ここから本文です

製造業大国でやってきた日本はこのままでは明るい未来は望めない。一つの道は金融大国を模索しながら製造業の淘汰。淘汰の意味は日本企業でしか作れないものや技術に突出している企業を国策とも言えるくらいに大事に伸ばすこと。グローバルスタンダード系の製造業腫は合併統合売却等で整理して行くしかない。アジアの金融大国になるには東証の一部上場銘柄の新基準改革もはじめの一歩かもしれない。