ここから本文です

アニメ会社が小説の持ち込みを受け付けていたという危険は、業界を震撼とさせるだろう
ネットでの嫌がらせ投稿の、潜在的脅威への対応がクローズアップされていくだろう