ここから本文です
ヴァイアヴィ・ソリューションズ - 株価チャート

15.37

-0.4(-2.47%)
  • 前日終値
    15.76(01/24)
  • 始値
    15.43(23:30)
  • 高値
    15.50(23:30)
  • 安値
    15.23(00:07)
  • 23(最新)

    lar***** 1月9日 23:19

    2020年1月8日(COMTEXによるHitech News Daily)-ビッグマーケットリサーチは最近、鮮やかでダイナミックなデータベースに新しい調査レポートを追加しました。彼らは、世界のスペクトルセンシングフィルターの市場シェア、収益、および収益性に影響を与える傾向があるすべての重要な側面を考慮して、このレポートを作成しました。業界は、市場の将来の予測に関する詳細な理解を社会的に構成するための現在のシナリオを実証しています。

    スペクトルセンシングフィルター市場調査レポートは、市場の包括的な評価を提示し、思慮深い洞察、事実、履歴データ、統計的にサポートされ、業界で検証された市場データと、適切な仮定と方法論のセットによる予測を含んでいます。市場セグメント、地域、製品タイプ、流通チャネルなどのカテゴリごとに分析と情報を提供します。

    このプレミアムリサーチのサンプルをリクエスト:@https://www.bigmarketresearch.com/request-sample/3373135?utm_source = RK-HTN

    世界のスペクトルセンシングフィルター市場に存在する主要キープレーヤーは、Viavi Solutions、PIXELTEQ、Iridian Spectral Technologiesです。

  • カリフォルニア州サンノゼ、2020年1月6日/ PRNewswire /-VIAV、1.94%Viavi Solutions Inc.(「VIAVI」)は、次の投資家会議に参加します。ライブWebキャストとリプレイは、VIAVI Webサイトのhttps://investor.viavisolutions.comの「イベントとプレゼンテーション」セクションから入手できます。



    J.P. Morgan Tech / Auto Forumネバダ州ラスベガス
    20201年1月7日火曜日、太平洋標準時間午後2時35分〜午後2時5分
    Oleg Khaykin、最高経営責任者
    Amar Maletira、最高財務責任者

    ニーダム成長会議ニューヨーク、ニューヨーク
    20201年1月14日火曜日午後2時30分〜2時10分
    Oleg Khaykin、最高経営責任者

    VIAVI SolutionsについてVIAVI VIAV、+ 1.94%は、通信サービスプロバイダー、企業、ネットワーク機器メーカー、政府および航空電子機器向けのネットワークテスト、監視および保証ソリューションのグローバルプロバイダーです。これらのお客様が計測器、自動化、インテリジェンス、仮想化の力を活用してネットワークを統率するのを支援します。 VIAVIは、3Dセンシング、偽造防止、家庭用電化製品、産業、自動車、および防衛アプリケーション向けの光管理ソリューションのリーダーでもあります。 VIAVIの詳細については、www.viavisolutions.comをご覧ください。 VIAVI Perspectives、LinkedIn、Twitter、YouTube、Facebookでフォローしてください。

    投資家の連絡先:ビル・オング、408-404-4512。 bill.ong@viavisolutions.com
    報道関係者:Amit Malhotra、202-341-8624; amit.malhotra@viavisolutions.com



    元のコンテンツを表示してマルチメディアをダウンロードする:http://www.prnewswire.com/news-releases/viavi-to-participate-at-upcoming-investor-conferences-300976684.html

    ソースVIAVI Financials

    Copyright(C)2020 PR Newswire。 All rights reserved MarketWatch News Departmentは、コンテンツの作成には関与していません。



    MarketWatchから

    AMDは、チップメーカーの従来の役割が逆転したままであるため、CES 2020でIntelをしのぐ


    配当成長株のこのバスケットは、2020年にポートフォリオを際立たせるのに役立ちます


    最小限のストレスで100,000ドル以上を稼ぐことができるNo. 1の仕事

  • 地域分析
    -アジア太平洋(中国、日本、韓国、ASEAN、インド、その他のアジア太平洋)
    -北米(米国、カナダ、メキシコ)
    -ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、その他のヨーロッパ)
    -中東とアフリカ(トルコ、GCC、UAE、南アフリカ中東のその他)
    -ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、その他のL.A.)

