カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

アイフルでお金を借りるとやばい? メリット・デメリットと利用の流れを解説

アイフルでお金を借りるとやばい? メリット・デメリットと利用の流れを解説

出典元:Getty Images

急ぎでお金が必要になったとき、スムーズに借入ができるアイフル。お金を借りたいと考えているものの、「アイフルで借りるとやばい」「アイフルは怖い」というクチコミを見たことがあり、利用をためらっている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「アイフルはやばい」という意見が正しいのか、いわれている理由を深掘りしながら解説します。アイフルのメリットやデメリット、審査基準や借入れ・返済の方法なども網羅的に説明するので、アイフルを利用するかどうかの判断をする際の参考にしてみてください。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

アイフルがやばいといわれるのはなぜ? 理由を確認しよう

「アイフルでお金を借りるとやばい」といわれるのは、消費者金融で借入を行うことに対して怖いものだとイメージしている人が多いからのようです。アイフルがやばいといわれる理由として、代表的な2つを見ていきましょう。

消費者金融に悪いイメージを持っている人が多いから

消費者金融に悪いイメージを持っている人が多いから

出典元:Getty Images

アイフルで借りたらやばいといわれるのは、消費者金融に悪いイメージを持っている人が多いからだと考えられます。消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた時代は、さまざまな社会問題が起こりました。

1970年代後半には、給料がどんどん上がっていくことを前提として住宅ローンを組んだものの返済ができなくなり、消費者金融に融資を求める人が増加。そして消費者金融でも返済に行き詰まった債務者たちによる自殺・心中・家出などが増えました

また、返済が困難になった債務者に対し、消費者金融が強引な取立てを行っていたことも問題です。そこで1983年に貸金業法が制定されましたが、消費者金融による多重債務者の発生は根強い問題でした。

そのため、2006年から段階的に貸金業法の改正が進められました。現在は消費者金融が貸せる金額には上限があり、取立てのルールも厳しく決められています。アイフルも消費者金融でありルールに則って運営されているため、一昔前の怖い消費者金融と今の姿は違うといえるでしょう。

※参考:金融庁(外部サイト)

アイフルが行政処分を受けたというニュースを見たことがあるから

アイフルが行政処分を受けたというニュースを見たことがあるから

出典元:Getty Images

20年近く前にアイフルが行政処分を受けたというニュースを見たことがあり、それからアイフルはやばい・怖いと考えている人も少なくありません。

アイフルは、2006年に金融庁から行政処分を受けています。当時、アイフルの債務者に対する強引な取立てが全国複数の店舗で見つかりました。それが問題となり、金融庁から行政処分を受けることに。数日間の業務停止期間が設けられるという、厳しい対処がされました。

とはいえ、2006年に改正された貸金業法が2010年まで段階的に施行されたこともあり、当時問題となっていた消費者金融の強引な取立ては現在行われていません。アイフルも行政処分を受けたあと、業務改善計画書を提出し全社で信頼回復プロジェクトを進めてきました

一昔前に取立てが怖いと考えられていたアイフルも、現在は安心して利用できる消費者金融になっているといえるでしょう。

「アイフルで借りるとやばい」は間違い! 安心して借りられるポイントを解説

「アイフルで借りるとやばい」と考えている人は、現在も少なからずいます。一昔前の消費者金融のイメージは根強いため、利用をためらう人もいるでしょう。しかし、アイフルは安心だといえるポイントはいくつもあります。ここで確認しておきましょう。

アイフルは金融庁から認可を受けている消費者金融

アイフルが安心して利用できる消費者金融だといえるのは、金融庁から認可を受けているからです。

貸金業を営む場合は、必ず金融庁の登録を受けなければなりません。アイフルはきちんと登録している正規の業者なので、安心して利用可能です。金融庁が公表している貸金業者登録一覧を見ると、「近畿財務局長(14)第00218号 令」としてアイフルが登録されていることがわかります。

アイフルのように認可を受けた消費者金融は、貸金業法を守って営業しています。貸金業法では債務者を守るためにさまざまな決まりが設けられているため、以下で詳しく確認しましょう。

※参考:金融庁(外部サイト)

取立て規制が行われている

取立て規制が行われている

出典元:Getty Images

貸金業法では、取立て行為の規制について定められています。そのため貸金業法に基づいて運営されているアイフルでは、違法な取立ては行われません

昔存在した消費者金融の強引な取立てを規制するため、貸金業法でルールが作られました。貸金業法第21条では、貸金業者が正当な理由がないのに電話をかけたり、自宅や勤務先を訪問したりしてはいけないと定めています。

居座りや借入れの事実を他言する行為も禁止されています。

漫画などで早朝や深夜に玄関のドアを叩き、お金を返すよう大声で呼びかける怖い取立てのイメージを見たことがある人もいるかもしれません。しかし、アイフルのような金融庁から認可を受けている消費者金融ではそのような取立ては行われないので安心です。

契約に関する決まりが設定されている

契約に関する決まりが設定されている

出典元:Getty Images

貸金業法では契約に関する決まりが設定されているため、アイフルでも債務者が不当に追い込まれるような契約は締結されません。債務者を守るために、貸金業法には貸金業者の義務や制限が定められています。

たとえば、貸付けをする旨の契約を結ぶ前に、貸金業者は内閣府令で定められた事項が記載された書面を契約者に交付しなければなりません。契約を結ぶときも、契約の内容を明らかにする書面の交付が義務付けられています

また、借り手の自殺によって貸金業者が保険金を得られるような保険契約の締結も禁止されています。借り手が自殺したことで貸金業者が貸したお金を回収できるような事態になれば、強引な取立てによって借り手が追い詰められる可能性があるからです。

重要な書面の交付や債務者の命を脅かす契約の締結禁止は貸金業法で定められていますが、金融庁から認可を受けていない消費者金融の場合、守られないような場面に遭遇する可能性もゼロではありません。不利な内容で契約させられることがないよう、契約内容はきちんと確認することが大切です。

総量規制が設定されている

総量規制が設定されている

出典元:Getty Images

貸金業法では総量規制が設定されているので、アイフルでも債務者の返済能力を超える貸付けはできなくなっています

返済能力を超えるほどの貸付けは債務者にとって大きな負担となるため、不可能とするよう総量規制が設けられました。貸金業法第13条の2で定められている総量規制では、年収の3分の1を超える貸付けを禁止しています。

たとえば年収300万円の人が貸金業者から借りられるのは、最大で100万円です。複数の貸金業者を利用する場合、借入れの合計額が100万円に収まらなければなりません

アイフルだけを利用する場合はアイフルで最大100万円借りられますが、ほかの消費者金融で50万円借りていたケースでは、アイフルで借りられるのは最大50万円です。総量規制があることにより、お金を借りすぎて返せなくなる事態に陥る可能性を抑えられます。

上限金利が設けられている

上限金利が設けられている

出典元:Getty Images

貸金業法では上限金利が設けられているので、アイフルでも法外な高金利で契約させられることはありません。

お金を借りるときの上限金利は、上限を超える金利を無効とする利息制限法と、刑事罰の対象となる上限金利を定めた出資法という2つの法律で規制されています。法律が改正される前の貸金業者の多くは、いわゆるグレーゾーン金利を利用していました。

利息制限法の上限金利である15〜20%と、利息制限法の上限金利である29.2%のあいだがグレーゾーン金利となっており、一定の要件を満たせば有効でした。しかし、金利負担軽減のため2010年に法律の改正が行われ、出資法の上限金利は29.2%から20%に引き下げられました

改正によりグレーゾーン金利はなくなり、貸金業者が設定できる金利は最高でも20%に。金利が引き下がれば利息額も少なくなるので、債務者の負担が抑えられます。

アイフルの実質年率は3.0〜18.0%なので、法律で定められた上限よりも低い金利で借入れることが可能です。なお、金利は審査の結果で決定されます。

アイフルは申込者数が多い

アイフルは申込者数が多い

出典元:Getty Images

アイフルは申込者が多い消費者金融でたくさんの人に利用されているため、安心感があります。多くの人が利用しているということは、貸付実績が多く安心して借入れができるといえるでしょう。

2023年11月の申込件数は、7万件近くです。2023年のデータでは、申込件数が10万件を超えた月もあります。これだけ多くの貸付実績があれば、はじめて消費者金融を利用する人も申し込みやすいでしょう。

※参考:アイフル(外部サイト)

アイフルは独立型消費者金融で、融資に前向き

アイフルは独立型消費者金融で、融資に前向き

出典元:Getty Images

アイフルは独立型消費者金融で融資に前向きなので、お金を借りやすいと考えられます。

日本には大手消費者金融と呼ばれる有名な貸金業者がいくつかありますが、その多くは銀行の傘下に入っています。たとえばアコムは三菱UFJファイナンシャルグループ、レイクはSBI新生銀行グループの傘下です。プロミスとSMBCモビットは、SMBCグループの傘下に入っています。

銀行の傘下に入っているということは、親会社が決めた基準をもとに審査を行うということ。親会社が定めた基準によっては、消費者金融が融資をすると自由に決められないこともあるでしょう。

その点アイフルは親会社がないので、独自に審査基準を決めて柔軟な融資を行える可能性が高いといえます。

アイフルで借りるとどうなる? メリットをチェック

アイフルでお金を借りるとどうなるか、具体的にイメージできてからのほうが利用しやすいでしょう。アイフルを利用するメリットを確認して、恩恵を受けられそうか判断してみてください。

最短18分で即日融資に対応してもらえる

最短18分で即日融資に対応してもらえる

出典元:Getty Images

アイフルは最短18分で融資してくれるので、急にお金が必要になって即日融資を希望する場合におすすめです。消費者金融は銀行カードローンよりも審査が早いため即日融資が可能なケースが多く、アイフルでも速やかにお金を借りられます。

アイフルのWeb申込みを利用すれば、審査結果のメールが最短18分で届きます。審査に通ったら、Webや全国にある無人店舗で契約手続きを進めましょう。

契約が完了後、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMでスマホアプリを使えば、申し込んだ当日中に融資を受けることも可能です。

アイフルの審査は最短18分で完了しますが、必ず18分で結果がわかるわけではありません。もっと時間がかかることもあるので、できるだけ余裕を持って申込みを済ませましょう。

アイフルには、融資を受けられるかどうかをすぐにチェックできる1秒診断(外部サイト)もあります。年齢・年収・他社での借入金額を入力して「診断開始」ボタンを押せばすぐに結果が出るので、利用を検討している場合は診断を受けてみるのもおすすめです。

家族や職場にもバレずに借入れできる可能性が高い

家族や職場にもバレずに借入れできる可能性が高い

出典元:Getty Images

アイフルには、借入れが家族や職場にバレにくいというメリットもあります

消費者金融などでお金を借りる場合、審査完了前に勤務先に連絡されることがあります。これは在籍確認という、申告した勤務先に申込者が本当に勤めているかを確認するために行われるものです。

在籍確認の電話は借入先が会社名を出さずに行うのが一般的ですが、それでも勤務先に電話がかかってくるのは避けたいと考える人もいるでしょう。アイフルでは自宅や勤務先への連絡を原則実施していないので、バレる可能性を抑えられます。

在籍確認が必要になった場合でも、申込者の同意がなければ自宅や勤務先に電話がかかってくることはないので安心です。実際、アイフルでは99.7%の申込者には電話での在籍確認を実施していません。

契約期間中も来店不要で郵便物も送られてこないため、家族にバレにくいといえます。ただし、重要なメールが届かなくなったり会員メニューにログインできなくなったりした場合は、書類が自宅に届く場合があると覚えておきましょう。

※参考:アイフル(外部サイト)

カードレスでお金を借りられる

カードレスでお金を借りられる

出典元:Getty Images

アイフルのメリットとして、カードレスでお金を借りられることも挙げられます。カードがなくても、専用のスマホアプリで借入れができるからです。

カード不要で借入れができるということは、契約後にカードが郵送されてこないということ。自宅に郵便物が届かないので、アイフルでの借入れを家族に知られずに済みます

カードを持ち歩く必要がないので、財布やカードケースを忘れても借入れが可能。周囲の人にカードを見られて、アイフルの利用がバレる心配もありません。アプリをダウンロードしたスマホさえあれば、全国のセブン銀行ATMやローソン銀行ATMから借入れができます。

セブン銀行ATMやローソン銀行ATMを利用する場合、千円単位で出金できるため細かい借入れも可能です。ただし、ATMを利用する際に手数料が発生するので、頻繁に借入れをすると出費がかさむことがある点には注意しましょう。

専用アプリが使いやすい

専用アプリが使いやすい

出典元:Getty Images

アイフルで提供されているスマホアプリは、カードレスで借入れができるほかに誰でも利用しやすいというメリットがあります。使いやすさを高めるために、さまざまな工夫がされているので難なく使っていけるでしょう。

アイフルのスマホアプリは、簡単にログインできるのが特徴。生体認証やPINコードで手軽にログインできるため、面倒なIDやパスワードの入力を毎回せずに済みます。

アイフルのスマホアプリを使えば、利用状況がひと目でわかります。すでに使った金額や現在使える金額、利用限度額などを簡単にチェックすることが可能。借入れや返済、各種設定などはメニューから簡単に探せるため、迷わずに利用できます。

借入金額の増額を希望する際に必要な収入証明書も、スマホアプリから提出できます。必要な書類をスマホのカメラ機能で撮影し、送信するだけです。スマホアプリのアイコンを変えることで、アイフルの利用をバレにくくできるというメリットもあります。

一定期間、利息がゼロ円に

一定期間、利息がゼロ円に

出典元:Getty Images

アイフルでは一定期間利息がゼロ円になるため、借入れから短期間で返済しようと考えている人にはメリットが大きいといえます。

アイフルでは、「最大30日間利息0円サービス」を提供しています。アイフルをはじめて利用する人が無担保キャッシングローンを契約する場合、最大30日間は利息0円で利用可能。対象となる商品は、キャッシングローン・SuLaLi・ファーストプレミアムカードローンです。

契約日の翌日から30日間利息がゼロ円になるので、期間内に返済を終えることができれば利息はかかりません。お金を借りる際のデメリットは利息が発生することなので、利息を払わなくて良ければ金銭的な負担を抑えられます。

契約日の翌日から30日以内であれば、借入れた金額を完済してから再度利用する場合でも無利息の対象となります。短期間で完済できる目処が立っているなら、アイフルはお得に利用できるでしょう。

女性も利用しやすい

女性も利用しやすい

出典元:Getty Images

アイフルのメリットとして、女性も利用しやすいことが挙げられます。アイフルは女性も安心して利用できるようサービスや商品を提供しており、利用者の3割は女性です。

アイフルでは、わからないことがあれば電話・チャット・メールで問い合わせができます。電話で問い合わせる場合、女性は女性専用ダイヤルを利用可能。女性オペレーターが丁寧に対応してくれるので、安心感があります。

女性専用ダイヤルは「0120-201-884」です。受付時間は9:00〜18:00であり、取引中の人向けやはじめての申込み専用のダイヤルと同じ時間で対応してもらえます。

また、アイフルには女性が安心して利用できるカードローンもあります。SuLaLiは満20歳以上の女性を対象としたカードローンで、借りたお金の使い道は不問です。1万〜10万円までを実質年率18.0%で借りることができ、はじめてアイフルを利用する場合は最大30日間利息0円となります。

SuLaLiでは2種類のデザインカードが用意されており、一見アイフルのカードとはわかりません。周囲にバレずにちょっとお金を借りたいときに、利用しやすいでしょう。

自分に合う商品を選んで借入できる

自分に合う商品を選んで借入できる

出典元:Getty Images

アイフルは商品のラインナップが豊富なので、内容を確認し自分に合うものを選んで申し込めます。

使い道を指定されないお金がすぐ必要な人には、カードローンがおすすめです。カードローンの商品は一般的なキャッシングローンのほか、アイフルの利用がはじめてで満23歳以上満59歳までの人を対象としたファーストプレミアム、満20歳以上の女性を対象としたSuLaLiがあります。

ファーストプレミアムは金利が最高でも9.5%と、アイフルのほかのカードローンより抑えられるのが特徴。SuLaLiは女性のための商品で、利用限度額は10万円とほかの商品より少ないのでちょっとした借入れに利用しやすいというメリットがあります。

複数社からの借入れがあり、アイフルでまとめたいと考えている人にはおまとめMAXやかりかえMAXが適しています。おまとめMAXはアイフルや他社の借入金を1本にまとめられるローンで、かりかえMAXは他社の借入金をまとめられるローンです。

いずれも金利は最高17.5%で、利用限度額は800万円です。複数の返済を1本にまとめたい場合や、まとめることで金利を低くしたい場合に向いています。

アイフルでは、事業資金を借りたい人向けのプランも用意されています。金利が最高18.0%の無担保ローンや12.0%の不動産担保ローンがあるので、必要に応じて利用可能です。

サポート体制が充実している

サポート体制が充実している

出典元:Getty Images

アイフルは、サポート体制が充実しているのもメリットです。契約前や契約期間中にわからないことがあれば、すぐに相談できます。

アイフルの問い合わせは、チャット・電話・メールで可能。チャットでは、オペレーターかチャットボットのぽっぽくんに相談できます。オペレーターには平日9:00〜18:00、ぽっぽくんには24時間365日相談可能です。

オペレーターに相談する場合は、アイフル公式サイトの「オペレーターに相談(外部サイト)」から問い合わせます。チャットボットのぽっぽくんを利用する場合はLINEで友達追加をしてトーク画面から問い合わせるか、公式サイトの「ぽっぽくんにチャットで質問(外部サイト)」から相談しましょう。

電話で問い合わせる場合は、平日9:00〜18:00にかけましょう。取引中の人は「0120-109-437」、はじめて申し込む人は「0120-201-810」、女性専用ダイヤルは「0120-201-884」です。夜間や土日にカードを紛失したり盗難に遭ったりした場合は、「0120-109-334」で対応してもらえます。

メールで問い合わせる場合は、「poppo@aiful.jp」に内容を送信します。回答時間は平日9:00〜18:00なので、急ぐ場合は別の方法も検討しましょう。

注意しないとやばい? アイフルのデメリット

アイフルで借りるとやばいという意見は、さまざまなメリットがあることからも間違いであるとわかります。しかし、注意しなければデメリットのほうが大きくなって大変な思いをする可能性もあるため、デメリットも確認しておきましょう。

利息の負担が大きくなることがある

利息の負担が大きくなることがある

出典元:Getty Images

アイフルで借入れをした場合、利息の負担が大きくなることもあるため注意が必要です。アイフルは消費者金融であり、銀行のカードローンに比べると金利が高く設定されています。

アイフルの金利は3.0〜18.0%であり、消費者金融としては特別高いわけではありません。しかし、銀行のカードローンは高いほうの金利でも15%を下回ることが多いので、アイフルを利用したほうが利息を多く支払うことになります。

はじめてアイフルを利用する人向けに30日間利息がゼロ円となるキャンペーンを開催していますが、期間を過ぎると金利に応じた利息を支払わなければなりません。できるだけ負担を抑えてアイフルを利用したいなら、利息ゼロ円の期間に返済できる金額だけ借りる、返済計画をきちんと立ててから借りるといった対策が必要です。

必要以上に借りてしまいがち

必要以上に借りてしまいがち

出典元:Getty Images

アイフルでは、必要以上にお金を借りてしまうというデメリットが発生しやすいです。アイフルのメリットは、手軽にお金を借りられること。それは裏を返せば、借入金額が増えやすく返さなければならない金額も膨らみやすいということです。

アイフルでは、コンビニATMでも気軽にお金を借りられます。スマホアプリを使えばカードもいらないので、いつでも借入れが可能です。そのため、預金口座からお金を引き出す感覚で借入れることができてしまい、注意しなければ必要以上に借りすぎて返済が困難になることもあります。

気軽に借りられる利便性の高さは、意識しなければお金を借りているという意識の低下につながります。アイフルでお金を借りる場合は、金額を決めて厳守することが大切です。

また、手軽な借入れは提携ATMを利用した場合に発生する手数料の負担増加につながります。提携ATMを利用する場合は手数料が必要です。

入出金1回あたりの手数料は1万円以下が110円で1万円超が220円ですが、何度も利用することで出費が積み重なっていきます。頻繁に借入れをすることで手数料の出費がかさむリスクがあることは、デメリットになり得るでしょう。

無利息期間が契約日の翌日から始まる

無利息期間が契約日の翌日から始まる

出典元:Getty Images

30日間の無利息期間があるのはアイフルのメリットですが、無利息期間が契約日の翌日からすぐに始まるのはデメリットになり得ます。すぐに借入れをしない場合でも、契約翌日から30日間経過すれば利息がゼロ円となる期間は終わってしまうからです。

契約から借入れまでに時間が空くと、活用できる無利息期間が短くなって期間中に返済が終わらず、利息の負担が増えることもあります。実際に借入れをした日から無利息期間が始まるわけではない点は、契約前に覚えておきましょう。

アイフルは、万が一の出費に備えて先に契約しておくという使い方もできます。しかし、無利息期間を最大限活用したいなら、できるだけお金が必要になるタイミングの直前に契約するのがおすすめです。なお、無利息期間が発生するのはアイフルをはじめて利用する人のみとなります。

総量規制に引っかかると融資が受けられない

総量規制に引っかかると融資が受けられない

出典元:Getty Images

アイフルでは、総量規制に引っかかると融資を受けることができません。アイフルは金融庁の認可を受けた消費者金融なので、融資は貸金業法で定められている総量規制の対象です。総量規制では、年収の3分の1を超える貸付けが禁止されています。

総量規制ではアイフルで借りる金額だけでなく、ほかの貸金業者で借りている金額も含めて3分の1を超えてはならないと定めています。他社からの借入れがある場合は、アイフルで希望する金額の融資を受けられないことがあるので注意しましょう。

他社での借入れがあるけれどアイフルで融資を受けたい場合は、おまとめMAXやかりかえMAXを利用するのも有効な方法です。複数の借入れを1本にまとめるおまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超えてもアイフルで借入れできる可能性があります。

アイフルの審査は通りやすい? 審査基準を確認

アイフルの利用を検討している人にとって、審査に通りやすいかどうかは大事なポイントでしょう。アイフルの審査基準は明確に公表されていませんが、審査でチェックされるポイントはどのカードローンもだいたい同じです。一般的な審査で重視されるポイントを確認しておきましょう。

申込条件を満たしているか

申込条件を満たしているか

出典元:Getty Images

カードローンの審査では、申し込んだ人が申込条件を満たしているかどうかが必ず確認されます。商品ごとに設定された申込条件を満たしていなければ、カードローンを利用することはできません

アイフルのキャッシングローンは、満20歳以上69歳までで定期的な収入と返済能力がある人が申し込めます。年齢が対象から外れていたり、定期的な収入がないと判断されたりした場合は審査に通りません。

アイフルのなかでも、商品によって申込条件が変わることがあるため確認することが大切です。たとえばSuLaLiは満20歳以上の女性限定、ファーストプレミアムは満23歳以上59歳まででアイフルの利用がはじめての人が対象とされています。

現在の収入状況

現在の収入状況

出典元:Getty Images

借入希望額が現在の収入に見合っているかどうかは、アイフルの審査でも必ず確認されます。借入れる金額が収入に比べて大きすぎると、返済が困難になる可能性が高まるからです。

具体的に年収がいくらあれば審査に通るという基準は、アイフルでは公表されていません。年収の金額だけでなく、借入希望額とのバランスを確認することが大切です。年収が高めでも、借入希望額が高過ぎる場合は審査に落ちたり融資額が減ったりする可能性があります。

アイフルの融資は総量規制の対象なので、年収の3分の1を超える借入金額を希望した場合は審査に落ちてしまいます。他社での借入額も含め、年収の3分の1を超えていないか必ず確認しましょう。

他社からの借入状況

他社からの借入状況

出典元:Getty Images

アイフルのような消費者金融では、審査時に他社からの借入状況も確認されます。他社からの借入れがある場合、アイフルの借入希望額を年収の3分の1に収めていたとしても合計で総量規制を超える可能性があるからです。

申込者が自己申告した借入状況をチェックしたうえで、信用情報機関に照会をかけて正確な情報を確かめます。情報が正しかった場合、他社からの借入れがあってもアイフルで借りた金額を無理なく返済できるかどうかがチェックされるので、事前に返済計画は立てておきましょう。

なお、他社からの借入れに関して虚偽申告をした場合、審査に通らなくなることがあります。意図的ではなくても、間違った情報を伝えた場合は審査で不利になることがあるので注意しましょう。

アイフルの審査に通りやすくする方法

アイフルの審査に通りやすくするためには、一般的にカードローンの審査通過率を高められるといわれていることを実践するのが有効です。以下の方法を実践して、アイフルでお金を借りられるようにしましょう。

年収に見合った借入希望額にする

年収に見合った借入希望額にする

出典元:Getty Images

借入希望額を年収に見合った金額に設定することが、アイフルの審査に通るコツです。借入希望額が年収に比べて多いと、返済できるか疑問に思われて審査に通らない可能性が高まります。

年収と借入れたい金額のバランスをチェックして、少しでも借入額を減らせないか見直してみましょう。借入希望額を抑えられれば、年収が高くなくても審査に通る可能性があります

アイフルの融資は総量規制の対象なので、借入希望額が年収の3分の1を超えている場合は確実に審査に通りません。他社の借入れも含めて3分の1を超えてはいけないので、他社の借入れがある場合はそちらの金額もチェックしておきましょう。

同時期に複数社に申し込まない

同時期に複数社に申し込まない

出典元:Getty Images

アイフルの審査に通るためには、同時期に複数社のカードローンに申し込まないことも大切です。同時期にいくつものカードローンに申し込むと、金銭的に余裕がないと思われてしまい審査に通らなくなる可能性が高まります。

アイフルと同時期にプロミスやアコムといったほかの消費者金融に申し込んでいる、銀行のカードローンに申し込んでいるなどの場合は要注意です。カードローンに申し込んだ記録は信用情報として残るため、隠していても審査でバレてしまいます。

短期間で複数のカードローンに申し込むと、申込みブラックと呼ばれる状態になって審査に通りにくくなるといわれています。申込みブラックは明確な基準が設定されているわけではないものの、同時期に3社以上申し込んでいる場合は危険です。

お金が必要になり短期間で複数のカードローンに申し込んでも、記録が残る以上審査には悪影響を及ぼします。カードローンの審査に落ちてしまった場合は、半年間新規の申込みを避けるのがおすすめです。

虚偽の申告をしない

虚偽の申告をしない

出典元:Getty Images

アイフルの審査に通りやすくするためには、虚偽の申告をしないことが大切です。虚偽の申告をしても、高確率で審査時にバレます。嘘をついており信用できる人物ではないと判断されて審査に通りにくくなるので、虚偽の申告をしても良いことはありません。

年収や職場などに自信がなく、虚偽申告をしたくなることもあるかもしれません。しかし、アイフルの審査に通らないだけでなく信用に値しない人物だと評価されてしまうので、虚偽申告はしないようにしましょう。

記入ミスであっても、事実と異なれば信用を失う可能性があります。審査時に年収や勤務先を申告する場合は、ミスがないよう慎重に記入しましょう。

収入を安定させる

収入を安定させる

出典元:Getty Images

収入を安定させることで、アイフルの審査に通りやすくなります。アイフルのカードローンに共通する申込条件は、定期的な収入と返済能力がある人です。収入が安定すれば、返済能力があると判断してもらいやすくなります。

パート・アルバイト・派遣社員・契約社員など正社員ではない働き方をしている場合も、収入が安定していればアイフルの審査に通ります。

収入が安定していると判断してもらうためには、年収を上げるだけでなく、勤続期間を長くすることも大切です。勤続期間が短いと収入が安定していないとみなされることがあるので、アルバイトやパートで働いている場合もできるだけ勤務先を変えずに長く働くようにしましょう。

アイフルの審査をスムーズに済ませるためのポイント

アイフルは、最短18分で審査が完了するスピード感が魅力です。その魅力を活かすためにあらかじめ準備しておきたいことがいくつかあるので、チェックしたうえで実践しましょう。

審査回答時間が終わる前に余裕を持って申し込む

審査回答時間が終わる前に余裕を持って申し込む

出典元:Getty Images

アイフルに申し込む場合は、審査回答時間が終わる前に余裕を持って申し込むのがおすすめです。審査回答時間ギリギリに申し込むと、審査完了まで最短18分と謳っているアイフルでも当日中に回答が得られないことがあります。

申込み自体はインターネットからであれば24時間受け付けていますが、申し込む時間によっては審査結果の通知が翌営業日の午前中になることもあります。

何時までに申し込めば必ず当日中に結果がわかるという基準はありませんが、できるだけ時間に余裕を持って早めに申し込むといいでしょう。

審査に必要な書類はあらかじめそろえておく

審査に必要な書類はあらかじめそろえておく

出典元:Getty Images

審査をスムーズに済ませるためには、必要な書類をあらかじめそろえておくことが大切です。アイフルの審査は、必要な書類がなければ申し込めません。また、審査に不備があると確認のために時間がかかってしまうので、適切な書類を準備しておきましょう。

アイフルの審査には、本人確認書類と収入証明書が必要です。本人確認書類は全員提出が必要で、以下のように顔写真付きのものを提出することになります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(表のみ)
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

収入証明書は、全員必ず提出するわけではありません。アイフルの利用限度額が50万円を超える場合や、アイフルの利用限度額とほかの貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合に必要となります。

これらの条件に当てはまらなくても、就業状況の確認などのために審査途中で収入証明書の提出が求められることがあります。提出が求められたときにすぐ出せるよう、以下の収入証明書は準備しておくといいでしょう。

  • 直近または最新の源泉徴収票
  • 直近2か月分の給与明細書
  • 確定申告書または青色申告書
  • 住民税決定通知書または納税通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 年金通知書

スマホアプリによる画像提出やセブン銀行ATMからの提出など、申込方法によって書類の提出方法が変わるので確認しましょう。

申込内容に不備がないかチェック

申込内容に不備がないかチェック

出典元:Getty Images

アイフルの審査は、申込内容に不備がないかきちんとチェックしたうえで申し込むことが重要です。申込内容に不備があると、確認や再記入が必要になるため結果が出るまでの時間が長引くことがあります。

年収や借入金額の記載ミスは、申込時に起こり得ます。金額に間違いがないか、慎重に確認したうえで審査に進みましょう。

アイフルは基本的に在籍確認の電話をしないとしていますが、申込内容に不備がある場合は確認の電話がかかってくることもあります。自宅や勤務先に電話がかかってくるのを避けるためにも、申込内容に間違いがないようにしましょう。

メールや電話の設定を確認

メールや電話の設定を確認

出典元:Getty Images

アイフルの審査に申し込むときは、アイフルからの審査結果の連絡がスムーズに受け取れるようメールや電話の設定を確認しておきましょう。

アイフルの審査結果は、メールや電話で伝えられます。メールや電話が受信拒否設定になっていないか、メールが迷惑メールに振り分けられていないか確認しておくことが大切です。

メールや電話を受信できない設定にしており、審査結果の連絡が受けられなかった場合、アイフルに連絡して再送してもらう手間が発生することもあります。審査が短時間で完了しても結果を受信できないばかりに無駄な時間がかかってしまうので、必ずメールや電話の設定は確認してください。

アイフルの申込方法は4種類から選べる

アイフルに申し込む場合は、4種類から好きな方法を選べます。それぞれの特徴を確認して、利用しやすいと感じたもので申し込みましょう。

Web申込み

Web申込み

出典元:Getty Images

Web申込みは、24時間365日申込み手続きが可能な方法です。時間や曜日を気にせず、いつでも手続きを進められます。

アイフル公式サイトの「今すぐお申し込み(外部サイト)」から、申込み手続きを行いましょう。必要事項を入力し、確認のうえ送信すれば申込みは完了です。本人確認書類や収入証明書の提出方法は、申込みが完了したあとメールで案内されます。

審査結果はメールで届くので、確認し契約手続きに進みましょう。契約時には、カードの発行有無を選択できます。カードありを選んだ場合は、近くのアイフル店舗や郵送でカードを受け取りましょう。カードが到着する前でも、登録した銀行口座に振り込んでもらうことで借入れが可能です。

カードなしを選んだ場合は、スマホアプリで即時借入れができます。できるだけ早くお金を借りたいと考えているなら、カードなしを選んでスマホアプリで借入れを行うのがいいでしょう。

スマホアプリ申込み

スマホアプリ申込み

出典元:Getty Images

アイフルは、スマホアプリを使って申し込むことも可能です。24時間365日いつでも申し込めるため、自分の都合に合わせて手続きを進められます。スマホアプリのダウンロードページは、アイフルの公式サイト(外部サイト)で確認可能です。

スマホアプリを使えば、本人確認書類の提出もアプリから行えます。申込時に提出書類を求められたら、スマホで撮影した画像を送りましょう。審査が終わったら結果はメールで届くので、契約に進みます。

カードの有無は選べるため、どちらか選択しましょう。カードありを選んだ場合は、郵送または来店でカードを受け取ってください。カード到着前でも、登録した銀行口座への振込みで借入れができます。

カードなしを選ぶと、スマホアプリを使ってすぐに借入れが可能です。即日融資を受けられるというアイフルの強みを活かしたいなら、カードなしを選びましょう。

電話申込み

電話申込み

出典元:Getty Images

アイフルは営業時間内であれば、電話で申し込むことも可能です。電話で申込みを行い、契約手続きは無人店舗ですることになります。

電話で申し込む場合は、9:00〜18:00のあいだに手続きを行います。はじめての人専用ダイヤル「0120-201-810」または女性専用ダイヤル「0120-201-884」に電話をかけましょう。オペレーターからの必要事項の質問に回答したら、審査が始まります。

審査結果を電話で伝えられたら、契約手続きに進みましょう。全国の無人店舗で契約ができるので、その場でカードも受け取れます。来店時には本人確認書類や収入証明書が必要なので、忘れず持参してください。なお、契約は郵送で行うことも可能です。

契約手続きが完了しカードが発行されたら、借入れができるようになります。提携ATMを利用して、借入れを行いましょう。登録した口座に振り込んでもらって借入れをすることも可能です。

無人店舗申込み

無人店舗申込み

出典元:Getty Images

全国にあるアイフルの無人店舗からも、契約が可能です。無人契約ルームの利用可能時間は9:00〜21:00なので、時間内に訪れるようにしてください。無人店舗には電話機が設置されているため、そこからオペレーターに電話をかけて申込みをしましょう。

電話でオペレーターから質問される内容に回答し、店舗内で審査結果を待ちます。審査結果が伝えられたら、そのまま店舗で契約手続きを進めましょう。契約手続きが完了したら、その場でカードを発行してもらえます。カードを使えば、提携ATMから借入れが可能です。

希望する場合は、契約を郵送で行うこともできます。カードを使って借入れをせず、登録した口座に振り込んでもらう形で借入れることも可能です。

借入れ方法も4種類、好きな方法を選べる

アイフルは借入れの方法を4種類用意しているため、好きな方法を選べます。

スマホアプリ

スマホアプリ

出典元:Getty Images

アイフル専用のスマホアプリを使えば、カード不要で借入れができます。カードの郵送を待たずに借入れができるので、急いでいるときも安心。カードが送られてこなければ、家族に借入れがバレる心配もありません。

スマホさえ持っていればお金を借りられるため、必要なときにすぐ利用できます。スマホアプリを使った借入れは、全国各地のセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで可能。千円単位で借入れができるので、ちょっとお金が必要になったときも利用しやすいでしょう。

平日の日中に限らず土日祝日や深夜にも利用できるというメリットがありますが、利用できない時間帯もあるので注意が必要です。また、借入額が1万円以下の場合は110円、1万円超の場合は220円の手数料が利用のたびに発生するため、出費がかさんでいないか随時確認しましょう。

提携ATM

提携ATM

出典元:Getty Images

提携ATMを利用した借入れもできます。コンビニやスーパー、銀行のATMが提携先となっているので、出かけたついでに利用することが可能。提携先として利用できるのは、以下のATMです。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イーネット
  • 十八親和銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 福岡銀行(借入れのみ)
  • 熊本銀行(借入れのみ)

土日祝日も利用でき、深夜でも借入れが可能ですが、提携先によってはメンテナンスなどで利用できない時間もあるため事前に確認しておきましょう。また、ATM手数料は1万円以下の借入れで110円、1万円超の借入れで220円必要です。

振込み

振込み

出典元:Getty Images

アイフルに登録している金融機関に振り込んでもらって、お金を借入れることもできます。登録できるのは、都市銀行や地方銀行など全国約1,200の金融機関です。振込手続きをすると、曜日や時間を問わずすぐに振り込まれます。

手数料無料で振り込んでもらえるため、余計な出費が発生しません。振込名義は「アイフル(株)」または「AIセンター」のいずれかを選べるので、アイフルからの借入れがバレたくない場合は後者を選択しましょう。

千円単位で振込みを依頼でき、土日祝日や深夜でも借入れができるので便利です。アイフルのスマホアプリから24時間振込依頼ができるため、必要なときに手続きをしましょう。システムメンテナンスが行われる時間は依頼ができないので、確認しておくことが大切です。

振込依頼は、電話から行うことも可能です。受付時間である平日の9:00〜18:00のあいだに、会員専用ダイヤル「0120-109-437」に電話をかけましょう。

アイフルで借りたらどう返済する? 返済日と返済方法をチェック

アイフルでお金を借りるときは、計画的に借入れて滞りなく返済することが大切です。返済日と返済方法を確認して、うっかりお金を返し忘れるような事態が起こらないようにしましょう。

返済日は2パターンから選択可能

返済日は2パターンから選択可能

出典元:Getty Images

アイフルの返済日は、毎月1回か35日ごとの2パターンから選択できます

毎月1回返済するパターンは、自身の都合に合わせて毎月一定の返済日を指定する方式です。毎月の約定日を返済期日として、約定日を含む11日間のあいだに入金します。返済期間前に入金した場合は、繰上げ返済として扱われるので約定日に再び返済しなければなりません。

約定日が土日祝日と重なる場合は、直後の平日まで返済期日が延長されます。返済方法として口座振替を指定した場合は、指定の金融機関から自動で引き落とされるので十分な金額を入れておきましょう。

35日ごとに返済するパターンは、前回支払日の翌日から35日後が返済期日となる方式です。返済期日の前であれば、どのタイミングでも返済できます。返済期日が土日祝日の場合は、翌営業日が返済期日です。

どちらの方式を選んだ場合も、次回返済日はスマホアプリやWeb会員ページで確認できます。返済期日を忘れそうで心配な人は、aiメールという返済期日をメールで知らせてくれる会員サービスを利用してみましょう。aiメールでは、返済期日の3日前になると知らせてくれます

アイフルの返済方法は6通りあるので、都合に合わせて選べる

アイフルの返済方法は6通りあるので、都合に合わせて好きなものを選べます。

返済方法として選べるのはインターネット返済・口座振替(自動引き落とし)・振込み・スマホアプリ・提携ATMです。それぞれの特徴を以下で解説するので、どれを利用したいか考える際の参考にしてみてください。

インターネット返済

インターネット返済

出典元:Getty Images

アイフルで借入れをした場合、インターネットを利用して返済できます。インターネットバンキングやモバイルバンキングなどの利用手続きをしておけば、いつでもインターネットで返済可能です。

インターネット返済を利用した場合、原則リアルタイムで反映されます。振込手数料は無料なので、無駄な出費を抑えられるのがポイント。24時間365日返済できるので、休日でも深夜でも思い出したタイミングで返済できます。

システムメンテナンスの時間は返済できないので、覚えておきましょう。システムメンテナンスは毎週日曜日の0:00〜6:00、最終日を除く連休の0:00〜6:00です。各金融機関やMPNセンターのメンテナンス時間も利用できないため、確認しておきましょう。

取扱金融機関は都市銀行・ネット銀行・地方銀行など幅広いです。普段使っている口座のインターネット返済を利用できるかどうか、取扱金融機関一覧(外部サイト)ページで確認しておくことをおすすめします。

口座振替(自動引き落とし)

口座振替(自動引き落とし)

出典元:Getty Images

アイフルで口座振替を申請しておけば、毎月自動で返済額が引き落とされます。返済期日を覚えていなくても十分な残高があれば払い忘れる心配がないので、返済をうっかり忘れそうな人や忙しい人におすすめです。

引き落とし手数料はアイフルが負担するため、自身で支払う必要がありません。引き落とし時の名義はアイフルと記載されないので、アイフルで借入れていることがバレずに済むのもポイントです。

口座振替の手続きには時間がかかるので、利用する場合は早めに手続きをしておきましょう。郵送で手続きをする場合は、自動引き落とし開始まで40日ほどかかります。アイフル公式サイト(外部サイト)から口座振替依頼書をダウンロードし、必要事項を記入し捺印したうえで郵送してください。

口座振替の手続きは、スマホアプリからでも行えます。スマホアプリの「返すとき」から「引落講座の登録」へ進み、手続きを進めてください。

振込み

口座振替(自動引き落とし)

出典元:Getty Images

アイフルでお金を借りた場合、普段使っている銀行口座の窓口やATMから振り込んで返済することもできます

振込みで返済する場合は、提携先ATMではできない端数の入金も可能です。たとえば返済額が5,300円だったら、端数の300円まで入金できます。振り込む際の手数料は自身で負担しなければならないので、出費がかさまないよう注意しましょう。

振込先の口座は、いくつかの方法で確認できます。スマホアプリの場合はアプリメニューから「振込先の口座照会」を選び、確認しましょう。Web会員サービス(外部サイト)でも、ログイン後メニューから確認できます。

電話で振込先口座を確認する場合は、会員専用ダイヤル「0120-109-437」へ電話をかけましょう。自動音声が流れるので、1(利用中のお客様)、5(その他問い合わせ)、1(取引状況の確認)の順にプッシュします。

アイフル公式サイトから利用できるオペレーターチャット(外部サイト)やメールでも、振込先口座の確認が可能です。オペレーターには、平日の9:00〜18:00に問い合わせましょう。メールの場合は、「poppo@aiful.co.jp」に問い合わせれば確認できます。

スマホアプリ

スマホアプリ

出典元:Getty Images

スマホアプリを使えば、カードレスで返済ができます。借入れと同様、スマホアプリをカード代わりに使うことでセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで返済が可能です。

取引可能時間であればいつでも返済ができ、土日も利用できます。気づいたときに返済ができるのは、大きなメリットといえるでしょう。返済でも借入れと同じように1万円以下は110円、1万円超は220円の手数料が発生するので、余計な出費が重ならないよう注意しましょう。

提携ATM

提携ATM

出典元:Getty Images

アイフルでは、全国の提携ATMを使って返済することもできます。セブン銀行ATMやローソン銀行ATMを利用する場合は、スマホアプリがあればカードレスで返済が可能。カードがあれば、全国各地の提携先から返済できます

土日や深夜でも返済ができるので、忙しい人も利用しやすいでしょう。利用可能時間は提携先によって異なるので、あらかじめ確認しておくのがおすすめ。返済に利用できる提携先は、以下のとおりです。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イーネット
  • 十八親和銀行
  • ゆうちょ銀行

提携ATMで返済する場合は1万円以下で110円、1万円超で220円の手数料が都度発生します。利用回数を重ねると負担が大きくなることもあるので、注意しましょう。

アイフルで借入れをして返済しないとどうなる?

アイフルでお金を借りるときは、返済計画を立てて無理なく返していけるようにしなければなりません。何らかの事情で返済ができないと大きなデメリットにつながることもあるので、アイフルで借入れをして返済しないとどうなるかを確認しましょう。

遅延損害金が発生

遅延損害金が発生

出典元:Getty Images

アイフル利用中に返済が遅れた場合は、延滞日数に応じて遅延損害金が発生します。遅れていた返済金額をただ支払うだけでなく、ペナルティが上乗せされるのがデメリットです。

アイフルの遅延損害金は、「利用金額×遅延損害金(年率20.0%)÷365日×延滞日数」で算出。たとえば利用金額が10万円で1か月間滞納したケースでは、10万円×20%÷365日×30日=約1,643円の遅延損害金が発生します。

遅延損害金は本来払わなくていいお金なので、できるだけ払わずに済むよう返済は滞りなくしましょう。

信用情報に傷がつく

信用情報に傷がつく

出典元:Getty Images

アイフルで借りたお金を期日までに返済しないと、信用情報に傷がつくおそれがあります。返すべきお金を返さずに滞納すると、信用情報機関で事故情報として処理されてしまうからです。

信用情報機関に事故情報が残ると、信用情報の照会が必要な審査に通りにくくなってしまいます。クレジットカードを新たに作れなくなったりローンの審査に落ちてしまったりするので、不便さを感じることが増えるでしょう。

信用情報に事故情報が残った場合、アイフル以外でお金を借りる際にも悪影響となります。事故情報は数年経てば消えますが、なるべく残らないようスムーズに返済をするべきです。

怖い取立ては来ないが、早めに相談しよう

アイフルは金融庁の認可を受けた消費者金融なので、お金を借りて返済せず滞納したとしても怖い取立てが来ることはありません。貸金業法で取立てが規制されているので、漫画などでイメージされるような強引な取立てがないのは安心です。

深夜に取立ての電話が来る、家に借金取りが来るといった事態にはならないものの、延滞期間が長くなると督促状が届きます。それでも返済をしなければ、滞納した事実が信用情報機関に残り、今後のクレジットカード作成時やローン利用時の審査に悪影響を及ぼすことも。

返済が遅れるときは、アイフルに相談して返済期日変更(猶予)手続きをしましょう。

返済期日変更(猶予)手続き方法

返済期日変更(猶予)手続き方法

出典元:Getty Images

スマホアプリで手続きをする場合は、アプリメニューから「返済日の延期(今月のみ)」を選んで手続きをします。Web会員サービスからも、同様に手続きをすることが可能です。

変更手続きをしたあとも、アプリや会員サービスの次回支払期日表示は変更前のままになっていることがあります。その場合も、「返済日の延期(今月のみ)」から延期後の期日を確認可能です。

返済期日の変更は、電話でも行えます。会員専用ダイヤル「0120-109-437」に電話をかけて、自動音声に従い1(利用中のお客様)、4(今回の返済期日を過ぎる場合)、5(今回のご返済が遅れる方)をプッシュしましょう。

オペレーターチャットやメールからでも、返済期日の変更ができます。オペレーターチャットを利用する場合は、平日9:00〜18:00に連絡しましょう。メールの場合は「poppo@aiful.co.jp」から相談できます。

口座引き落としを利用している場合の返済期日変更時の注意点

口座引き落としを利用している場合の返済期日変更時の注意点

出典元:Getty Images

返済期日の猶予の手続きをしても、引き落とし請求がすでに確定している場合は引き落としが実行されます。口座引き落としを回避したいときは、引き落とし口座の残高を請求金額未満にしておきましょう。

金額が不足して期日に引き落としがされなかった場合は、翌日以降も再振替されません。提携ATM・振込みなどの方法で返済をしましょう。引き落としの当日に再度引き落とされるかどうかは、金融機関によって異なります。

アイフルのクチコミや基本情報はこちらをチェック

以下のページには、アイフルのカードローンに関する基本情報や利用者のクチコミなどを掲載しています。アイフルを利用する前に特徴をより詳しく知りたい、実際に利用している人の感想をチェックしたいと考えている人は参考にしてみてください。

アイフルのカードローンの詳細を見る

アイフル以外も気になるなら、ランキングを確認しよう

カードローンはアイフル以外の消費者金融や銀行などの金融機関でも提供されているため、比較したうえで自分に合うものを利用したいと考えるのは自然なことです。以下のページでは、カードローンをランキング形式で紹介しています。人気度や金利などの条件を設定してカードローンを絞り込めるため、借入先を検討する際に役立ててください。

自分に合うカードローンを探す

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2024年02月07日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら