ここから本文です

 ロシアのタス通信(電子版)は18日、平昌冬季五輪に出場している「ロシアからの五輪選手(OAR)」の1人にドーピング違反の疑われる行為があったと伝えた。

 同通信によると、OARの広報担当者が、18日に国際オリンピック委員会(IOC)から公式な通知が届いたと明かした。禁止薬物のメルドニウムの摂取が疑われているという。

 広報担当者はB検体の検査結果が出るまでは、選手名や競技名を明らかにしないとしているが、ロシアのラジオ局は、今大会銅メダルを獲得したカーリング選手の名前を挙げている。