ここから本文です

投稿コメント一覧 (15972コメント)

  • 日本の三菱造船所で米海軍給油船USNSビッグホーン(T-AO 198)の修理でドック入りと報道_(:3 」∠)_

  • >>No. 524

    自民党幹部は24日火曜のロイターとのインタビューで、「円相場が1ドルあたり160または170にさらに下落した場合、これは過度であると見なされ、政策立案者が何らかの措置を検討する可能性がある」と述べた。「自民党内では、円安反転を急ぐのではなく、円安の影響を慎重に見極めるべきだというのが一般的な考えのようだ」と述べた。

  • >>No. 512

    2024年4月24日、日本の自民党幹部は24日火曜のロイターとのインタビューで、「円相場が1ドルあたり160または170にさらに下落した場合、これは過度であると見なされ、政策立案者が何らかの措置を検討する可能性がある」と述べた。「自民党内では、円安反転を急ぐのではなく、円安の影響を慎重に見極めるべきだというのが一般的な考えのようだ」と述べた。

  • 2024年4月24日、英国の競争市場庁(CMA)は24日水曜、マイクロソフトとミストラルAI、およびアマゾンとアンスロピックの間のAI提携についてコメントを求めていると発表した。競争市場庁はまた、MicrosoftによるInflection AIの元従業員の雇用や関連取り決めについてもコメントを求めていると述べた。

    規制当局は、この取引が英国の合併規則に該当するのか、それとも競争上の懸念を引き起こすのかについては結論を出していないと述べた。規制当局は5月9日までに意見を募集している。これは情報収集プロセスの最初の部分を形成し、正式な調査が開始される前に行われる。
    「CMAはまた、マイクロソフトとOpenAIとの提携に関して今年初めに受け取ったフィードバックを検討しており、現在各社から要請された情報を待っているところだ」と述べた。


    …競争市場庁(CMA)は、英国の競争監視機関。CMAは、競争を促進し、競争法と消費者保護法を執行する責任を負う、省庁から独立した政府機関。

    CMAの主な目的は以下の通り。
    1. 消費者、企業、経済の利益のために競争を促進する。2. 競争を阻害する可能性のある合併、反競争的慣行、市場の乱用を調査する。3. 企業の公平な競争条件を確保し、不公正な慣行から消費者を保護するために、競争法と消費者保護法を執行する。4. 競争と消費者保護の問題について、企業と消費者に指導と助言を提供する。

    CMAは、調査を実施し、罰金を科し、反競争的行為を行っていることが判明した企業に対して強制措置を取る権限を有する。 CMAは、英国の市場が消費者の利益のために公正、効率的、競争的に運営されることを確保するために活動している。

    CMAはまた、競争を促進し、国境を越えた競争問題に対処するために、英国内外の他の競争当局と緊密に協力している。

  • 2024年4月24日、欧州委員会は、中国の医療機器の公共調達について、欧州のサプライヤーが同市場にアクセスする機会が公平に与えられているかどうかを調査するため、調査を開始したと、本日24日水曜の欧州連合(EU)機関紙が伝えた。調査は9カ月以内に完了する見込みだが、欧州委員会はこの期間をさらに5カ月延長することができる。

    この調査は、国際的な公共調達市場へのアクセスにおける相互主義を促進することを目的としたEUの国際調達メカニズムに基づく最初のものである。これにより、欧州連合(EU)は、EUの公共入札に応札する中国の医療機器企業に制限を課す可能性がある。同紙は、欧州委員会が、中国が中国の入札業者を不当に優遇していると疑うに至った理由として、「バイ・チャイニーズ」政策、輸入制限、利益を追求する企業が行えないような異常に低い入札価格となる要件などを挙げている。EU紙は、「欧州委員会の最初の評価は、上記の措置と慣行が、EU域内の経済事業者のアクセスに対する深刻かつ繰り返される法的、事実上の障害につながるというものである」と説明した。同紙によると、欧州委員会は中国に対し、同国が従っているとされる措置や慣行を撤廃または対処するため、見解を示し、欧州委員会との協議に参加するよう求めたという。

  • 2024年4月24日、インドネシア中央銀行は、ルピア通貨が4年ぶりの安値に下落したことを受けて、4月24日に突然金利を25ベーシスポイント引き上げ、6.25%とした。

  • 2024年4月24日、北朝鮮公式メディアは本日24日水曜、北朝鮮の尹鍾浩対外経済関係相が率いる代表団が現在イランを訪問中であることを明らかにした。

    北朝鮮の朝鮮中央通信は、尹鍾浩対外経済関係相が昨日23日火曜、イラン訪問のための閣僚代表団を率いて平壌を出発したと伝えた。 それ以上の詳細は明らかにされていない。北朝鮮とイランは以前から弾道ミサイル計画で協力し、技術的な専門知識や製造に使われる部品を交換しているのではないかとされている。

  • 2024年4月24日、ブラジル政府は23日火曜、11種類の鉄鋼製品に輸入割当を設定、それを超えると25%の税金を課すことを決定したと、Gecex(対外貿易政策調整総局)とCamex(外国貿易会議所)が声明で明らかにした。

    ブラジル政府は、クォータや関連製品の詳細は明らかにしなかったが、他の4つの鉄鋼製品に対するクォータの実施も検討していると述べた。ブラジル政府は12ヶ月間市場状況を監視し、この措置が地元の鉄鋼業界の遊休設備の削減に貢献することを期待しているとGecex/Camex機関は述べた。

    ブラジルの鉄鋼業界は、ロシアと中国の安価な鉄鋼が現地市場に「氾濫」し、ブラジル企業は長い間、政府に関税を課すよう要請してきた。ゲルダウ、ウシミナス、CSN、アルセロミタールとテルニウムは、ブラジル最大の鉄鋼メーカーの一部。

  • 悪材料で尽くし❓_(:3 」∠)_

  • 2024年4月23日、サムスン電子は23日、米国最大の住宅建設会社の「クレイトンホームビルグループ」と生活家電製品供給契約を締結したと明らかにした。

    サムスン電子はクレイトン社が新規供給する住宅に冷蔵庫、食器洗浄機、オーブン、電子レンジなどで構成されたキッチンパッケージを供給し、入居者が洗濯機と乾燥機も追加で選択できる。 サムスン電子が提供するキッチンパッケージは、Wi-Fiベースで多様なスマート機能を使用することができる。米国環境保護庁(EPA)が高効率エネルギー製品に付与する「エネルギースター」認証を獲得した製品で構成される。

    Clayton Homes (またはClayton ) は、米国最大の製造住宅およびモジュール式住宅の建設業者。ウォーレンバフェット氏のバークシャーハサウェイの完全子会社。

  • >>No. 545

    2024年4月23日、韓国の現代バイオはグローバル臨床試験代行機関(CRO)と数回協議した結果、急速な臨床のために世界中でデング熱患者数と死亡者数が最も多いブラジルで「ニクロサミドデング熱治療剤臨床試験」を実施すると決めたと22日月曜に発表した。

    ブラジルは全世界でデング熱による被害が最も大きい国で、ブラジル保健当局の発表によると、今年4月10日までデング熱感染者数は306万2181件で、このうち1256人が死亡した。ブラジル保健当局は今年、感染者数が昨年160万件の倍以上に達すると予想している。ブラジル南部サンパウロ、リオデジャネイロなど71都市は公衆衛生緊急事態を宣言した状態。

    ブラジルだけでなく、世界中でデング熱患者数と死亡者数が「暴増」しているにもかかわらず、現在までにまともな治療剤がない。デングウイルスの治療剤は、4つの血清型だけでなく、「変異ウイルス」にもすべて効果のある汎用性がなければならないという条件を満たさなければならないが、これを満たすことが難しい。

  • 2024年4月23日、韓国初の量産型実用衛星である超小型群集衛星1号が4月24日に打ち上げられる。

    科学技術情報通信部と韓国科学技術院(KAIST)によると、24日午前6時43分(現地時間)、ニュージーランドのマヒア半島の衛星発射場でロケットラボの宇宙発射体「エレクトロン」に搭載されて打ち上げられることを明らかにした。超小型群集衛星システムは、高頻度精密監視システムである群集型超小型衛星11基と活用システムを開発し、災害対応の迅速正確性を高める事業だ。2020年から2027年まで約2314億ウォン(約206億円)が投入される。今回打ち上げる1号衛星は、量産に向けて衛星性能を事前に確認することを目的とした衛星で、約500km上空で白黒1m、カラー4m以上の解像度で映像撮影が可能な光学カメラの性能を点検する予定。その後打ち上げられる10基の衛星と一緒に地球観測任務を3年以上遂行する。

  • 2024年4月23日、サウジアラビアのサウジアラムコは、中国のHengli Group(恒力グループ )とHengli Petrochemicals Company(恒力石油化学会社)の株式10%を取得する可能性について協議に入った。

    両社は22日月曜、提案されている取引に関する覚書に調印。これは、高価値市場における精製、化学、マーケティング部門におけるプレゼンスを拡大し、液体を化学品に転換するプログラムを強化し、長期的な原油供給契約を確保するというサウジアラムコの戦略に沿ったものである。

    Hengli PetrochemicalsはHengli Petrochemical Groupの子会社であり、Hengli Petrochemical Groupが支配し、中国遼寧省に日量40万バレルの製油所と総合化学品コンプレックス、江蘇省と広東省に複数の生産施設を所有運営している。

    サウジアラムコのアミンナセル社長兼最高経営責任者(CEO)によると、アラムコは3月、世界第2位の経済大国である中国における長期的なエネルギー安全保障へのコミットメントを再確認し、中国のパートナーとの協力関係を強化する取り組みを明らかにした。サウジアラムコのアミンナセル社長は、「この覚書は、世界の石油精製、化学、マーケティング部門における当社の事業成長を支援するものです。 サウジアラムコのアミンナセル社長は、「我々は、液化石油ガスを化学製品に転換する戦略を推進するため、主要市場において新たな機会を模索し続けている。 我々は、新たなパートナーシップを構築し、重要な中国市場におけるプレゼンスを積極的に拡大することを楽しみにしている」と述べた。

  • 2024年4月23日、米国を離れた人の数を正確に知ることは難しいが、2020年に国務省は900万人のアメリカ国民が海外に居住していると推定している。 一方、"American Citizens Abroad "という団体は、400万人という低い数字を提示している。 しかし、確かなことは、彼らの数はここ数年増え続けているということだ。

    American Citizens Abroad(在外アメリカ市民)の本部はスイスのジュネーヴに登録されている。この団体は、在外アメリカ市民の関心や問題に対処し、彼らの権利を守るために活動している。アメリカ市民が海外で生活する際に直面するさまざまな問題に対処し、彼らの声を代表する団体。

    移住者たちは、自分たちの足跡をどうたどるべきかを他人に説明することをためらわない。 彼らの動機には、インフレ、徐々に悪化する生活の質、高い社会保険料などがある。

    アメリカは世界のほとんどの国よりも生活水準が高いにもかかわらず、生活の質という点では他の欧米諸国よりも低い。 「アメリカ人はもっと働き、休暇も少なく、医療費もかかり、早死にする」。 ウェブサイトによれば、おそらくこれが、生活が特に安くない国に彼らがしばしば惹きつけられる理由なのだろう。

    求人情報会社『インディード』のデータによると、イギリス、ドイツ、カナダ、フランスはアメリカ人求職者の転職先トップ7に入っている。 これらの国々には、社会保障制度、育児支援サービス、仕事と家庭生活の両立を促進する文化がある。


    日本はあまり人気ないのね_(:3 」∠)_

  • 2024年4月23日、"茶巴達 "の名でも知られる四川百茶百道実業有限公司の初取引は10%安となり、人気の高いバブルティーを製造する企業の株式需要が減少していることを示した。

    株式は23日火曜の最初の取引で12.04香港ドルの安値で取引され、IPO価格の17.50香港ドルと比較された。 同社は販売額で中国第3位の生茶飲料メーカーで、今年香港最大の新規株式公開で約25億9000万香港ドル(3億3100万ドル)を調達した。「100種類のお茶」を意味する「茶巴達」は、飲料分野での競争激化に加え、香港での株式公開が低迷している時期に資金調達を目指している。 同社の株価は22日月曜の非公式取引で10%以上下落した。

  • 2024年4月22日、人民解放軍(PLA)は先週19日金曜、情報作戦に特化した新たな戦略部門「情報支援部隊」を発表した。 国防省の呉謙報道官は、情報支援部隊の設立は強力な軍隊を構築するための「重大な決定」であると述べた。

    「情報支援部隊は、質の高い発展を促進し、現代の戦争で戦い勝利するための重要な役割を担い、大きな責任を負っている」と記者会見で語った。中国人民解放軍はまた、サイバー部隊と宇宙部隊の地位を高め、組織的に新設された情報支援部隊と並列させる。

    チャイナデーリーによれば、この発表は、中国が航空宇宙軍とサイバースペース軍の存在を初めて確認したことを意味する。 現地通信は、この2つは戦略支援軍の主要部分であると広く信じられていると付け加えた。PLAの戦略支援部隊は2015年12月、宇宙、サイバー、電子戦能力に重点を置いた最後の大規模な軍再編の下で創設された。 情報支援部隊は今回の再編で解体される。

    情報支援部隊は、中国の最高軍事機関である中央軍事委員会(CMC)の直接指揮下にある。 日経アジアによると、サイバー部隊と航空宇宙部隊も、習近平国家主席が委員長を務める委員会の直轄となるようだ。国営『環球時報』が報じたところによると、畢毅中将は新設された情報支援部隊の司令官である。 日経アジアが報じたところによると、彼の軍歴にはPLA地上軍の副司令官も含まれている。 情報支援部隊の政治委員は李偉将軍である。

    最新の変更により、PLAは現在、地上軍、海軍、空軍、ロケット軍の4つの支隊と、情報、航空宇宙、サイバー、共同後方支援の4つの兵科で構成されている。

    中国の最新の軍事改革は、経済から安全保障に至るまで、さまざまな問題で米国との緊張が高まる中で行われた。 サイバー戦争はますます台頭してきており、ワシントンは最近、英国とともに北京が徹底的なサイバースパイ活動を行っていると非難している。先週、FBIのクリストファーレイ長官は、中国政府とつながりのあるハッカーが米国の重要インフラに潜り込み、「壊滅的な打撃を与えるタイミングを待っている」と述べたとロイター通信が報じた。

    レイ氏によると、ボルトタイフーンとして知られる中国のハッキングキャンペーンは、テレコミュニケーション、エネルギー、水、その他の重要なセクターの多くのアメリカ企業へのアクセスに成功しており、23のパイプライン運営会社が標的になっているという。 中国はワシントンの主張を繰り返し否定し、同時にアメリカ自身がサイバー攻撃を行っていると非難している。先週金曜日の国営紙『グローバルタイムズ』の報道によれば、中国がサイバー攻撃を行っているという「根拠のない中傷」は新しいものではないという。 中国は、ファイブアイズ(オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカで構成される情報同盟)が2023年5月に発表したサイバーセキュリティに関する共同勧告を引用した。

    勧告は、ボルトタイフーンに関連した関心のある活動群を発見したと主張し、それを「中国国家が支援するサイバー行為者」と表現した。

  • 2024年4月22日、中国が人工知能(AI)開発分野で米国企業に比べて2年遅れているという指摘が出た。香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は5日、アリババの蔡崇信(ジョージフチャイ)会長が最近のポッドキャストインタビューでこのように述べたと報じた。

    チャイ会長は主な原因として米国の中国に対するAI規制を指摘した。 彼は「グラフィック処理装置(GPU)のような先端半導体に対する中国企業のアクセスを禁止する米国の輸出規制がアリババを含む中国テック企業に明らかに影響を与えた」と診断した。それと共に「このようなAI技術の格差は短期的だけでなく中期的にも問題になるだろう」と懸念した。

    中国では、米国の制裁が強化されるにつれて、中国のAI及び技術競争力が弱体化しているという懸念が高まっている。 実際、中国の検索会社であるバイドゥの場合、昨年ファーウェイにAI半導体を注文するなど、中国企業が突破口を見つけるために動いている。これに先立ち、米国は先月末、先端AIプロセッサーと半導体製造装備だけでなく、輸出統制品目に含まれる半導体が入ったノートパソコンまで中国が輸入するのを防ぐという規定を発表した。 昨年10月から施行している「対中輸出統制措置」を改定したものだ。 新しく改正された規定は4日から施行された。

  • 2024年4月22日、イスラエルが自国領土を空爆したイランに対して大規模な報復攻撃を計画したが、拡大を懸念した米国など同盟国の圧力でこれを縮小したと米紙ニューヨークタイムズ(NYT)が報じた。

    ニューヨークタイムズは22日、イスラエルの高位当局者3人を引用し、19日未明に行ったイスラエルのイラン本土攻撃が当初の計画より減ったと報じた。匿名を求めたこれらの当局者は、イスラエル指導部は当初、イランの首都テヘラン付近を含め、イラン全域で軍事目標の複数箇所を攻撃する案を議論したと伝えた。バイデン米大統領をはじめ、英国、フランス外相はネタニヤフ首相に拡大戦を避けるよう圧力をかけた。 結局、ネタニヤフ首相はイランの体面を削りすぎず、拡大戦の可能性を下げると同時に、イスラエルの軍事力がいかに精巧にイランの防空システムを破壊できるかを示す対応策を選択。また、イスラエルがイランに発射したミサイルのうち1発はイランの核施設がある中部ナタンズ付近の対空システムに命中したが、もう1発は空中で意図的に自爆させたと当局者は伝えた。 最初のミサイルが目標物打撃に成功したため、被害を過度に拡大させないための決定だということだ。

    このようなイスラエルの攻撃方式は、イランに十分な警告信号でありながら、同時に同様のレベルの反撃に出なければならない余地を残すためのものだと当局者らは説明した。

  • 2024年4月22日、米国ハワイホノルルで、第12回韓米防衛非分担特別協定(SMA)締結のための第1次会議が23~25日に開かれる。

    韓国外交部は今回の会議に「韓国側は李泰宇外交部韓米米防衛非分担交渉代表を首席代表として外交部、国防部、企画財政部、防衛士業務関係官などが、米国側はリンダスペクト国務部選任補佐官、国務省、国防部、駐韓米軍関係官などが参加する予定だ」と22日発表した。

    韓国政府は、駐韓米軍の安定的駐留条件の整備と韓米連合防衛態勢の強化のための私たちの防衛費分担が合理的水準でなされなければならないという立場の下で協議を進めていく予定だと説明した。今回の会議には、両国が交渉代表を任命し、初めてテーブルを置いただけに、上見礼次元での議論が来ると予想される。

    防衛費分担金協定は、韓国と米国が在韓米軍の駐留費用を定める協定で、駐留費用には人件費、軍事建設費、軍需支援費などが含まれる。最近の協定である2021年の第11次協定では、2025年までに在韓米軍駐留費用に関する議論が行われた。第11次協定により定められた2021年防衛費分担金は1兆1833億ウォン(約1056億円)で前年比13.9%上がった金額だった。以後4年間、毎年国防費の引き上げ率を反映して上げることに合意した。

  • 2024年4月22日、イランの最高指導者ハメネイ師は、イスラエルに向けて何百発ものミサイルや無人偵察機を発射したが、そのほとんどすべてが目標に到達出来なかった敵の防衛力を称賛した一方で、「敵の戦術を学ぶ」よう同国の軍隊に指示した。

    ハメネイ師は、攻撃を実行した将校たちに感謝し、彼らが国際社会におけるイランの知名度を高めたと述べた。また、「絶え間なく軍事的革新を追求し、敵の戦術を学ぶ」よう促した。

    19日金曜未明のイスラエルの報復攻撃は、イラン中部のナタンズ核施設を守るためのロシア製S-300防空レーダーシステムを破壊したと報じられた。テヘランは報復の計画はないと述べており、地域全体の戦争を回避するための対応であるかのように見えた。イスラエルはこの攻撃について正式なコメントを発表していないが、これは海外での行動を曖昧にするという戦略に沿ったもので、攻撃する側に報復の圧力を避けるための機動性を与えることを意図している。

本文はここまでです このページの先頭へ