    レポート@でカスタマイズについて問い合わせます:https://www.htfmarketreport.com/enquiry-before-buy/2303504-global-bench-top-optical-spectrum-analyzers-market-2

    HTF MIが提供するBench Top Optical Spectrum Analyzersの市場調査で最新情報を入手してください。この市場の特性、規模と成長、セグメンテーション、地域別内訳、競合状況、シェア、トレンド、戦略など、この調査で得られる重要なトレンドと新興ドライバーがこの業界の成長をどのように形成しているかを確認してください。 Bench Top Optical Spectrum Analyzers Market Analysis&Forecast 2018-2023では、収益は2017年にXX百万米ドルに相当し、2023年末までにXX百万米ドルに達し、2018年から2023年の間にXX%のCAGRで成長する見込み。生産は2017年にXX百万と推定され、2023年末までにXX百万に達すると予測され、2018年から2023年の間にXX%のCAGRで成長します。

    この調査では、ベンチトップ型光スペクトラムアナライザの市場規模を推定するために考慮される年は次のとおりです。

    歴史年:2013-2018 |基準年:2018 |推定年:2019 | 2019年から2024年の予測

    調査目的:
    主要なグローバルベンチトップ光スペクトラムアナライザーのメーカーに焦点を当て、今後数年間で価値、販売量、市場シェア、市場競争状況、SWOT分析、および開発計画を定義、発音、調査します。
    市場の成長に影響を与える重要な要因(機会、ドライバー、成長の可能性、業界固有の課題とリスク)に関する包括的な情報を共有する。
    個々の将来の展望、成長傾向、および市場全体への関与に関して、ベンチトップ型光スペクトラムアナライザを分析する。
    契約、新製品の発売、市場での買収などの合理的な開発を分析する。
    主要なプレーヤーを意図的にプロファイルし、彼らの成長戦略を体系的に調べること。

    @ https://www.htfmarketreport.com/reports/2303504-global-bench-top-optical-spectrum-analyzers-market-2で完全な調査研究の詳細なインデックスを読む

    ベンチトップ型光スペクトラムアナライザ市場レポートの主なポイント:
    -トップメーカーの市場シェア調査
    -地域および国レベルのセグメントの市場シェア債務
    -新しい競合他社の計画的な参照
    -主要な共通の傾向を計画する競争的な造園
    -市場予測に基づく主要な事業セグメントでの戦術的承認
    -市場動向(制約、ドライバー、機会、脅威、課題、推奨事項、投資機会)
    -詳細な戦略、財務および最新の開発に関する企業プロファイリング
    -サプライチェーンのトレンドは最新の技術的進歩をマッピングします

    ベンチトップ光スペクトラムアナライザ市場を表示する15の章があります
    第1章、ベンチトップ型光スペクトラムアナライザーの定義、仕様、分類、グローバルベンチトップ型光スペクトラムアナライザーのアプリケーション、地域ごとの市場セグメントについて説明します。
    第2章、市場動向分析、地域市場動向、製品タイプ別市場動向[、、高周波測定および低周波測定]、アプリケーション別市場動向[自動車および輸送、航空宇宙および防衛、ITおよび通信、医療およびヘルスケア、半導体およびエレクトロニクス、産業およびエネルギー部門およびその他];
    第3章、製造コスト構造、原材料とサプライヤー、製造プロセス、産業チェーン構造を分析する。
    第4章、全体的な市場分析、キャパシティ分析(企業セグメント)、販売分析(企業セグメント)、販売価格分析(企業セグメント)を表示する。
    第5章では、技術データと製造プラント分析、生産能力と商業生産日、製造プラント流通、輸出入、R&Dステータスと技術ソース、原材料ソース分析を表示します。
    第6章および第7章では、北米、ヨーロッパ、中国、および日本を含む地域市場分析を示します。ベンチトップ型光スペクトラムアナライザーのセグメント市場分析(タイプ別)。
    第8章、ベンチトップ光スペクトラムアナライザーセグメント市場分析の分析(アプリケーション別[自動車と輸送、航空宇宙と防衛、ITと通信、医療とヘルスケア、半導体と電子、産業とエネルギー部門とその他])。
    第9章、地域マーケティングタイプ分析、国際貿易タイプ分析、サプライチェーン分析。
    第10章、地域別のベンチトップ光スペクトルアナライザーの消費者分析を分析するには、

  • 卓越した成長を求めているベンチトップ型光スペクトラムアナライザ市場VIAVIソリューション、ローデおよびシュワルツ

    2020年1月7日(COMTEXによるHTFマーケットインテリジェンス)-調査調査では、グローバルベンチトップ光スペクトルアナライザー市場の詳細な評価を提供し、市場参加者が業界で確固たる基盤を獲得できるよう支援しています。調査レポートは、市場の完全な評価を提示し、将来の傾向、現在の成長因子、注意深い意見、履歴データ、事実、統計的にサポートされた業界認定の市場データを含んでいます。グローバルベンチトップ光スペクトラムアナライザー市場の地域調査を実施し、世界のさまざまな地域で見られる主要な見通しを明らかにします。この調査は、製品タイプ、アプリケーション/エンドユーザーごとに分割されています。一般的に、競争力のある風景は、グローバルベンチトップ光スペクトルアナライザー市場で事業を展開している主要企業のプロファイリングとともに評価されます。この調査に関与した最も重要なキープレーヤーには、アンリツ、キーサイトテクノロジー、VIAVIソリューション、ローデアンドシュワルツ、VeEX、横河電機、フィニサー、アラゴンフォトニクス、ニューリッジテクノロジー、APEXテクノロジー&アドバンテストが含まれます。

    ベンチトップ型光スペクトラムアナライザー業界に関与している、または関与する予定がある場合、この調査は包括的な展望を提供します。市場知識をアプリケーション自動車および輸送、航空宇宙および防衛、ITおよび通信、医療およびヘルスケア、半導体および電子機器、産業およびエネルギー部門およびその他、[などの製品タイプ、高周波測定および低周波測定]および業界の主要なプレーヤー。地域に応じて異なるプレーヤー/メーカーのセットがある場合、または地域または国別のセグメント化されたレポートが必要な場合は、要件に応じてカスタマイズを提供できます。

    グラブフリーグローバルベンチトップ光スペクトルアナライザー市場調査レポートサンプル:-@:https://www.htfmarketreport.com/sample-report/2303504-global-bench-top-optical-spectrum-analyzers-market-2

    世界のベンチトップ光スペクトルアナライザー市場は、2018年にxx百万米ドルと評価されており、2025年末までにxx百万米ドルに達し、2019年から2025年にかけてxx%のCAGRで成長すると予想されています。このレポートは、ベンチレベルの光スペクトラムアナライザーのボリュームと価値をグローバルレベル、地域レベル、企業レベルに焦点を当てています。このレポートは、グローバルな観点から、過去のデータと将来の見通しを分析することにより、ベンチトップ型光スペクトラムアナライザー全体の市場規模を表しています。地域的には、このレポートはいくつかの主要地域に焦点を当てています:北米、ヨーロッパ、中国、日本。企業レベルでは、このレポートは各メーカーの生産能力、工場出荷時の価格、収益、市場シェアに焦点を当てています

    グローバルベンチトップ光スペクトラムアナライザーの市場レポートは、世界のベンチトップ光スペクトラムアナライザーの生産と供給におけるサイズ、パターン、区分、および展望の例外的で初めての現在の注意深い分析を提供します。また、成長トレンド、投資家、トレーダー、サプライヤー、CEO、研究およびメディアなどのさまざまな利害関係者、グローバルディレクター、マネージャー、社長、SWOT分析、すなわち強さ、弱さ、機会など、さまざまなセクションの市場規模とその進捗機能についても説明します。そして、ビジネスや他者に対する脅威。

    製品の種類と用途による市場分割:
    レポートは、次のようにタイプに基づいてグローバルベンチトップ光スペクトルアナライザー市場を分割します。
    、高周波測定および低周波測定
    アプリケーション/エンドユーザーに基づいて、グローバルベンチトップ光スペクトルアナライザー市場は次のように区分されています。
    自動車および輸送、航空宇宙および防衛、ITおよび通信、医療およびヘルスケア、半導体および電子機器、産業およびエネルギー部門およびその他

    プロファイル対象のプレーヤー:アンリツ、キーサイトテクノロジー、VIAVIソリューション、ローデアンドシュワルツ、VeEX、横河電機、フィニサー、アラゴンフォトニクス、ニューリッジテクノロジー、APEXテクノロジーズ&アドバンテスト

  • 5G試験機器市場:地域ごとの見通し

    北米地域は、5Gテスト機器の早期導入企業であるAT&Tなどのネットワークサービスプロバイダー企業の存在感が高いため、5Gテスト機器の主要な市場の1つです。研究開発は、この地域の5Gテスト機器を使用して継続的に実行され、5Gをヘルスケアアプリケーションとスマートフォンに統合して、ネットワークのパフォーマンスを改善しています。ヨーロッパは、5Gテクノロジーと5Gテスト機器の需要の観点から、北米地域に続くと予想されます。ヨーロッパでの5Gテスト機器のこの需要は、ボーダフォンが2019年に英国で1,000個の5Gテストサイトを立ち上げる計画を発表したなど、この地域での5Gテスト活動の増加によって支えられています。

  • 5G試験機器市場:キープレーヤー

    5Gテスト機器プロバイダーがデバイスのアップグレードを実行しているこの機会を活用するために、5Gはネットワーク接続の分野で最新かつ急速に出現するテクノロジーの1つであることが期待されています。 この要因は、5Gテスト機器プロバイダーが従う重要な戦略の1つであると予想されます。 主要な5G試験機器プロバイダーには、MACOM、VIAVI Solutions、アンリツ、RODEDE&SCHWARZ、Keysight Technologies、LitePointなどが含まれます。

  • 投資家はViavi Solutions、Inc.の変革を過小評価しています



    概要


    •VIAVは、5Gのラボからフィールド展開への移行における魅力的な地位と、新たな3Dセンシングの機会にもかかわらず、テストピアとの割引価格で取引されています。

    •VIAVのCobhamの買収により、従来のラボテスト事業の4倍の規模であるフィールドテストおよび測定機器市場のリーダーになりました。

    •VIAVは、Appleデバイスを超えた3Dセンシングの普及から利益を得るために適切な位置にあります。 RPC Photonicsの買収は、この新しい市場でのVIAVの部品表に追加されました。

    •5Gの高密度化に備えるため、ファイバーの設置は、VIAVの多くのビジネスの成長ドライバーである予想される需要に対応するために増加しています。


    Viavi Solutions(NASDAQ:VIAV)の前身であるJDS Uniphaseは、2015年にLumentum(NASDAQ:LITE)とViaviの2つのコンポーネントに分割されました。それ以降、VIAV ...

  • 2019年12月20日(COMTEXを介したHTFマーケットインテリジェンス)-Advance Market Analyticsが最近リリースしたGlobal Ethernet Testerの市場調査で、100を超える市場データテーブルと数字がページ全体に広がっているため、「Global Ethernet Tester Market research」のTOCさまざまな方法で利益を最大化できます。イーサネットテスター市場は2025年まで予測*。この調査の会社の主なターゲットは、XFO Inc.(カナダ)、VIAVI Solutions Inc.(米国)、Spirent Communications plc(英国)、Ixia(米国)、Keysight Technologies(米国)、Fluke Corporation(米国)、Tektronix、Inc.(米国)、横河メータ&インスツルメンツ株式会社(日本)、アンリツ株式会社(日本)およびDescriptionLeCroy Corporation(米国)

    現在、ITプロフェッショナルは、組織の生産性を向上させるために、リスクのない問題のない通信サービスを必要としています。これにより、イーサネットなどの通信デバイスに測定およびテストサービスを使用する重要性が高まります。したがって、サービスプロバイダーは、いわゆるイーサネットテスターと呼ばれるイーサネットテストデバイスへの投資を開始しました。これらのデバイスにより、ユーザーは継続的なインターネットサービスを体験できます。これは、イーサネットテストの需要を拡大することにより、組織が資本および運用費用(CAPEXおよびOPEX)を最小限に抑えるのに役立ちます。これに加えて、発展途上国におけるインターネットサービスインフラストラクチャの堅調な発展により、予測される期間にわたって需要がさらに高まります。

    無料サンプルレポート+関連するすべてのグラフとチャート@:https://www.advancemarketanalytics.com/sample-report/102065-global-ethernet-tester-market

    競合分析:大手企業は、生産技術の革新に焦点を当て、効率と保存期間を改善しています。継続的なプロセスの改善と最適な戦略に投資するための財務の柔軟性を確保することにより、この分野における最良の長期的な成長機会を獲得できます。 XFO Inc.(カナダ)、VIAVI Solutions Inc.(米国)、Spirent Communications plc(英国)、Ixia(米国)、Keysight Technologies(米国)、Fluke Corporation(米国)、Tektronixなどの企業プロファイルセクション、Inc。(米国)、Yokogawa Meters&Instruments Corporation(日本)、Anritsu Corporation(日本)、DescriptionLeCroy Corporation(米国)には、法的な名前、ウェブサイト、本社、市場の場所、歴史的背景、市場情報(時価総額を含む)販売および連絡先情報)およびその他の基本情報。各プレーヤー/メーカーの収益、成長率、粗利益は、過去5年間のわかりやすい表形式で提供され、合併、買収、新製品の発売などの最近の開発のための個別のセクションとして提供されます。サービス。

  • 概要


    •VIAVは、5Gのラボからフィールド展開への移行における魅力的な地位と、新たな3Dセンシングの機会にもかかわらず、テストピアとの割引価格で取引されています。

    •VIAVのCobhamの買収により、従来のラボテスト事業の4倍の規模であるフィールドテストおよび測定機器市場のリーダーとなりました。

    •VIAVは、Appleデバイスを超えた3Dセンシングの普及から利益を得るために適切な位置付けです。 RPC Photonicsの買収は、この新しい市場でのVIAVの部品表に追加されました。

    •5Gの高密度化に備えるため、ファイバーの設置は、VIAVの多くのビジネスの成長ドライバーである予想される需要に対応するために増加しています。


    Viavi Solutions(NASDAQ:VIAV)の前身であるJDS Uniphaseは、2015年にLumentum(NASDAQ:LITE)とViaviの2つのコンポーネントに分割されました。それ以降、VIAV ...

  • Viavi Solutions(NASDAQ:VIAV)の前身であるJDS Uniphaseは、2015年にLumentum(NASDAQ:LITE)とViaviの2つのコンポーネントに分割されました。それ以降、VIAVがLITE 数年。 当初、LITEはエキサイティングな成長事業のすべてを維持し、VIAVには貸手の残余に加えて、LITEと重要なNOLの一部が残っていたようです。 しかし、VIAVの経営陣は優れた仕事をして、会社の焦点を絞り、将来の成長に備えました。 彼らは、ビジネスのミックスを、成長していない成熟したビジネスから得られる収益の100%から、現在の成長市場からの収益の50%以上に変えました。 経営陣は、目標を定めたM&Aと内部開発の両方を通じてこれを達成しました。 同社は13億ドル以上を費やして、VIAVを3つの主要市場である5Gテストおよび測定、ファイバー展開、3Dセンシングの重要な成長機会に備えています。

  • 次に、実装する戦略とビジネスケースを構築する方法を学びます。 ワイヤレススペクトラムアナライザー市場と、それがビジネスに価値を提供する方法について学びます。 この市場では、新興市場セグメントが主要なビジネス上の意思決定を行うのに役立つ販売収益、顧客需要、会社概要、輸出入シナリオ、ビジネス戦略に焦点を当てた主要市場プレーヤーの競争シナリオを見つけることができます。 このレポートは、世界市場の競争状況、市場ドライバーとトレンド、機会と課題、リスクと参入障壁、販売チャネル、ディストリビューター、ポーターの5つの力分析も調査します。

  • 2019年11月26日(COMTEX経由のWiredRelease)-成長2020年までのワイヤレススペクトラムアナライザー市場–技術戦略、ビジネスの進歩、トップベンダーの展望2029 ''、予測期間中に最高のCAGRで成長する見込み。 2020-2029年の将来の予測とともに、この市場調査レポートに関する信頼できる正確な情報を提供します。 現在、ワイヤレススペクトラムアナライザー市場に影響を与え、それに影響を与える主要な市場の側面はすべて、新しいレポートでレビューされているワイヤレススペクトラムアナライザーの市場調査状況と開発動向で評価され、提唱されています。

  • ワイヤレススペクトラムアナライザー市場の次の大きなもの| キープレーヤーのプロファイリング:テクトロニクス、キーサイト、Viavi Solutions Inc.

    ワイヤレススペクトラムアナライザーの将来に関する市場予測–競争ダッシュボード:

    Market.usは、Tektronix、Keysight、Viavi Solutions Inc.、Anritsu、Rohde&Schwarz、GW INSTEK、GW INSTEK、ThinkRFなど、世界中のワイヤレススペクトラムアナライザー市場における主要な分析と成長をリードしています。 。

  • ギガビット対応の5Gネットワ​​ークが世界中で稼働するにつれて、ギガビットインターネットの提供におけるセルラーテクノロジーのシェアは、ファイバのシェアの対応する低下とともに増加しています。今後2年間で、5Gネットワ​​ークの普及に伴い、この傾向は継続すると予想されます。それにもかかわらず、このトップラインの観測は、ファイバーがほとんどのセルラー、ケーブル、および通信ネットワーク全体で選択されるバックホールインフラストラクチャのままであるという事実に反しているため、ファイバーは大部分のギガビットインターネットプロバイダーにとって重要な、場合によっては隠れたコンポーネントになっています。

    「当然のことながら、有線ギガビットインターネットの提供からワイヤレステクノロジーへの段階的な移行が見られます。商用5Gネットワ​​ークの数が増えるにつれて、この移行のペースは根本的に拡大し、すぐに転換点に達します」とSameh Yamany氏、VIAVIの最高技術責任者。 「5Gネットワ​​ークが世界的に台頭しているにもかかわらず、モバイルオペレーターがますます多くのファイバーベースのネットワークインフラストラクチャを展開するにつれて、ファイバーのテストとトラブルシューティングの重要性は引き続き重要です。」

    VIAVI Gigabit Monitorについて

    Gigabit Monitorは、公開されているデータに基づいて、世界中のギガビットインターネットプロビジョニングの現状を示すことを目的としたWebベースのツールです。このライブデータベースは、展開の発表とユーザーからのフィードバックに基づいて定期的に更新されます。このサイトは2016年にVIAVIによって開始され、2004年以降のギガビット展開を追跡します。ギガビットモニターは、利用可能な51か国すべてでのギガビットインターネットプロビジョニングの現在の状態を示す動的に更新されたインフォグラフィックを表示します。各国のギガビットインターネットプロファイルには、推定人口カバー率、グローバルランキング、長期にわたるギガビットローンチ、およびローカルギガビットプロバイダーのリストが表示されます。

  • フォーム10-Qの本四半期報告書の他の箇所に記載されている財務諸表および注記と併せて、当社の財政状態および経営成績に関する以下の説明をお読みください。次の説明には、当社の計画、見積もり、および信念を反映した将来の見通しに関する記述が含まれています。実際の結果は、将来の見通しに関する記述で説明した結果と大きく異なる可能性があります。これらの違いを引き起こしたり、貢献したりする可能性のある要因には、以下およびフォーム10-Qのこの四半期報告書の他の箇所、特に「リスク要因」および「将来の見通しに関する記述」が含まれます。業界および四半期ごとの開発Viavi Solutions Inc.(「VIAVI」は「会社」、「私たち」、「私たち」、「私たち」とも呼ばれます)は、通信サービスのネットワークテスト、監視、保証ソリューションのグローバルプロバイダーです。プロバイダー(「CSP」)、企業、ネットワーク機器メーカー、政府、航空電子工学。これらのお客様が機器、自動化、インテリジェンス、仮想化の力を活用してネットワークを支配するのを支援します。 VIAVIは、3Dセンシング、偽造防止、家庭用電化製品、産業、自動車、および防衛アプリケーション向けの光管理ソリューションのリーダーでもあります。

  • 温暖化の海面上昇で パリ協定離脱 産業を優先するトランプ
    そのアメリカのフロリダ州のマイアミがツバル以上に水没すると 危惧されている
    国益を優先する余り 地球の気候変動で自分たちの首を絞める事になる
    来年の大統領選でトランプが再選されるのか
    その後の株価に影響してくる

    逆イールドにリセッション
    しかし私は バイアンドホールド だからこそお任せです

  • ニュージーランドの自爆テロの報復か スリランカでの自爆テロで
    日本人も死者が出たのは記憶に新しい
    日本国内でも起きても不思議ではない他人事ではない
    如何に早く未然に防ぐか
    セントラルインテリジェンスエージェンシーいわゆる
    CAI の諜報機関の活動にかかっている
    しかしながらCIA KGB などの国レベルより民間の諜報機関が有能であろう
    日本でも諜報機関の設立が 急務の課題となっている
    情報伝達 5G は必須 アメリカは中国の5G補助金政策で追加関税を発動させて世界経済を低迷させるほど躍起になっている
    まだまだ安い ここの株は買いだ

読み込みエラーが発生しました

再読み込み