ここから本文です

>>32

一応、アメリカの株サイトを通じたニュースによれば、Huaweiへの受注見直しをあちこちの国が行っているようです。端末についてはHuaweiの代わりはいくらでもありますが、インフラとなると代わりは限られると考えています。米国企業は基本思想を出せても実施の細部に不安があり、日本企業はせいぜい国内、しかも高額だと思っています。
と思っていたら、aftermarketで急上昇。下降も上昇もタイミングが分からないものですね。