定されており、返済時の負担も少ないのもメリットといえるでしょう。

以下のページでは、ゆうちょ銀行の自動貸付についてさらに詳しく解説しています。実際に利用する際の具体的な手順も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ゆうちょ銀行の自動貸付の詳細を見る

不用品を売る

不用品を売る

出典元:Getty Images

お金が必要なときは、家にある不用品を売ってみるのもおすすめです。家にある1年以上使っていないものの価値は、1世帯あたり約70万円になるともいわれており、意外な金額で売れる可能性があります。

例えば、おもちゃ・本・日用品などで使っていないものが家にあれば、オークション、リサイクルショップ、フリーマーケットなどで売りに出してみるとよいでしょう。保存状態が良好で相場が高いものを、タイミングよく売るのが不用品売買のコツです。

自分が売りたいものの相場がどのくらいか事前に知りたいなら、フリマアプリや買取サービスを使ってみてください。フリマアプリならほかの人が売りに出している金額を把握できるほか、買取サービスなら売りたいものの金額を査定してもらえます。

学生ローンに申込む

学生ローンに申込む

出典元:Getty Images

18歳以上であれば、学生ローンでお金を借りることもできます。学生ローンは、学生向けにお金を貸しているサービスのこと。多くの場合、消費者金融のカードローンと比較して低金利であるうえ、親の同意なしで借りられる点が大きな特徴といえるでしょう。

18歳以上でも高校生は利用できないほか、審査に通過するためにはアルバイトなどで安定した収入を得ている必要があります。利用限度額も一般的には50万円程度にとどまることを覚えておきましょう。

18歳以上なら借入れできるカードローンを探す

以下のページでは、消費者金融や信販会社などさまざまなカードローンを紹介しています。金融機関ごとに借入れの対象年齢も掲載しているので、18歳以上で自分に合うカードローンを探している人は参考にしてみてください。

18歳以上なら借入れできるカードローンを探す

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2022年11月29日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら