カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

アイフルで増額するには? 申込方法や審査基準、審査にかかる時間を解説

アイフルで増額するには? 申込方法や審査基準、審査にかかる時間を解説

アイフルは、すでに契約している人の利用限度額増額も可能です。しかし、利用限度額を増額したいと考えている人のなかには、審査基準や、審査通過までにかかる時間が気になる人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、アイフルの増額審査でチェックされるポイントや申請の流れ、結果が届くまでの時間について解説します。現在の利用限度額が不足しそうな人は、ぜひ参考にしてください。

1級FP技能士/内山FP総合事務所代表

監修者内山貴博外部サイト

証券会社勤務を経て2006年に独立。現在はライフプラン作成業務を中心に、セミナー・執筆・FP資格対策など幅広い活動を行っている。また、「FPとしてできることは何でも挑戦」することをモットーに、企業の経営サポートやグローバル展開など得意分野は多岐に渡る。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

アイフルの利用限度額は増額できる? 

アイフルの利用限度額は増額できる?

出典元:Getty Images

現在の利用限度額以上に借入れしたいとき、アイフルでは利用限度額を増額することが可能です。増額するメリットには、さらに大きい金額を借りられるほか、借入先を増やさず管理を楽に行えること、金利が下がる可能性があることなどがあります。

カードローンの利率は利息制限法によって、利用限度額が10万円未満で年率20%、10〜100万円未満で年率18%、100万円以上で年率15%と決められています。現在の利用限度額が90万円で、増額申請によって100万円になった場合、利率が18%から15%に引き下げられることに。

利用限度額を増額するには、増額申請をしたうえで審査を通過しなければいけません。増額審査では、新規申込の際と同様に利用実績や返済能力などがチェックされます。

返済を滞納した履歴があったり、申込み当時よりも経済状況が悪化したりしていると、審査に通過できない可能性があります。また、状況によってはかえって利用限度額が減額になる可能性もあるので注意が必要です。

アイフルの増額審査でチェックされるポイント

アイフルの増額審査はどのような基準で行われるのか、以下で審査のときにチェックされやすいポイントを確認しておきましょう。

増額後の利用枠が総量規制の範囲内か

増額後の利用枠が総量規制の範囲内か

出典元:Getty Images

希望の利用限度額が年収の1/3を超える場合、増額はできません

年収の1/3という基準はアイフル独自の設定ではなく、貸金業法で決められていること。貸金業法の総量規制では、金融機関が年収の1/3を超える額を貸し付けてはいけないと定められています。総量規制は、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者に対して適用される法律で、アイフルも対象です。

現時点ですでに年収の1/3に近い額が利用限度額に設定されている場合、増額申請をしても通らない可能性が高い点は、あらかじめ理解しておきましょう。

また、借入額はアイフルだけでなくほかの貸金業者からの借入れも合算して計算されます。ほかのカードローンで借入れがある人や、クレジットカードでキャッシングを利用している人は利用限度額の合計を確認してください。

1級FP技能士/内山FP総合事務所代表

内山貴博

増額審査は借入れを行う人の返済能力基準となるためアイフルのみではなく他社借入なども含めたうえで判断されます。また「借りられる額=返せる額」ではありません。総量規制の3分の1以内に収まっても、その後しっかり返済できるかどうか慎重に検討したうえで増額申請を行ってください。

アイフルの利用実績が一定期間あるか

アイフルの利用実績が一定期間あるか

出典元:Getty Images

アイフルの利用実績が一定期間あるかどうかも、増額審査において重要なポイントです。新規契約をした直後は、増額審査に通るのは難しいと考えておいてください。

契約直後だと利用実績が少なく、アイフルが利用者の信用度を測れないことなどが理由です。すぐに利用限度額の増額を申込むと、お金に余裕のない印象を与え、返済能力に問題があると判断されかねないのも理由のひとつといえます。

アイフルで優良顧客として利用実績を積んでいけば、増額審査に通過する可能性が高くなるため、まずは半年を目安にしっかりと返済を行ってからの申請にしてみましょう。

他社借入の有無

他社借入の有無

出典元:Getty Images

アイフル以外にも、他社で借入れがある場合は要注意です。少額であれば問題ないこともありますが、ある程度まとまった額を他社で借りている場合は返済能力を疑われ、審査に通りにくくなる可能性があります

アイフルは、初回契約時だけでなく定期的に利用者の返済能力を確認しています。アイフルと契約したあとに他社から借入れをした場合は、信用情報にすべて履歴が残るため、希望額によっては増額すると危険だと判断されてしまいます。

信用情報には、クレジットカードやカードローンの利用履歴、携帯電話料金や家賃の支払い履歴などあらゆる支払いに関する情報が掲載されているため、ごまかすことはできない点をあらかじめ理解しておきましょう。

これまでアイフルの返済に遅れがないか

これまでアイフルの返済に遅れがないか

出典元:Getty Images

これまでアイフルの返済に遅れたことがないかどうかも、審査において重要なポイントです。返済を期日どおり行うことは、アイフルから信用を得るうえで欠かせないことといえます。

返済に遅れると、経済的に余裕がない人だと判断され、増額できる可能性は低くなるでしょう。

新規契約時よりも収入が減っていないか

新規契約時よりも収入が減っていないか

出典元:Getty Images

新規で申込んだときよりも収入が減っていると、増額審査に通過できない可能性があります。増額審査では、新規申込のときと同様に年収・勤務状況・他社借入の有無などが総合的にチェックされるのが一般的です。

以前よりも収入が増えていれば審査にプラスの影響を与えられる一方、収入が減少しているとマイナスの影響を与える可能性が高いと考えられます。

収入以外にも、雇用形態が変わっていると審査に影響する可能性があるため注意が必要です。一般的に、正社員から契約社員・派遣社員・アルバイトに変わっていると、審査では不利だといわれています。

ただし、審査に不利な条件だからといって、虚偽の申告は絶対にやめましょう。虚偽の申告をしてもすぐにうそが明らかになってしまい、最悪の場合、利用停止になってしまう可能性があります。

1級FP技能士/内山FP総合事務所代表

内山貴博

虚偽申告はもちろんいけませんが、何より収入の状況が厳しくなっているなかでの増額はその後の返済が苦しくなる可能性が高くなります。生活を成り立たせるために増額を検討しているのであれば、別の方法で収支全般の見直しを行ってください。

アイフルで増額申請する方法

アイフルで増額申請をする方法と流れ

出典元:Getty Images

アイフルで増額申請をするには、アプリから収入証明書を提出する必要があります。審査はアイフルの営業日でないと対応してもらえない点には注意しましょう。

利用者がアイフルへ増額申請をすると、審査がはじまります。審査の結果、通過していれば、その後は上がった利用限度額までいつでも借りられます。

審査結果の通知方法はメールです。増枠可能な場合はメールで審査結果の回答があります。

アイフルの増額審査にかかる時間はどのくらい? 

アイフルの増額審査にかかる時間はどのくらい?

出典元:Getty Images

増額審査の結果は原則当日中に出ますが、状況によっては翌日以降に持ち越される場合があります。申込み内容に不備や不明点がある場合や、土日祝日の申込み、審査が混雑しているときなどは、即日で結果が出ないケースが多いです。

また、収入証明書の提出が必要な場合も審査に時間を要することがあります。限度額が50万円を超える場合、限度額と他社借入額を合算して100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要です。

条件にあてはまらなくても、アイフルが必要だと判断した場合には提出を求められることがあります。審査を早く終わらせたい場合は、あらかじめ収入証明書を準備して申込みを行いましょう。

増額申請をすることで減額や利用停止になることも

増額申請をすることで減額や利用停止になることも

出典元:Getty Images

アイフルに増額申請をすることで、かえって減額や利用停止になることもあります。先述したとおり、増額審査では返済能力を確かめるためにあらゆる情報をチェックするため、新規申込時よりも状況が悪ければ減額される可能性があります。

新規申込時よりも年収や雇用形態、借入状況が悪くなっている場合は、増額申請はしないほうが無難です。減額や利用停止を防ぐため、状況がよくなってから増額を検討しましょう。

1級FP技能士/内山FP総合事務所代表

内山貴博

通常、定期的な途上与信(モニタリング)では「正社員から契約社員に変わった」といった勤務形態の詳細まで確認されることはありません。増額申請をすることにより勤務先、雇用形態、現在の収入が審査項目となるため、勤務状況が変わった人は不利に働く可能性があります

アイフルのカードローンをさらに知りたい人はチェック

以下のページでは、アイフルのカードローンについて、金利のほかに借入れまでの最短時間や、利用できるコンビニエンスストアのATMなどさまざまな情報を掲載しています。

実際の利用者のクチコミも紹介しているので、借入れの際の参考にしてみてください。

アイフルのカードローンの詳細を見る

カードローンを比較検討するならランキングを参考に

別のカードローンの利用を検討している人は、以下のページをチェックしましょう。各金融機関のカードローンをランキング形式で紹介しています。特徴ごとに絞り込む機能もあるので、借入先を比較検討する際に役立ててください。

自分にぴったりのカードローンを探す

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2022年10月26日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら