ここから本文です

>>9

先ほど証券会社に問い合わせたところ、18日の夜には反映される予定とのことでした。
株価の方が先に反映されるらしく、各個人の株数への反映は外国株式の特徴として
いつ反映されるかまでは証券会社側もわからないとのことでした。
コーポレートアクションが起きた場合の株価と株主の保有数の一致にタイムラグがあるというのは
機会損失や損切りタイミングの遅れといったリスクになり、外国株取引の脆弱性とも言えますね。。
ちなみに、反映されるまでに取引できる株数は、割当前の保有数が最大値とのことでした。